ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■車/バイクの試乗記、展示会やイベントなど ■近況について

【試乗:GR86】300万円台で買えるポルシェとのウワサは本当だった!正直これほどまでに驚かされた国産スポーツカーはほかにない

投稿日:2021/12/03 更新日:

【試乗:GR86】300万円台で買えるポルシェとのウワサは本当だった!正直これほどまでに驚かされた国産スポーツカーはほかにない

| 走り出して数十メートルでもその素晴らしさを体感できる |

これだけのクルマを作れるなら、トヨタはスープラも自社で開発すべきだった 

さて、GR86に試乗してきたのでその印象をお届けしたいと思います。

試乗車のグレードは「RZ」、ボディカラーはスパークレッド、インテリアカラーはブラック×レッド、トランスミッションはもちろん6速マニュアル。

内外装についてはすでに公開済みなので、ここでは軽く流すにとどめたいと思いますが、第一印象として「ずいぶんカッコよくなったな」というもの。

全高は先代に比較して1センチ低くなっているはずですが、見た感じではボディの厚みが増してマッシブになったようにも感じます。

ただ、「ぼってりした」という印象は全く受けず、むしろ力強さを感じさせるとも考えていて、そのうえ「美しく優雅になった」とも。

L1370353

GR86を見てきた!スバルBRZとはどう違うのか?GR86のほうが「スポーツカー」的要素が濃いようにボクは思う
GR86を見てきた!スバルBRZとはどう違うのか?GR86のほうが「スポーツカー」的要素が濃いようにボクは思う

| GR86とスバルBRZとはけっこう差があった |この記事のもくじ| GR86とスバルBRZとはけっこう差があった |GR86のほうがより「スポーツカー」という演出がなされているGR86の外観を見て ...

続きを見る

新型GR86は幅広い年齢層を受け入れる外観になった

そして重要なのは、美しさと優雅さを身に着けたために「オッサンでも乗りやすくなった」んじゃないかということ。

これまでのトヨタ86はややシャープに過ぎ、ある意味ではオーバーデザインな部分もあったため、オッサンが乗っていると「いい年して・・・」と後ろ指を刺される可能性が高かったと考えているのですが(これはシビック・タイプRにおいても数少ないネガとして数えられる)、このGR86についてはオッサンが乗っていても「若作りしている」と捉えられることもなく、むしろ「いい趣味してる」と受け取られるかもしれません。

L1370350

これはあくまでも主観ではあるものの、日本の自動車メーカーがスポーツカーを作るとどうしても「やりすぎ」なデザインが与えられることが多く、よって年配の人が購入をためらってしまう場合が多かったのだと思われます。

反面、欧州のスポーツカーだと年配の人のほうが似合うケースも多く、ぼくは常々この差はなんだろうな、とも考えていたわけですね。

そしてどうやらトヨタは「その差」に対する解を見つけたと考えてよく、このGR86はスポーツカーだとすぐにわかるスタイルを持ち、しかしシックで優雅、力強くタイムレスなデザインを持つに至っていると考えています。

L1370354

トヨタはここまでのクルマを作ることができるようになったのか

そこでさっそく試乗してみての印象ですが、ディーラーを出て数十メートルくらいで「このクルマはほかとは出来が違う」と直感的に悟るほどの完成度。

ぼくはスバルBRZにも試乗していて、その際は「フツウのクルマ」という印象を受け、しかしGR86はスバルBRZとはまったく異なるフィーリングを持っており、その印象は「完全にスポーツカー」。

正直言うとGRスープラよりも(GR86は)スポーツカーっぽいんじゃないかとも考えていて、これにはちょっと驚かされます。

ちなみにBRZとの差異はナックルの材質、スプリングレート、スタビライザーの形式や取り付け方法といった主に「足まわり」、そしてECUだとされていますが、これらは豊田章男社長がGR86のプロトタイプを運転した際に「もっとGRらしく、そしてスバルBRZとの差別化を明確にするよう」指示した結果だといい、そのため、GR86はBRZに比較して発売が3ヶ月ほど遅れています。

L1370342

そこでGR86がどう優れているのかを考えてみたいと思いますが、やはり「やり直しを命じられた」足回りは珠玉の出来。

たとえばメルセデス・ベンツやBMWのスポーツカーは「初期のアタリが強く、そこからも硬いままの」足回りをもっていて、よって突き上げが強く車体がシェイクされるという印象があり、ポルシェのスポーツカーは「初期のアタリが柔かく、そこから強いダンピングを効かせて粘る(ピッチやロールが抑え込まれている)」といった印象を持っていると認識しています。※ぼくはメルセデス・ベンツやBMWの足回りが好みではなく、ポルシェの足回りを気に入っている

L1370395

JUN
このフェンダーの盛り上がりがなかなかイイ!

