ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMWはなぜ記念すべきM部門50周年記念として、スーパーカーではなくSUVを発表したのか?M部門CEOが多くの人が感じているであろう疑問に答える

投稿日:

BMWはなぜ記念すべきM部門50周年記念として、スーパーカーではなくSUVを発表したのか?M部門CEOが多くの人が感じているであろう疑問に答える

| その答えはあまりにシンプル、そして理解ができるものであったが、一方でこの回答を聞きたくなかったような気もする |

BMW Mはそこまで日和るべきではなかったのかも

さて、BMWは「M社」の50周年記念たる今年に”M専売モデル”を発表するとし、しかしリリースされたのはSUVボディを持つ「XM」。

M社の前身は1972年に設立されたBMWモータースポーツ社であり、その設立の目的が高性能な市販車の開発や、モータースポーツ向け車両の開発や製造・販売であったこと、そして現在においてもM社は同様の認識を一般になされていることをを考慮すると、この「XM」を50周年記念モデルとして発表するのはやや奇異にも思えます。

ただ、これには(当然ながら)ちゃんとした理由があるようで、今回BMW M社のCEO、フランク・ファン・ミール氏がその意図についてカーメディアへと語ることに。

キドニーグリルはBMW史上最大!43年ぶりの「M専用」モデル、BMW XMが発表に。なにもかもが特別誂えのフラッグシップ
キドニーグリルはBMW史上最大!43年ぶりの「M専用」モデル、BMW XMが発表に。なにもかもが特別誂えのフラッグシップ

| クリス・バングルによる7シリーズが発表されたとき以上に衝撃的なデザインでBMW XMが登場 |この記事のもくじ| クリス・バングルによる7シリーズが発表されたとき以上に衝撃的なデザインでBMW X ...

続きを見る

BMWはハイパフォーマンスSUVセグメントでその存在感を欠いていた

フランク・ファン・ミールCEOによると、M社50周年のための記念モデルとしてXMが選ばれたのは「現在、もっとも市場や消費者、もちろんBMWにとっても重要なのはSUVだから」。

なお、BMW M社「初」の市販モデルは言うまでもなく1978年のM1ですが、そのM1が発売された時代だと、自動車メーカーが「我々は特別な技術や商品を持っている」とアピールするためにこぞって作ったのが「スーパーカー」だったといい、そのためにBMW M社がその存在感を強めるために作ったのもまたスーパーカーであるM1。

BMW M1

ポール・ウォーカー所有のBMW M1が競売に
レア中のレア!ポール・ウォーカーが所有していたBMW M1が競売に登場、M1史上最高額を更新か

| ポール・ウォーカーとミドシップスポーツカーとはすぐに結びつけることができないが |この記事のもくじ| ポール・ウォーカーとミドシップスポーツカーとはすぐに結びつけることができないが |ポール・ウォ ...

続きを見る

ただし現代において「どの自動車メーカーもが参入したいと考えるセグメント」はもはやスーパーカーではなく高級SUVだといい、そしてBMWにとって不足していたのがラグジュアリー・フラッグシップSUV。

かくしてBMWは「M」の力を借りてその不足しているパズルのピースを埋めることになり、メルセデスAMG G63、ランボルギーニ・ウルス、アストンマーティンDBX、ベントレー・ベンテイガ等のライバルを作り上げたということになります。

BMWそしてBMW Mにとって欠けていたのは、「他社にはあるがBMWにはない」表現力の豊かなラグジュアリーSUVであり、成熟しつつある高級SUV市場において顧客が求めるのもまた個性的なSUVだと認識していたということになりますが、そこでBMWの用意した回答がXMだというわけですね。

たしかにBMW M社の考えも理解できるが

なお、BMW M社のこういった考えも理解でき、商業的に正しいのはXMかもしれず、しかしやっぱりちょっとだけ寂しいような気がしないでもありません。

そしてぼくが思うのは、そのブランドの価値を向上させようと考えるのであれば、「売れ筋」を作るより、売れなくても「スポーツカーやスーパーカー」を作ることだと考えていて、そうすることによってその自動車メーカーが「自動車をお金儲けの道具として捉えているのではなく、楽しい自動車を作ろうとしていることが伝わってくる」とも認識しているから。

これを実践したのがまさにトヨタですが、豊田章男社長の代になってからスポーツカーに注力するようになり、それによって「なんかトヨタは変わったな」「豊田章男社長率いるトヨタのクルマだからきっといいクルマに違いない」と人々が考えるようになったと思うのですね。

トヨタのキー
「もっとも世界で検索された自動車ブランド」はトヨタ!世界55カ国で1位に輝き、BMWを抜いて首位を獲得

| トヨタの躍進はもう誰にも止めることができない |この記事のもくじ| トヨタの躍進はもう誰にも止めることができない |2020年、もっとも検索されたのはこの自動車ブランド2019年に検索されたのはこ ...

