ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

メルセデス・ベンツが中国にて掲出した広告に批判殺到!中国人蔑視とみなされ即刻撤去。むしろこういった「批判組」のほうが中国の評判を落としているようにも

投稿日:

メルセデス・ベンツが中国にて掲出した広告に批判殺到!中国人蔑視とみなされ即刻撤去。むしろこういった「批判組」のほうが中国の評判を落としているようにも

| 正直、ボクには中国人蔑視とは思えない |

ナショナリズムという旗を掲げ、巨大企業を攻撃したいだけなのかも

さて、中国にてメルセデス・ベンツが展開した広告が現地にて「中国人蔑視」だとして批判され、広告掲出を取りやめるという問題に発展しています。

これは今週、中国のソーシャルメディアアプリ「Weibo」に掲載された広告で、メイクによって「細くつり上がった目(いわゆるスラントアイ)」を誇張したモデルを起用し、(一部のWeiboユーザーが主張する)西洋人が中国人を表現する際に用いる不快な手法に近いとされたもの。

2021-12-31 8.06.34

ちょっと過剰反応のような気も

中国国営メディアの環球時報によると、この広告は12月25日に掲載されていますが、メルセデス・ベンツは、ここ最近相次ぐ、「メイクによって特徴を誇張したモデルを広告に起用したことで非難された」企業に新しく名を連ねたということになります。

なお、同月には、食品(カップラーメン)のオンライン販売を手がける三只松鼠の広告が公開されてやはり微博で騒動が起き、こちらも広告の取り下げと企業側が謝罪を行うという絵結果となっていますが、この広告についてはモデルそのものを批判するにまで至っており、ちょっと趣旨が変わってきているんじゃないかと思うことも。

これら広告批判の多くは「欧米企業が中国人モデルを起用する(欧米人の考える中国人像が気に入らない)」ことで生じるのだと認識していますが、この食品会社の案件は「中国企業が中国人モデルを起用したとしてもターゲットになる」ということを示してしていて、今後は中国企業といえどこの問題と無縁ではないということになりそう。

参考までにですが、中国内の広告にて白人を起用すると「中国人ユーザーを無視している」「白人至上主義」といった批判が起きるので、中国におけるプロモーションは非常に神経質な側面を持っているようですね。

もちろん、これら広告は現地の広告代理店が手掛けているはずで、これまでにも相当数の批判がなされた案件を認識している現地の会社ですら、「問題を予見できななかった」ということになりそうです。

2021-12-31 8.06.46

ナショナリズムという大義は非常に便利

そしてまだ記憶に新しいのはディオールが上海にて開いた「レディディオール」展示会にて掲出した写真。

こちらも中国の民族衣装のひとつを着用した東洋人モデルを起用し、大きな批判となっています。

ただ、こちらの写真もある程度の「リスペクト」が感じられ、D&Gのときのように「明らかに中国文化を茶化している、もしくは貶めている」ようにもは思えず(ちょっと怖いけど)、ちょっと過剰反応のような気がしないでもありません。

2021-12-31 8.06.51

なお、こういった動きを見るに、中国国民は「大きなもの(巨大企業)を自分たちの力で謝罪に追い込む」という行動を好むようにも思われ、今年前半に大きく報道された「テスラを批判する中国人女性」がひとつの例であり、彼女はジャンヌ・ダルクに例えられ、「米国の巨大企業にたったひとりで立ち向かう英雄」という扱いがなされたわけですが、

まさかの急展開!上海MSでテスラの上に乗り「米大企業と一人で戦った女性」が実はテスラのライバル会社、NIO関係者だった説
まさかの急展開!上海MSでテスラの上に乗り「米大企業と一人で戦った女性」が実はテスラのライバル会社、NIO関係者だった説。証拠が次々出てきて形勢逆転?

| しかも、かつてテスラに講義をしたほかの人々もNIOのブースで働いているようだ |この記事のもくじ| しかも、かつてテスラに講義をしたほかの人々もNIOのブースで働いているようだ |ただし事態は思わ ...

続きを見る

これらの例を見るに、実際のところはどうなのかわからないものの、ナショナリズムという大義をかかげ「どこかを叩きたい」「騒ぎたい」だけなんじゃないかと思うこともあり、中国のネットユーザーの中には、こういった傾向を疑問視し、もっと冷静になるべきだという人々もいるようです(むしろ、こういった”何でも批判”する人々のほうが、中国の評判を貶めているようにも思う)。※批判をたしなめる人々の声も意外と大きく、ここは「右へ倣え」の日本よりは、ある意味でマシなのかもしれない

合わせて読みたい、広告関連投稿

トヨタが一発で放送禁止になりそうなGRスープラの動画を公開
【動画】トヨタが一発で放送禁止になりそうなGRスープラの動画を公開!現代の行き過ぎた広告規制に反発し、自動車オタクとしての矜持を見せる

| 動画中ではGRスープラが縦横無尽にドリフト走行 |この記事のもくじ| 動画中ではGRスープラが縦横無尽にドリフト走行 |トヨタはCM作成については相当に苦労しているようだこの動画は放送禁止へのトヨ ...

続きを見る

アウディがファミリーカーの宣伝に幼女を登場させる→手に持っていたモノが問題となり炎上。世の中には常に攻撃対象を探している人がいるようだ

| そこまで過剰に反応する必要はないと思うが |この記事のもくじ| そこまで過剰に反応する必要はないと思うが |批判の内容は多岐にわたる今後、広告は「人々の心に響かない」ものばかりに?こんな記事も読ま ...

続きを見る

【動画】VWゴルフのTVCMが「典型的な性差別」として放送禁止に。これがダメならもう何をやってもダメなんじゃ・・・

| 最近の表現に対する取締はキツすぎる | 先日、イギリスで放映されたフォルクスワーゲン・ゴルフのTVコマーシャルが「放映禁止になった」と報じられましたが、これは年々厳しくなる規制の「みせしめ」だとし ...

続きを見る

参照:The News, Kyodo

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)
-, , , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5