そしてGR86はといえば「その中間で、ちょっとポルシェ寄り」といった感じで、足回りそのものは締め上げられてけっこう硬いにもかかわらず、鋭い衝撃を一切伝えないので不快感はなく、そして車体がゆすられる感覚もないので足回りがしっかり動いているもよう(周囲からGR86が走っている姿を見ると、路面に吸い付いているように見えるかもしれない)。

さらに加速や減速、車線変更時の姿勢変化が極めて小さく、意のままに操ることができると言う感じですね。

正直、国産車でこういった足回りを持つクルマを他に知らず、トヨタは「GRスープラをBMWと共同開発せず、自社で開発したほうがずっといいクルマを作れたんじゃないか」と思うほど。

今回は残念ながらワインディングロードを走る機会はなく、しかし街なかで普通に走ったり、バイパスでの車線変更を行うだけでも「楽しいなこれは・・・」と感じたので、山道を走るとそれはそれは刺激的なのかもしれません。

L1370355

トヨタにしかできないスポーツカーがGR86

そして特筆すべきは「ブレーキ」。

GR86に採用されるのは対抗ピストンではなく、しかしこれが意外に効くようです(ローターの素材が柔らかいのかもしれない。もしくはパッドがけっこう削れるようで、ダストはかなり多い)。

そして踏み始めから完全停止まで安定した効きを見せ、停止直前にもショックがなく「すっと」と止まるので非常に快適(スポーツカーのブレーキは、だいたい停止直前にカクっとくる)。

L1370364

さらにヒルホールドからの解除時にもショックがないので、助手席に座る人は「このドライバー、運転が上手だな」と感じるかもしれません。

なお、このあたりはコンパクトカーやミニバン、高級車の開発を通じ「快適性」を追求した結果として得られたノウハウをGR86にも生かしているのだと考えられ、これはスポーツカー専業メーカーには真似できない部分だと思います。

これまでのトヨタは(レクサス含め)欧州車コンプレックスが強く感じられることがあったものの、ここ数年では独自路線を歩むことで「トヨタ(レクサス)にしかできないクルマづくり」を行うようになっていて、もう「なんとか風」ではなく、「トヨタ風」とも言える独自の乗り味を実現できるようになったんじゃないかともぼくは考えているわけですね。※乗り味だけではなく、内外装のデザインについても同じことが言える

L1370358

「走る、曲がる、止まる」のバランスがいい

そしてエンジンはこれまでの2リッターから2.4リッターへと排気量がアップしていますが、これが思いのほか大きな変化をもたらしていて、発進時にも神経を使わずにポンとクラッチを繋ぐとそのまま走り出すほどのトルクを持っていて、非常に乗りやすくなっています。

パワーが「過剰ではない」ところに好感が持て、というのも法定速度内でもある程度の高回転を用いて走ることができるから。

これがもっとハイパワーなエンジンだと確実に持て余すことになり、おいしいところを引き出すことがなかなかできないかもしれません。

そして、トヨタ、スバル両方の開発担当者が言うように、エンジンのパワーアップを追求すればそれは車体重量(ともちろんコスト)にも跳ね返ることになり、となるとせっかくのバランスが崩れてしまうということにもなりかねず、よって現状が「ベストに近いベター」だとも考えています。※欲を言うと、もっとレスポンスが鋭ければさらにいい

L1370363

そのほか、気づいたのはクラッチやステアリングホイールの操作感が軽く車体が軽快に感じること、一方でシフトレバーは比較的重く節度感のあるフィーリングを持つこと。

ちなみにステアリングホイールは小径、そしてグリップは細く、スムースレザーの感触もなかなか。

なお、径が細いのは「レーシンググローブ」の装着を想定しているからなのかもしれません(頭上にもヘルメットを許容できるだけのスペースがあり、エアコンなどのスイッチ類も大きく、これもグローブ装着を考慮しているのかも)。

