ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ポルシェ(Porsche)

ポルシェが「カスタムカラー」を160色追加し、「オーダーメイドカラー」の対応を広く開始したと発表。なおケイマンGT4RSだとそれぞれ166万円と332万円ナリ

投稿日:2021/11/30 更新日:

ポルシェが「カスタムカラー」を160色追加し、「オーダーメイドカラー」の対応を広く開始したと発表。なおケイマンGT4RSだとそれぞれ166万円と332万円ナリ

| かなり高額なオプションではあるが、その見た目の変化度合いを考えると「まだ安い」のかも |

実際のところ、ボクもランボルギーニ・ウラカンEVO RWDのボディカラーに160万円を支払った

さて、ポルシェがボディカラーのオプションを拡大し、新たに160色を追加すると発表。

これはポルシェがカスタムカラーとして展開している「ペイント・トゥ・サンプル(Paint to Sample)」プログラムを拡張するもので、しかしモデルによって選択できるカラーがちょっと異なるもよう。

たとえば911系と718ケイマン・ボクスターでは100色、パナメーラ、マカン、カイエンでは50色以上が選択できるといい、タイカンだと65色を選べるとアナウンスされています。

Porsche-Paint-to-Sample-17

ポルシェは新たに塗料の調合マシンを導入

なお、今回「選択できるオプションを拡大した」背景にはポルシェが新しく導入した塗料調合機(カラーミキシングバンク)があるといい、これによって「(911だと)これまで1日5台しか対応できなかった」カスタムカラーへの対応が「1日20台」にまで増加するようですね。

これまでの4倍の生産能力となったといえどその価格は安くなく、たとえばポルシェの標準的なメタリックカラーとノンメタリックカラー(のカスタムカラー)の価格が650ドルから3,270ドルであるのに対し、ペイント・トゥ・サンプルはそれよりもはるかに高価であり、実際のところ911と718ケイマン・ボクスターのほとんどのモデルでは11,430ドル、718ケイマン・ボクスターGT系、911ターボ、911ターボS、911 GT3モデルでは12,830ドルに設定されています(日本だと、718ケイマンGT4RSで1,664,000円)。

Porsche-Paint-to-Sample-15

もっとも高価な仕様は3200万円オーバー!新型ポルシェ718ケイマンGT4 RSのコンフィギュレーターが公開されたので試してみた
もっとも高価な仕様は3200万円オーバー!新型ポルシェ718ケイマンGT4 RSのコンフィギュレーターが公開されたので試してみた

| ポルシェ718ケイマンGT4 RSのオプションには「クルーズコントロール」「ベビーシート」もある |この記事のもくじ| ポルシェ718ケイマンGT4 RSのオプションには「クルーズコントロール」「 ...

続きを見る

これに満足できなければペイント・トゥ・サンプル・プラスも

そしてさらに驚くのは、これら160色に満足できない人に向け事実上無限のカラーを実現できる「ペイント・トゥ・サンプル・プラス」が用意されていることで、これは完全なるオーダーメイドカラーとなり、顧客が用意したサンプル(塗料でなく、口紅などでもOK)がポルシェ本社へと送られ、その後に品質や耐候性などのテストが行われた後にペイントされるそうですが、このカラーの場合、テストに11ヶ月を要する、とのこと。

ちなみにその価格は一層高額になり、ポルシェの多くのモデルでは22,860ドル、911ターボ、911GT3、718ケイマン・ボクスターのGT系では25,660ドルに設定されています(日本だとペイント・トゥ・サンプルの1,664,000円に加え、さらに1,664,000円が要求される)。

Porsche-Paint-to-Sample-5

カスタムカラーは現代のプレミアムカーには「必須」

今回のカラー選択肢の増加に際し、ポルシェ自身は「個性化はポルシェの中核をなすものであり、ペイント・トゥ・サンプルはその要求を満たすために不可欠です。今回の提供により、多くの歴史的なカラーがよみがえり、カタログは合計160種類以上に拡大しました」とコメント。

参考までに、BMWもつい最近「ボディカラーのオプションを160色追加した」と発表していて、こちらはけっこうな人気だとも報じられていますが、その価格についてはアナウンスがなく不明です(さすがにポルシェほどは高価ではないと思う)。

このほか、様々な自動車メーカーにおいてはどんどんカラーバリエーションを拡大する傾向にあると認識しており、今後このトレンドはしばらく続くことになりそうですね。

Porsche-Paint-to-Sample-1

BMWが1/2シリーズを対象にボディカラー160色を追加設定!マット仕上げ、そしてイエローやバイオレットといった鮮やかなカラーに人気が集まっているようだ
BMWが1/2シリーズを対象にボディカラー160色を追加設定!マット仕上げ、そしてイエローやバイオレットといった鮮やかなカラーに人気が集まっているようだ

| もちろん既報のとおり、フェラーリやランボルギーニといったスーパーカーと同じカラーに塗ることも可能 |この記事のもくじ| もちろん既報のとおり、フェラーリやランボルギーニといったスーパーカーと同じカ ...

続きを見る

なお、BMWではボディカラーだけではなく「ストライプなどの柄」も(ロボットの導入によって)容易にボディ上に描けるようになったといい、技術の進歩によって、これまでにできなかったことも可能になっているようですね。

BMWが「職人いらず、コンピューター入力にて自由にボディ上にグラフィックを描くことができる」インクジェット技術を開発!現在M4でテスト中、2022年には実用化
【動画】BMWが「職人いらず、コンピューター入力にて自由にボディ上にグラフィックを描くことができる」インクジェット技術を開発!現在M4でテスト中、2022年には実用化

| そのコストはともかく、この技術は画期的だと言っていい |この記事のもくじ| そのコストはともかく、この技術は画期的だと言っていい |今後、様々なデザインが可能となることを期待したいBMWは昔から塗 ...

続きを見る

合わせて読みたい、関連投稿

血迷ったかポルシェ!オーナーの指紋をフロントフードに印刷するオプションを発表。「価格は90万、フードを外す必要があり、元には戻せない」

| 断言する。このオプションを選ぶ人はそんなにいないぞ |この記事のもくじ| 断言する。このオプションを選ぶ人はそんなにいないぞ |そのプリント方法すらポルシェが開発こんな記事も読まれています とにか ...

続きを見る

BMW M3/M4はポルシェ、フェラーリ、ランボルギーニ純正カラーにもペイントできる
BMW M3/M4はポルシェ、フェラーリ、ランボルギーニ純正カラーにもペイントできる!BMWが自社にてカスタムペイントを施したM3/M4を公開

| 正直、他社のボディカラーを採用するのは賛否両論あると思う |この記事のもくじ| 正直、他社のボディカラーを採用するのは賛否両論あると思う |BMW「インディビデュアル」ではこんなことができる今回公 ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ポルシェ(Porsche)
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5