>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMW M2に「コンペティション」設定、そしてベースグレードの「M2」消滅とのウワサ。現行M2は買いか?

投稿日:2017/11/13 更新日:

BMW M2に「コンペティション」設定とのウワサ。ただし通常の「M2」は代わりに消滅

BMW M2について、現在のグレード構成が見直され、新たに投入される「M2コンペティション」がエントリーモデルになるのでは、とのウワサ。
日本市場だとM2は802万円ですが、このモデルがなくなり、一番安いモデルが「M2コンペティション」になる、ということですね。
なお「コンペティション」は国によって「オプション」扱いの場合と、予めこれを組み込んだ「一つのグレード」として扱われる場合がありますが、日本では後者の「別グレード」としての設定。

BMWは「M」を高利益ブランドに育てたい?

M4クーペだとベースグレード(DCT)が1157万円、M4クーペ・コンペティションの価格が1279万円。
その差額は122万円ですが、これをM2に当てはまると、もしM2のベースグレードが「M2コンペティション」となった場合、924万円程度が最低価格、ということに。

ただし、その価格に見合っただけの変更が加えられるとも報じられ、M4/M3とM4/M3コンペティションとの関係のように「同じエンジンの馬力違い」ではなく、M2コンペティションではエンジンそのものが変更される、とも見られています。

現在M2に搭載されるのは370馬力のMツインパワー・ターボエンジン、「N55B30A」ですが、これがM3/M4に搭載される431馬力のMツインパワー・ターボエンジン「S55B30A」に変更されると言われており、ただし馬力は(大人の事情で)400馬力程度に落とされるのでは、とのこと。

いいような、そうでないような変更ではあるものの、価格が上がるのはちょっと残念で、これが本当であれば「現行M2」を買っておくのも良いかもしれませんね。

なお、M2はカーセンサー上では30台の登録があるものの、どれもその価格700万円以上。
BMWとしてはかなり珍しい「値段が下がらない車」と言えますが、実際その価値のある車、と言えそう。

加えて以前にBMWは「FFのMモデルは作らない」「M2がマニュアル・トランスミッションを持つ最後のM」と発言していて、となるとM2より下のMモデルは登場しないであろうことになり、その意味でも「M2は最も安く買えるM」「最後のMT」として価値は高い、とも考えられます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->BMW(ビー・エム・ダブリュー)
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.