続きを見る

そのほか、日産においても、ビジネス的に正しい選択は「ピュアエレクトリックで、人気カテゴリであるSUVの」アリアかもしれませんが、それでも実際に発表してみて話題が集まるのはフェアレディZのほう。

もちろん話題=売れるというわけではないので、フェアレディZ単体で見るとビジネス的に成功するとは考えてはいないものの、重要なのは「フェアレディZのようなクルマを作る会社は、ほかにもいいクルマを作ってくれそうだ」と人々が認識することであり、それは売れ筋商品ばかりを作ることでは成し遂げることができないだろう、とも考えています。

BMWは過去にスーパースポーツを作るという計画もあったが

ただ、BMWもそれを理解していたのだとも考えられ、だからこそ何度かスーパースポーツを作るというウワサや、マクラーレンとの共同開発でスーパーカーをリリースするというウワサが出てきたり、さらに実際に「ヴィジョンMネクスト」を発表したりしたのだと思いますが、やはり社内にて検討を行った結果、「優先すべきは」スポーツカーではなくSUVという結果になったのでしょうね。

BMW ヴィジョンMネクスト・コンセプト
BMW「ヴィジョンMネクスト」発表!600馬力のPHEV、そして”BMW「ターボ””M1”を強く意識したデザインを持つスーパーカー

| 内容を見ると実現可能な要素が多そうだ | BMWが、先日「アートな画像」によって予告した「ヴィジョン M ネクスト(Vision M Next)を正式発表。これは「デザイン」「先進技術」「自動運転 ...

続きを見る

参考までに、インスタグラムやYoutube、TikTok等のSNSにて最も検索されるのはSUVではなくスポーツカーである場合が多く、これもやはり多くの人のスポーツカーに対する興味を示しているのかもしれません(繰り返しになるが、だからといってスポーツカーが売れるわけではない。あくまでも現代におけるスポーツカーとは実利を求めるものではなく、イメージ戦略における広告の一つだと捉えている)。

日産R35 GT-R
販売不振も高齢もなんのその!ツイッターやインスタグラムほかネット上で最も話題になっているクルマは「日産GT-R」

| ただしR35のみではなく、歴代GT-Rもここに含まれるものと思われる |この記事のもくじ| ただしR35のみではなく、歴代GT-Rもここに含まれるものと思われる |いつもどおりBMWや、メルセデス ...

続きを見る

合わせて読みたい、関連投稿

BMWのキー
TikTokでもっとも人気のある自動車ブランドはBMW(220億回再生)!車種個別だとアウディTTの人気がもっとも高く、インスタとはユーザー層が異なるようだ

| SNSでアウディとBMWが強く、メルセデス・ベンツが弱いことには変わりがないようだ |この記事のもくじ| SNSでアウディとBMWが強く、メルセデス・ベンツが弱いことには変わりがないようだ |イン ...

続きを見る

アストンマーティンDB11
007「ノー・タイム・トゥ・ダイ」の影響?アストンマーティンの中古車検索件数が75%も上昇、ジャガー、ランドローバーも13%アップ

| やはり「ボンドカー」としての露出は威力絶大だった |この記事のもくじ| やはり「ボンドカー」としての露出は威力絶大だった |今後、アストンマーティンが「ボンドカー」としての提供を続けるかどうかが気 ...

続きを見る

テスラ
地球上でもっとも検索された電気自動車の1-4位をテスラ4モデルが独占!「メーカー別」だとテスラは2位に10倍以上の差をつける

| テスラはなんだかんだ言いながら「圧倒的」な強さを誇る |この記事のもくじ| テスラはなんだかんだ言いながら「圧倒的」な強さを誇る |今回のデータは「中国抜き」、よって中国を含めるとテスラがさらに伸 ...

続きを見る

参照:Autoblog

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->BMW(ビー・エム・ダブリュー)
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5