GR86の乗り出し価格は307万円

そしてあまりに感触が良かったので試乗後には見積もり(内容はおまかせ)を取得。

その内容は下記のとおりですが、スバルBRZの見積もりを取得した際には「この価格なら中古のポルシェ・ボクスターを買ったほうがいいな・・・」と考えたものの、GR86では「この価格を出してでも新車のGR86を買ったほうがいい」と判断しており、そこが「GR86とスバルBRZとの差」なのでしょうね。

スバルBRZ
新型スバルBRZの見積もり取得!乗り出し402万円、そこへチューニングパーツを組み込むと+100万円。だとすれば中古のポルシェ・ボクスター(987のMT)を狙ったほうがいいか・・・

| つくづくクルマの購入は難しい |この記事のもくじ| つくづくクルマの購入は難しい |それだけ選択肢が市場にあふれているのは嬉しいことではあるが新型スバルBRZはこういった仕様で見積もりも取得スバル ...

続きを見る

GR86(RZ)見積もり

  • 車両本体価格 3,349,000円
  • 自動車税 39,800円
  • 環境性能割 36,900円
  • 自賠責保険料 27,770円
  • OSS申請代行手数料 27,060円
  • 納車費用 9,680円
  • 下取車査定料 6,050円
  • 資金管理料金 290円
  • 預かり法定費用 6,040円
  • 預かりリサイクル預託金 8,500円
  • 車検費用/つくし 39,600円
  • オプション(クリスタルホワイトパール) 33,000円
  • オプション(スペアタイヤ) 11,000円
  • オプション(フロアマット) 26,400円
    合計 3,703,290円
スバルBRZ
【試乗:新型スバルBRZ】第一印象は「マイルド」「安定」。しかし2速と3速の加速が気持ちよく、サウンドジェネレーターもいい仕事をするようだ

| スバルの言う通り、新型BRZがGT的性格を持つのは間違いないようだ |この記事のもくじ| スバルの言う通り、新型BRZがGT的性格を持つのは間違いないようだ |もしかするとMTよりもATのほうが相 ...

続きを見る

そのほかの画像はFacebookアルバム「GR86」に保存中。

GR86を試乗してきた際の動画はこちら

合わせて読みたい、関連投稿

新型GR86の「フル」テスト登場!ハンドリング、加速、公道走行、日常性、サーキットでの走行をメディアが評価。加速性能は公称値以上、テスターは「ポルシェ944の現代版。300万円で買えるポルシェといっていい」
【動画】新型GR86の「フル」テスト登場!ハンドリング、加速、公道走行、日常性、サーキットでの走行をメディアが評価。加速性能は公称値以上、テスターは「ポルシェ944の現代版。300万円で買えるポルシェといっていい」

| ボクもGR86とポルシェとの比較は「正しい」と思う |この記事のもくじ| ボクもGR86とポルシェとの比較は「正しい」と思う |ただしターボがないのは玉にキズGR86の加速は公称値よりも優れる?新 ...

続きを見る

トヨタのチーフエンジニアがGR86とスバルBRZとの違いについて語る。「トヨタはエンジンレスポンスを重視し、スバルは快適性を重視した」
トヨタのチーフエンジニアがGR86とスバルBRZとの違いについて語る。「トヨタはエンジンレスポンスを重視し、スバルは快適性を重視した」

| そのほかにも、細かな相違が多々あるようだ |この記事のもくじ| そのほかにも、細かな相違が多々あるようだ |つまるところ、GR86のほうがスポーツカー的、スバルBRZのほうがグランドツアラー的?当 ...

続きを見る

トヨタが新型GR86を発表!重心やロールセンターを徹底的に最適化し、真剣にスポーツカーを追求した正常進化
トヨタが新型GR86を発表!重心やロールセンターを徹底的に最適化し、真剣にスポーツカーを追求した正常進化

| そのうえ新型GR86のデザインは日本車離れしたカッコ良さ |この記事のもくじ| そのうえ新型GR86のデザインは日本車離れしたカッコ良さ |新型GR86はこんなクルマGR86のデザインは「丸み」を ...

続きを見る

GR86に試乗したのはGRガレージ新大阪

なお、GR86を試乗させてもらったのはGRガレージ新大阪さん。

いつもお世話になり、ありがとうございます。

GRガレージ新大阪

  • 住所:大阪市淀川区東三国3丁目10-21
  • 電話:06−6350−6222
  • 定休日:毎週月曜日及び火曜日
  • ウエブサイト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), ■車/バイクの試乗記、展示会やイベントなど, ■近況について
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5