ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMWのデザイナー「今後のMパフォーマンスモデルにもMモデル同様の4本出しテールパイプを採用するが、それは丸ではなく台形などスタイリッシュなものになる」

投稿日:2022/04/26 更新日:

BMWのデザイナー「今後のMパフォーマンスモデルにもMモデル同様の4本出しテールパイプを採用するが、それは丸ではなく台形などスタイリッシュなものになる」

| 欧州特にドイツの一部自動車メーカーの間では「ハイパフォーマンスモデルのテールパイプは丸」という認識があるようだ |

調べてみてもその由来はわからない

さて、BMWのチーフデザイナー、ドマゴジ・デュケック氏が「将来のBMWのMパフォーマンス・ラインナップにはすべてクワッド(4本出し)エキゾーストパイプが採用されるだろう」とコメント。

現在BMWにはM3やM4などの「M+1桁数字」のMモデル、「M135i」のようなM+数字2桁もしくは3桁のMパフォーマンスモデルがあり、これまで多くのMモデルに採用されていた「4本出し」テールパイプがMパフォーマンスモデルにも拡大されてゆく、ということになりますね。

「丸本出し」は欧州ではハイパフォーマンスカーの象徴?

ただ、ドマゴジ・デュケック氏によると、同じ4本であっても、Mパフォーマンスモデルに採用されるそれは「Mモデルのような丸ではなく、台形や四角など、Mモデルとの差別化を図ることになる」。

あわせて「Mパフォーマンスモデルは、ハイパフォーマンスモデルではないので、丸いパイプではなく、よりスタイリッシュなものになり、Mモデルについては、また異なるものを用意する予定である」とも。

bmw-6er-gran-turismo-2020 (10)

つまり「丸」テールパイプはハイパフォーマンスモデルの特徴ということになり、これはポルシェも同様であり、「ハイパフォーマンスモデルになれば」丸テールパイプを採用することが多いようです(ベースグレードは楕円だったり四角だったり台形だったりする)。

欧州特にドイツの一部メーカーでは「丸テールパイプ=ハイパフォーマンスモデル」という常識が存在するということになりそうで、しかしその由来や理由についてはちょっとナゾ。

bmw-6er-gran-turismo-2020 (3)

実際のところ、ここ最近目撃されているプロトタイプでは、新型X1のMパフォーマンスモデルと思われる個体、フェイスリフト版のM135i xDriveにもクワッドタールパイプが装着されている様子を見ることができ、ドマゴジ・デュケック氏の言うように、将来的なMパフォーマンスモデルには、なんらかの「4本出し」パイプが取り入れられてゆくのは間違いなさそう。

BMWはほかブランドとはやや異なる方針も

なお、BMWは(アウディなど一部のメーカーのように)フェイクテールパイプを装着する意思はなく、「すべてのテールパイプは実際に機能するものであり続ける」とコメントしていて、これについては喝采を贈りたく、さすがはBMWといったところですね。

そして「MモデルとMパフォーマンスモデル」とのバランスについてですが、BMWはこれについて上述の通り差別化を図っているということになり、そしてこれはメルセデス・ベンツの「メルセデスAMG化するメルセデス・ベンツAMGライン」とはやや異なる傾向を持っています。

「Mモデルのエッセンスを取り入れたMパフォーマンスモデル」そのものはメルセデス・ベンツAMGラインを意識したものだとは思うものの、細かい戦略の部分で差異がある、ということになりそうです(レクサスもFモデルとFスポーツとでは差別化を行っている)。

L1150097

合わせて読みたい、BMW関連投稿

【動画】BMWのデザイナーがX7の「デザイン的意味」について語る!BMWのデザインはボクらの想像よりもずっと先にあり、深い意味を持っていた
【動画】BMWのデザイナーがX7の「デザイン的意味」について語る!BMWのデザインはボクらの想像よりもずっと先にあり、深い意味を持っていた

| これまではディティールばかりが目についてきたが、新型X7ではこれまだバラバラだったBMWのデザイン的な特徴がひとつになり、しかもバランスしている |この記事のもくじ| これまではディティールばかり ...

続きを見る

BMWのデザイン責任者語る「ええ。これからもキドニーグリルは大きくなりますよ。縦型のものや、横に大きなものも出てくるでしょう」
BMWのデザイン責任者語る「ええ。これからもキドニーグリルは大きくなりますよ。縦型のものや、横に大きなものも出てくるでしょう」

| どうやらBMWは数々の批判に屈せず、むしろそれを糧としているようだ |この記事のもくじ| どうやらBMWは数々の批判に屈せず、むしろそれを糧としているようだ |たしかに話題になるということは「注目 ...

続きを見る

BMWのデザイナーが「電動化とデザイン」について語る。「これからのデザインは大胆で意味のあるものでなくてはならない。デザインによって持続可能性を表現してゆく」
BMWのデザイナーが「電動化とデザイン」について語る。「これからのデザインは大胆で意味のあるものでなくてはならない。デザインによって持続可能性を表現してゆく」

| たしかにBMWは以前からデザイン、そしてデザインによる排他性の演出にこだわってきた |この記事のもくじ| たしかにBMWは以前からデザイン、そしてデザインによる排他性の演出にこだわってきた |つい ...

続きを見る

参照:BMW Blog

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->BMW(ビー・エム・ダブリュー)
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5