ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ランボルギーニ(Lamborghini) ■自動車各社業績/ランキング等

ランボルギーニが2022年第1四半期も過去最高記録を塗り替え!販売台数、売上高、リア期のすべてが向上。さらに「イタリアのトップ雇用主」にも選ばれる

投稿日:

ランボルギーニ・ウラカンSTO

| ランボルギーニは「供給を制限しつつ」も成長とバックオーダーを拡大している |

更に今年は「3つの新製品」の発表を控えている

ランボルギーニは2021年にも売上高、利益の面において「過去最高」を記録していますが、2022年第1四半期においても成長を継続している、と発表。

売上高については5億9200万ユーロにも達して前年同期と比較して+13.3%となり、営業利益においては+25.5%(1億7800万ユーロ)という好調なペースを記録しています。

ランボルギーニ
ランボルギーニは2021年に「3つの記録」を達成していた!販売台数13%増、売上高19%増、営業利益は49%増。困難な状況においても最高の数字を記録

| フェラーリが証明しているように、スーパーカーは「ブランド力」によって優劣が分かれる時代に突入 |この記事のもくじ| フェラーリが証明しているように、スーパーカーは「ブランド力」によって優劣が分かれ ...

続きを見る

この順調な業績について、ランボルギーニCEO、ステファン・ヴィンケルマン氏は「第1四半期は、ビジネス面でも財務面でも、すべての主要な指標において過去最高となりました。これは、非常に魅力的な製品群、そして希少価値を高く保つために”需要よりも少ない供給を目指す”戦略、そして世界の3つの主要地域でバランスのとれた販売配分を行うという戦術によってもたらされた結果です」とコメント。

つまり、このコメントを見る限りでは、ランボルギーニは「(フェラーリ同様に)供給制限」を行っているということになり、それでも前年比を超える台数をデリバリーし、前年比をクリアするだけの需要が残っている、ということになりそうです(このペースで供給したとしても、1年分以上のバックオーダーがあると報じられている)。

利益の増加は為替レートの変動を販売台数の増加にて

なお、売上高に比較して利益が大きかったのは、「主に為替レートが有利に動いたため」だとされ、しかしもちろん販売台数も増加(+4.8)しており、ただし販売台数の増加率よりも、売上高の増加率が大きくなっている(+13.3%)ところを見ると、つまり販売単価が上昇したということになりますね。

ランボルギーニにてマネージング・ディレクター兼CFOを務めるパオロ・ポマ氏によれば「2022年の始まりは、不透明な状況が続きました。このような状況の中、第1四半期の結果は、ランボルギーニの回復力を改めて示すものです。2021年の結果と比較して、年間を通じて成長を維持できるという確信を持って、今後も活動を続けてゆきます」とのことで、このまま2022年の残りも順調に成長を続けてくれるものと思われます。

ちなみに今回の業績発表に際し、「今後数ヶ月の間に、さらに2台のウルスと1台のウラカンの”計3台”の新商品が発売される予定」だとも述べており、ウラカン・テクニカに続くそれらの発表も楽しみですね。

ランボルギーニ

ランボルギーニV10の「次世代モデル」、ウラカン・テクニカ発表!V12モデルとの関連性を強め、高度な進化を示す「究極の」ウラカンがここに誕生
ランボルギーニV10の「次世代モデル」、ウラカン・テクニカ発表!V12モデルとの関連性を強め、高度な進化を示す「究極の」ウラカンがここに誕生

| ウラカンのモデルライフ終了まで「カウントダウン」という時期にとんでもない大物が出たものだ |この記事のもくじ| ウラカンのモデルライフ終了まで「カウントダウン」という時期にとんでもない大物が出たも ...

