ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>その他アメリカ車

次世代ジープ・ラングラー、そしてレネゲードをイメージしたレンダリングが登場!ハマーEVが好調なだけにジープも早急にエレクトリックオフローダーを発売すべき?

投稿日:2022/05/20 更新日:

次世代ジープ・ラングラー、そしてレネゲードをイメージしたレンダリングが登場!ハマーEVが好調なだけにジープも早急にエレクトリックオフローダーを発売すべき?

| EVは環境を汚染しないという意味でオフローダーとの相性は良さそうだ |

ただしバッテリー搭載にて重量が重くなりすぎる点、そして充電設備がないところを走るという点は大きな課題として残りそう

さて、ジープもここからエレクトリック化へと向かおうとしている時代ですが、今回異なるデザイナーによる「次世代ラングラー」「次世代レネゲード」の(非公式)レンダリングが公開。

まずは次世代ラングラーの方から見てみたいと思いますが、こちらは「新しいジープの歴史を作るのにどんなクルマがふさわしいのか」を考えた作品なのだそう。

そしてデザイナー氏が着目したのはゲーム機のコントローラーや様々な家電であり、スクエアなデザインを取り入れてスケッチを作成しています。

10

こちらもCHECK

ジープ・ラングラーのバン風カスタム(レンダリング)
この発想もなかった!ジープ・ラングラーを「バン」へとバーチャルカスタムしてオーバーランダーへ

| 実際にどこかのショップがコンバージョンキットを発売することを期待 |この記事のもくじ| 実際にどこかのショップがコンバージョンキットを発売することを期待 |実際に発売されれば人気を呼びそうではある ...

続きを見る

どこまでジープのアイコンを残すのか?

そして次にデザイナー氏が考えたのは「ジープらしさをどうやって表現するか」。

ジープといえばやはりフロントグリルの「7スロット」そして「丸いヘッドライト」ですが、どうやってこれを未来に遺そうかと考えたわけですね。

9

悩んだ末に出来上がったのがこの最終スケッチ。

思い切って丸型ヘッドライトを捨て去り、7スロット・グリルは「7つのLEDライト」に置き換えられ、前後のフェンダーにて”ジープらしさ”を主張しています。

7

こちらは3Dバージョン。

テールランプにはLEDライトバーを採用し、キャビンにはユニークな水槽型を採用しています。

前後バンパーにはフックが取り付けられ、アプローチアングル/デパーチャーアングルを確保した構造を持つようですね。

8

ボンネットに描かれた等高線のようなグラフィックがジープの冒険性をあらわしているかのように思います。

6

次世代レネゲードは遊び心満載

そしてこちらは次世代ジープ・レネゲードをイメージしたレンダリング。

こちらは上の作品とは異なり、ガソリン世代のイメージを色濃く残したものとなっており、フロントには7スロットグリルが設けられ、円形ヘッドライトにウインカーも健在です。

更にグリルの下にはブルバー、そしてスキッドガードが設けられ、現行レネゲードに比較すると悪路への対応を高めているようにも見えますね。

5

ドアハンドル含め、車体全体はフラッシュサーフェス化されているものの、前後フェンダーは大きく盛り上がり、大径ホイールにオフロードタイヤを装着しているほか、サイドステップや小型の(カメラ式?)ドアミラーといった装備も。

テールランプはフィアット500のように「枠だけ」が発光するデザインです。

4

なお、この次世代レネゲードは各部のカラーを変更して様々なイメージに仕立て上げることを想定しており、こんな感じでポップなイメージにカラーチェンジしたり・・・。

3

シックなデザインにも。

ホイールの各スポークの間にもパーツが挿入されているのが「新しい」と思います。

2

こちらはスキッドガードやルーフもブロンズに変更した渋いバージョン。

1

あわせて読みたい、ジープ関連投稿

ジープ・ラングラーが世界で二番目に売れているのは日本
え?そうなの?なんとジープ・ラングラーが世界で二番目に売れているのは日本!ジープの国内販売台数がこの10年で13倍に増加した謎に迫る

| むしろ他の国でジープがそんなに売れていなかったことが驚きだ |この記事のもくじ| むしろ他の国でジープがそんなに売れていなかったことが驚きだ |なぜ日本でジープは売れるのかなぜ今、アウトドアブーム ...

続きを見る

ジープ・ラングラー
ジープによるジムニー対抗、「ベイビージープ」が現実的に。2022年より生産開始、前輪はガソリンエンジン、後輪はモーター駆動とのウワサ。なおアルファロメオからは「Brennero」として発売する模様

| 「ジープの外観にエコな走り」は意外と欧州で受けるかもしれない |この記事のもくじ| 「ジープの外観にエコな走り」は意外と欧州で受けるかもしれない |現在、ジープはプジョー・シトロエンとも「同じグル ...

続きを見る

ジープ
こういったジープもアリ!2ドアクーペのアクティブなオフローダー、「ジープ・フリーダム・コンセプト」

ジープがこれからシェアを広げようとすると、今と違うデザインの別ラインを投入するしかない レンダリング・アーティスト、アントニオ・パリア氏が作成したレンダリング「ジープ・フリーダム・コンセプト」。文字通 ...

続きを見る

参照:Arjun Kurunji, Dejan Hristov

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->その他アメリカ車
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5