ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>アストンマーティン ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

アストンマーティンが「最後のV12搭載モデル」、V12ヴァンテージの最終ティーザー動画を公開!発表は3月16日

投稿日:

アストンマーティンが「最後のV12搭載モデル」、V12ヴァンテージの最終ティーザー動画を公開!発表は3月16日

| ついにアストンマーティンもV12エンジンを終了させるときがくる |

あのライオンの雄叫びのようなサウンドを聞くことができなくなると思うとちょっと寂しい

さて、ちょっと前までは連続してティーザー画像や動画が公開されていたものの、ここ最近は話題のなかったアストンマーティンV12ヴァンテージ。

これは今までにV8エンジンしかラインアップされていなかったヴァンテージにV12エンジンを搭載したもので、「アストンマーティンのV12エンジン搭載最終モデル」という位置づけです。

そして今回、そのV12ヴァンテージ維新ティーザー動画が公開され、あわせて3月16日に発表されることもアナウンスされています。

アストンマーティンが最新限定モデル「V12ヴァンテージ」のフロントビューを公開!思ったよりもシックでタイムレスな姿で登場しそう
アストンマーティンが最新限定モデル「V12ヴァンテージ」のフロントビューを公開!思ったよりもシックでタイムレスな姿で登場しそう

| 最近のハイパフォーマンスな限定モデルでは「タイムレス」がひとつの流行 |この記事のもくじ| 最近のハイパフォーマンスな限定モデルでは「タイムレス」がひとつの流行 |近年の風潮、そして将来的な価値に ...

続きを見る

まだまだアストンマーティンV12ヴァンテージがどんなクルマになるのかはわからないが

現段階では、このアストンマーティンV12ヴァンテージについて断片的な情報しかなく、しかしクラシックなグリルを持つこと、大きなフロントスプリッターを持つこと等が判明しています。

そのほかスパイフォトからはボンネット上の大きなエアアウトレットが確認でき、ウワサレベルだとワイドボディが与えられる、リアウイングが装着されるといった話も。

もちろん、V12エンジンのパワーに見合ったサスペンション、ブレーキシステムが与えられることも間違いないと思われます。

ただ、当然のことながら最大の特徴はその「V12」エンジンであり、すでに公開されたとおり、どうも王なサウンドを発するエキゾーストシステムとともにその存在を強調することになりそうですね。

アストンマーティンのV12エンジンがなくなってしまうのは非常に寂しい

アストンマーティンは(フェラーリやランボルギーニとともに)V12エンジンを作り続ける数少ないスポーツカーメーカーで、しかしこれまでは「ターボ化」するなどなんとかV12を(環境規制に対応させ)生きながらえさせようと頑張ってきたわけですが、ここへきてついにその系譜が途絶えてしまうということになります。

これはやはり、現在アストンマーティンの株式の一部を有し、戦略の多くに影響するメルセデスAMGの意向によるとことが大きいのだと考えられ、そのため今後は(メルセデスAMGから供給を受ける)4リッターV8ツインターボを核とした展開を行うことになると考えてよく、その他にもいろいろな変化が出てくるのかもしれません。

アストンマーティン
アストンマーティン「V12は2025年まで。ユーロ7が導入されれば生き残る道はない」。ロールス、ベンツ、BMW、フェラーリ、ランボルギーニなどV12エンジンを持つ他のメーカーはどう動く?

| V12エンジンに対する対応は各社様々、アストンマーティンはそれらの「中間」だといえそうだ |この記事のもくじ| V12エンジンに対する対応は各社様々、アストンマーティンはそれらの「中間」だといえそ ...

続きを見る

なお、アストンマーティンというと英国のブランドだけあって「紳士的」なイメージもありますが、実際にそのクルマを運転してみた感じでは「けっこうアグレッシブ」で、とくにV12エンジンのサウンドについては「耳元でライオンが唸り声をあげ、吠えるような」勇ましいもの。

これはほかのスポーツカーメーカーのV12サウンドに比較しても「暴力的」だと言って良く、このサウンドがもう聞けないのか・・・と考えるとちょっと寂しくなってしまいます。

新型アストンマーティンV12ヴァンテージに積まれるエンジンは、上述のV12ツインターボ(5.2リッター)だと思われますが、DB11に積まれるものだと最高出力630ps(447kW/639PS)と最大トルク516lb-ft(700Nm)、DBSスーパーレジェーラだと最高出力715ps(533kW/725PS)と最大トルク663lb-ft(900Nm)を発生させ、しかしV12ヴァンテージでは「その中間くらい」に収められ、0-62mph(0-100km/h)加速は3.5秒、最高速度は時速325キロあたりではないか、と見られています。

34

合わせて読みたい、アストンマーティンV12ヴァンテージ関連投稿

アストンマーティンのV12エンジン
アストンマーティンのV12最終限定モデル「V12ヴァンテージ」に新情報!「限定台数299台、価格は4600万円、650馬力、カーボンボディ、来週にも限定公開」

| これでアストンマーティンのV12モデルが「最後」になると思うとちょっと寂しい |この記事のもくじ| これでアストンマーティンのV12モデルが「最後」になると思うとちょっと寂しい |意外と価格は抑え ...

続きを見る

【動画】アストンマーティンが新型「V12ヴァンテージ」の最新ティーザー動画を公開!ディラン・トマスの詩とともに凶暴な雄叫びをあげる
【動画】アストンマーティンが新型「V12ヴァンテージ」の最新ティーザー動画を公開!ディラン・トマスの詩とともに凶暴な雄叫びをあげる

| アストンマーティンはおとなしく夜(ガソリンエンジンの終焉)を迎えるつもりはないようだ |この記事のもくじ| アストンマーティンはおとなしく夜(ガソリンエンジンの終焉)を迎えるつもりはないようだ | ...

続きを見る

アストンマーティンが最新限定モデル「V12ヴァンテージ」のフロントビューを公開!思ったよりもシックでタイムレスな姿で登場しそう
アストンマーティンが最新限定モデル「V12ヴァンテージ」のフロントビューを公開!思ったよりもシックでタイムレスな姿で登場しそう

| 最近のハイパフォーマンスな限定モデルでは「タイムレス」がひとつの流行 |この記事のもくじ| 最近のハイパフォーマンスな限定モデルでは「タイムレス」がひとつの流行 |近年の風潮、そして将来的な価値に ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->アストンマーティン, ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5