>マツダ(MAZDA)

米国に続き欧州でもマツダCX-3が販売終了!マツダは将来的にSUVを「数字2ケタ」モデルに集約するのか?

投稿日:2021/10/28 更新日:

米国に続き欧州でもマツダCX-3が販売終了!マツダは将来的にSUVを「数字2ケタ」モデルに集約するのか?

| マツダの戦略は色々とやることが裏目に出ているようにも思われる |

このままだと日本でもCX-3の販売が終了する日が来そう

さて、欧州にてマツダCX-3の販売が今年末をもって終了する、との報道。

これはすでにマツダの現地法人によって確認された事実だといい、すでに受注が締め切られ、最後の納車が12月になると報じられています。

なお、CX-3の販売が終了される理由は定かではなく、「CO2排出量が問題なのか」と考えたりしたものの、CX-3には(CX-30にはない)1.5リッターエンジンがラインナップされており、マツダのCO2総排出量的にはCX-3を残しておいたほうがいいんじゃないかとも思えます。

マツダはCX-3を米国市場でも「廃止」

そしてマツダは米国においてもCX-3の廃止を決めており、これで「アメリカとヨーロッパ」市場からCX-3を撤退させるということに。

ただしマツダは双方の市場においてCX-30を投入しており、よってCX-3の販売欠損は最小限になるかとは思われるものの、今後CX-3の後継モデルが導入されるのか、それともCX-3はこのまま販売終了となってCX-30にその座を完全に譲ることになるのかどうかも不明です。

しかしながら、CX-3とCX-30の両方をラインアップすることで(他社のシェアを獲得して)得られる利益よりは、この両方を個別に生産して販売してゆくコストのほうが大きいと思われ、ビジネス的に正しい選択をするならば「CX-3をこのまま終売にし、後継モデルを投入しない」ということになりそうですね(ぼくとしては、CX-3を廃止し、かわりにCX-20を現在のCX-3と同等か、もっと安価な価格で発売すればいいんじゃないかと思う)

マツダのSUVは「数字2ケタ」モデルへと移行?

なお、マツダは先日「CX-50/CX-60/CX-70/CX-80/CX-90」を発売すると発表していますが、この際にはCX-5の販売を継続するともコメント。

ただしこれも「CX-3とCX-30との関係」同様に自食作用含むロスがあると考えてよく、よって遠くない未来にはCX-5の販売終了というアナウンスがなされるのかもしれません。

現在マツダにはなにかと大きな変革期が訪れているようにも見え、これまでの「プレミアム」路線からややスタンスを移す、もしくはプレミアム路線を継続しながらも別路線の模索を行おうとしているようにも。

マツダのプレミアム路線はどうにも市場に受け入れられていないという印象もあり、そして社内にもプレミアム路線を疑問視する人々がいるのだと思われ、そういった派閥どうしがぶつかりあっているのではと考えたりしますが、そこがスバルのように「思い切ることが難しい」マツダの体質を表しているのかもしれません。

「マツダは身の程知らずに値上げし、しかも値引きしなくなってユーザーにそっぽを向かれ売れなくなった」は本当か?その真相をマツダ副社長が激白

この記事のもくじ| マツダがプレミアムカーメーカーへと移行しようとしているのは間違いない。問題は成功するかどうかだ |マツダのクルマが「高くなった」本当の理由はこれだマツダ車は売れていないのかマツダは ...

続きを見る

合わせて読みたい、マツダ関連投稿

「スバル・エフェクト」?マツダがCX-5のマイチェンを機に「スバルっぽく」変化しつつあるようだ。アウトドア風の外観にシフト、さらに北米では「SUVを全車標準で4WD化」へ
「スバル・エフェクト」?マツダがCX-5のマイチェンを機に「スバルっぽく」変化しつつあるようだ。アウトドア風の外観に一部シフト、さらに北米では「SUVを全車標準で4WD化」へ

この記事のもくじ| やはりマツダの「プレミアム」はだれも望んでおらず、スバルの「シンプルなアウトドア仕様」は多くの人が望んでいたのか |これがマツダ再生のきっかけになることを望むばかりマツダの方向性は ...

続きを見る

マツダがラグビー新リーグに参戦を表明、チーム名は「スカイアクティブズ」!トヨタは「ヴェルブリッツ」、ホンダは「ヒート」というチームを持っているぞ
マツダがラグビー新リーグに参戦を表明、チーム名は「スカイアクティブズ」!トヨタは「ヴェルブリッツ」、ホンダは「ヒート」というチームを持っているぞ

この記事のもくじ| マツダはど真ん中ストレート、正統派ストロングスタイルで攻めてきた |チームロゴ中央にはロータリーエンジンものすごく効率が良さそうなチーム名だマツダスカイアクティブズ広島のロゴにはこ ...

続きを見る

マツダ社長「今は苦しいが、売り方を180度変えることでプレミアム化を図る」。世界シェア2%の小さい会社が生き残るための戦略とは

この記事のもくじ| なかなかマツダの考え方は消費者に理解してもらえない |正直、マツダは「苦しい」「高くても買ってもらえるブランドに」マツダが「プレミアム」を意識し始めたのは10年前こんな記事も読まれ ...

続きを見る

参照: Auto Catalog

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->マツダ(MAZDA)
-, , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5