ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>アストンマーティン

アストンマーティンが英ブリティッシュボルトと協業し「高性能車専用バッテリー」を開発すると発表!どのあたりからがアストンマーティンにとっての「高性能」なんだろうな・・・

投稿日:2022/03/12 更新日:

アストンマーティンが英ブリティッシュボルトと協業し「高性能車専用バッテリー」を開発すると発表!どのあたりからがアストンマーティンにとっての「高性能」なんだろうな・・・

| ブリティッシュボルトはロータスとも提携済み。多くの自動車メーカーが中国の電池メーカーと協業を進める中、英国勢は異なる道を歩む |

今後の電動化時代において、パートナーを間違えると大変なことになりそうだ

さて、アストンマーティンが「高性能EV向け」としてイギリスのバッテリーカンパニー、ブリティッシュボルトとの協業を発表。

アストンマーティンは2025年に”初の”量産型電気自動車を発売するとしており(どうやらラピードEはなかったことになるようだ・・・)、「サーキット上でのパフォーマンス、そして充電時間、満充電あたり航続可能距離」について新しいスタンダードを設けるといい、これを満たすためのバッテリー開発を行うことを目的としているようですね。

現在、アストンマーティンとブリティッシュボルトは「高性能車専用」に設計されたバッテリー技術の共同研究開発に関する覚書に調印したといい、「特注モジュールやバッテリーマネジメントシステムを含むバッテリーパックの設計、開発、工業化を行う」とされています。

現在、バッテリーの仕様は不透明

なお、現時点でこのバッテリーについて詳細は公表されておらず、わかっているのは「円筒形高性能セル」ということだけ。

もちろんアストンマーティンのEVに使用されることが前提ですが、「高性能車専用」という但し書きがあり、基本的にすべてのクルマが高性能であるアストンマーティンの「どのレベル」のクルマにこのバッテリーが使用されるのかがちょっと謎。

おそらくは「重量を気にしなくてはならない」サーキット走行をメインに捉えたスーパースポーツに使用されるのだと思われますが、ポルシェも「限定モデルや、少量生産車に使用するための」バッテリーを開発しており、これらは「軽量ではあるが、かなりコストが高い」のだと思われます。※つまり、コストを制限しなければ、軽量で強力なバッテリーの製造が可能なのかも

ポルシェ・タイカンのインテリア
ポルシェが「ハイパフォーマンスカー、限定モデル」のみに搭載するという新型バッテリー開発計画を公開!バッテリー製造と充電インフラ構築を急ぎ、EVにおけるアドバンテージ獲得を目指すようだ

| リマックへと出資した成果がついに形として現れる? |この記事のもくじ| リマックへと出資した成果がついに形として現れる? |そのほかにはこんなメリットもポルシェは「電動化環境」の構築を急ぐ現在、タ ...

続きを見る

アストンマーティンの電動化は2024年から

なお、ラピードEを除くと、アストンマーティンの電動化は2024年から始まるといい、まずはプラグインハイブリッドのヴァルハラ、さらに2025年にはピュアEV(車種不明)、そして2030年には全モデルが完全電動化されるといい、これは大株主であるメルセデスAMG、そしてその親会社であるメルセデス・ベンツと足並みを揃え、協業しながら進めてゆくものと思われます。

実際のところ、今回のブリティッシュボルトとのパートナーシップについては、「エレクトリック分野における、メルセデス・ベンツとの協業」を補完するものだといい、アストンマーティンCEO、トビアス・メアース氏によると「株主であるメルセデス・ベンツAGとの緊密な戦略的関係を補完するこのパートナーシップは、アストンマーティンに、電動化の選択肢を広げるための技術やスキルへのさらなるアクセスを提供します。これらの投資は、既存の資本支出コミットメントによって賄われることになります」と説明しています。

こういった状況を鑑みるに、DBXはじめとする「通常モデル」に関してはメルセデス・ベンツの開発した技術を使用し、ヴァルハラのようなハイパーカーについては「今回、ブリティッシュボルトとの協業によって開発を行う」高性能バッテリーを使用することになるのかもしれません。

Aston-Martin-Valhalla (2)

ブリティッシュボルトはロータスとも提携

なお、ブリティシュボルトはつい先日ロータスとの提携も発表しており、同社の創業者でありCEOであるオラル・ナジャーリ氏は「今回のコラボレーションは、顧客と手を携えて、オーダーメイドで持続可能な地域密着型のバッテリーセルを共同開発・製造し、自動車メーカーが優れた製品を提供できるようにすることの価値を改めて明らかにしました。ブリティッシュボルトの低炭素で持続可能なバッテリーセルを搭載したオール電化のアストンマーティンが実現することが楽しみでなりません」とコメント。

ブリティッシュボルトは最近、英国ノーサンバーランドに51億ドルのバッテリーギガファクトリーを建設するために17億ポンド(22億4000万ドル)以上の資金を確保しており、大きな飛躍が期待できそうですね(このあたりは英国にて「電気の街」と呼ばれているらしい)。

ロータス・エスプリがEVで復活?ロータスが英バッテリー企業との提携を発表し新型スポーツカーのティーザー画像を公開
ロータス・エスプリがEVで復活?ロータスが英バッテリー企業との提携を発表し新型スポーツカーのティーザー画像を公開

| エスプリの噂は過去になんども出ているがいまだ実現はしていない |この記事のもくじ| エスプリの噂は過去になんども出ているがいまだ実現はしていない |エスプリほど復活が待ち望まれるロータスのスポーツ ...

続きを見る

合わせて読みたい、アストンマーティン関連投稿

アストンマーティン
アストンマーティンDB11、DBSが大幅アップデートにて生まれ変わるようだ!「内外装は完全にオーバーホール」「現行モデルとの類似性はない」

| 現在の新体制になってはじめて企画されるアストンマーティンだけに非常に高い期待がかかる |この記事のもくじ| 現在の新体制になってはじめて企画されるアストンマーティンだけに非常に高い期待がかかる | ...

続きを見る

アストンマーティン
アストンマーティン「V12は2025年まで。ユーロ7が導入されれば生き残る道はない」。ロールス、ベンツ、BMW、フェラーリ、ランボルギーニなどV12エンジンを持つ他のメーカーはどう動く?

| V12エンジンに対する対応は各社様々、アストンマーティンはそれらの「中間」だといえそうだ |この記事のもくじ| V12エンジンに対する対応は各社様々、アストンマーティンはそれらの「中間」だといえそ ...

続きを見る

アストンマーティン
アストンマーティンCEO「ヴァルハラ計画は死んでいない。2024年にフラットプレーンクランクV8を積んで登場。新型ヴァンキッシュは同じエンジンで2025年発表」

| アストンマーティン・ヴァルハラ、ヴァンキッシュは当初の計画よりも2年遅れ、そしてパワートレインを変更して登場 |この記事のもくじ| アストンマーティン・ヴァルハラ、ヴァンキッシュは当初の計画よりも ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->アストンマーティン
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5