ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>日産/インフィニティ(Infiniti)

ニスモが新型フェアレディZ用カスタムパーツ第一弾としてステンレス製マフラーを発表!価格は30万8000円、「全域で軽快で心地よいエキゾーストノートを提供する」

投稿日:2022/04/30 更新日:

ニスモが新型フェアレディZ用カスタムパーツ第一弾としてステンレス製マフラーを発表!価格は30万8000円、「全域で軽快で心地よいエキゾーストノートを提供する」

| クルマの価格も高くなったが、こういったカスタム / チューニングパーツの価格もずいぶん高くなった |

チューニング全盛だった1990年代に比較すると1.5倍くらいになったような気がする

さて、先日全グレードとその仕様、そして価格が発表された日産フェアレディZ。

今回はニスモがチューニングパーツ第一弾として「スポーツマフラー」を発表しており、その価格は30万8000円に設定されています。

このスポーツマフラーはステンレス製のセンターパイプとリアマフラーとのセットにて構成されており、ニスモによれば「通常走行から高速走行まで、軽快で心地よいエキゾーストノートを奏でる 」とのこと。

なお、エンジン性能や走行性能の変化については公表されていませんが、新型フェアレディZに搭載されるエンジンは「ターボ」なので、抜けを良くすることで出力の向上が見込めるのでは、とも考えています。

新型フェアレディZ全グレードがついに発表!最も安価なグレードでは524万円、最上位グレードでは696万円、GRスープラの499万円〜731万円とモロに競合
新型フェアレディZ全グレードがついに発表!最も安価なグレードでは524万円、最上位グレードでは696万円、GRスープラの499万円〜731万円とモロに競合

| 新型フェアレディZのエンジンは全車405馬力の3リッターターボ、GRスープラ「RZ」の387馬力を大きく超える |この記事のもくじ| 新型フェアレディZのエンジンは全車405馬力の3リッターターボ ...

続きを見る

日産は新型フェアレディZのカスタム市場を盛り上げる?

なお、日産は新型フェアレディZについてアフターマーケットを盛り上げようと考えているのだと思われ、まずは自社でカスタムした「フェアレディZ カスタマイズプロト」を公開。

これは初代フェアレディZに設定されていた「Z432R」をイメージしたカスタムがなされたもので、内容としてはビジュアルのみの変更になるかとは思われるものの、「往年の」フェアレディZのファンを狙ったものだと考えられ、どこかの段階で実際にパーツが市場投入されることになるのかもしれません。

2

【動画】日産フェアレディZ「カスタマイズプロト」の動画が公開!細部を見ると各パーツは市販化を前提に設計されているようだ!
【動画】日産フェアレディZ「カスタマイズプロト」の動画が公開!細部を見ると各パーツは市販化を前提に設計されているようだ!

| 日産はトヨタ同様にアフターパーツの拡充によってフェアレディZの人気を盛り上げる? |この記事のもくじ| 日産はトヨタ同様にアフターパーツの拡充によってフェアレディZの人気を盛り上げる? |フェアレ ...

続きを見る

そしておそらくはこれにとどまらず様々な(機能や性能を向上させる)チューニングパーツも投入されることになるかと思いますが、トヨタのように「サードパーティーと」組んでのチューニングパーツ販売ではなくはニスモを通じての「自社による」市場拡大を狙うのかもしれません。

なお、ぼくが思うに、スポーツカーに関しては、その人気が続くかどうかは「アフター市場の盛り上がり」にかかっている可能性が高く、そのクルマの改造やカスタムに関する「ポテンシャル」が高く、パーツが豊富であればあるほど人気が長続きすると考えています(ドライバーのスキルとともに成長できるクルマは息が長い)。

これはトヨタ86を見てもよくわかるかと思いますが、当のトヨタもそれをよく理解しており、だからこそGRスープラやGR86の発売前から複数のアフターパーツメーカーへと開発用車両を提供し、消費者へと「カスタムの可能性がこれだけある」ということを示していたのかもしれません(よってGR86は納車時からカスタムする例も多い)。

ただ、日産の場合は、今のところニスモがこの役割を集中的に担おうとしているようにも見え、ただしそれではパーツのバリエーションや方向性が限定されてしまい、思うような成果が上がらない可能性も。

日産としては「他の会社にわざわざ利益獲得のチャンスを与える必要はない」と考えているのかもしれませんが、やはり選択肢事態が多くないと市場は盛り上がらず、日産の目論見がどういった結果となるのかはちょっと不明。

1

ニスモは現在オーテックと統合

ちなみに現在のニスモは、4月1日に(ニスモと)オーテックとが統合された新会社「日産モータースポーツ&カスタマイズ株式会社」のいちブランドとして機能しており、これまでとはやや異なる立ち位置になるものと思われます。

もちろん新会社では利益を最大化することになるものと思われ、すでにGT-R向けのマフラーも販売されていて、今後はさらなるパーツが登場することになりそうですね。

ニスモとオーテックとが2022年に統合!なおニスモはR32/R33/R34世代のスカイラインGT-R向けにフルチタンエキゾーストシステムをリニューアル
ニスモとオーテックとが2022年に統合!なおニスモはR32/R33/R34世代のスカイラインGT-R向けにフルチタンエキゾーストシステムをリニューアル

| 12kgの軽量化、7%の出力アップが見込めるために効果は大きい |この記事のもくじ| 12kgの軽量化、7%の出力アップが見込めるために効果は大きい |ただし価格は72万円超、受注生産のみの対応G ...

続きを見る

合わせて読みたい、フェアレディZ関連投稿

あの頃、フェアレディZはボクのすべてだった!今の自分に導いてくれた”Z”に再び乗りたいという気持ちを抑えきれない

| 今でももういちどフェアレディZに乗りたいという気持ちは常に心の底にある |この記事のもくじ| 今でももういちどフェアレディZに乗りたいという気持ちは常に心の底にある |当時の日産は本当にスゴかった ...

続きを見る

【動画】新型フェアレディZはこうやって作られる!GT-Rも製造する「ニッサンインテリジェントファクトリー」はこんな感じ。なお期間工の条件も悪くないぞ
【動画】新型フェアレディZはこうやって作られる!GT-Rも製造する「ニッサンインテリジェントファクトリー」はこんな感じ。なお期間工の条件も悪くないぞ

| 日産の栃木工場は自動車づくりの一から十まで行っていた |この記事のもくじ| 日産の栃木工場は自動車づくりの一から十まで行っていた |ボクは自動車の生産現場で一度働いてみたいという夢を持っている新型 ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->日産/インフィニティ(Infiniti)
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5