続きを見る

ランボルギーニはイタリアにおける「トップ雇用主」に

ランボルギーニは以前より(従業員の)国籍の多様化への対応、女性の活用、細かいところだと社内でのコロナウイルスのワクチン接種など様々な対応を行っており、これによって連続にて「ホワイト企業」として選出されていますが、今回、人材サービスの世界的プロバイダーであるランスタッド社が授与する「ランスタッド雇用主ブランド2022」を受賞したとも発表。

フェレーロ社、タレス・アレニア・スペース社とあわせての受賞となり、しかしキャリアパスの可視性においては1位、評判、報酬、福利厚生、職場の健康と安全性の点でもトップクラスに位置づけられています。

ランスタッド社の表彰は、”従業員が感じる(顕在的・潜在的な)企業の魅力レベル”を測定した独自の調査結果に基づいており、調査項目としては「快適な職場の雰囲気、ワークライフバランス、良好な給与」という重要な3要素を含む150の項目にわたるそうですが(項目が多すぎてちょっと答える側にとってはツラそうだな・・・)、調査対象はイタリアの学生、被雇用者、失業者を含む18歳から64歳までの6,590人だと解説されています。

ランボルギーニの最高人財責任者であるウンベルト・トッシーニ氏によると、「魅力的な職場を設計するためには、全体的な意味での健康、継続的な学習、多様性の多くの側面に注目することが必要です。ランスタッド・エンプロイヤー・ブランド・リサーチ賞は、人々の健康とケアへの配慮が認知度を高め、価値を生み出す鍵となることを確認させてくれます。私たちは、社員の帰属意識を高め、個性と相互尊重を推進する企業文化によって、社員の進化と成長を促進するために、さまざまな取り組みを行っています」とのこと。

ランボルギーニ・アヴェンタドール

今回の受賞は、9年連続での「トップエンプロイヤー・イタリー」の受賞に続くもので、この賞は社員を中心に据えた最高価値の企業福祉戦略を追求するというランボルギーニの強いコミットメントを証明する形となっていますが、受賞した9年前は「従業員を総合的にケアすることを目的として開発された」、福祉に特化したランボルギーニ・フィールソフィー・プロジェクトが開始された年なのだそう。

このプロジェクトには、身体および精神的なウェルネスに関する長年の取り組みが含まれており、例えば、持続可能な栄養や睡眠の重要性などに関する新しい提案も充実しているほか、ランボルギーニの中期計画でにて示された「多様性、包括性、雇用と給与の平等性」に関する活動や取り組みも。

現在、ランボルギーニの従業員数は1,900人を超え、2021年には5.6%増加する予定だともアナウンスされています。

あわせて読みたい、ランボルギーニ関連投稿

ランボルギーニ・カウンタック
ランボルギーニが「ホワイト企業」に続き「グリーン企業」にも選出!環境維持のために行ってきた取り組みが評価され二年連続でグリーンスター賞を受賞

| ランボルギーニはアグレッシブなデザインの製品からは想像もできないほど、人にも環境にも優しい企業になっていた |この記事のもくじ| ランボルギーニはアグレッシブなデザインの製品からは想像もできないほ ...

続きを見る

ランボルギーニ・シアンFKP37
ランボルギーニが9年連続で「イタリア政府の認めるホワイト企業」に選出!従業員の国籍は35、年齢や性別、思想、健康状態などの多様性を認め、働きやすい環境を構築したことが評価対象に

| 人間の数だけ異なる価値観が存在し、しかしそれを否定するのではなく、理解しあって前に進むことが重要 |この記事のもくじ| 人間の数だけ異なる価値観が存在し、しかしそれを否定するのではなく、理解しあっ ...

続きを見る

ランボルギーニの育児休暇
ランボルギーニは「多様性」を重視!年代や性別にかかわらず活躍できる場を提供し、アヴェンタドールの組み立てラインでは女性管理者も誕生

| 欧州の自動車メーカーはいまだかつて無いほどの構造改革を迫られているようだ |この記事のもくじ| 欧州の自動車メーカーはいまだかつて無いほどの構造改革を迫られているようだ |ランボルギーニでは女性を ...

続きを見る

参照:lamborghini

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ランボルギーニ(Lamborghini), ■自動車各社業績/ランキング等
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5