>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

全身ブラックの渋いヤツ。新型メルセデスAMG G63「エディション1」が発表に

投稿日:

| 矢継ぎ早に新型Gクラスのバリエーションを投入 |

メルセデスAMGより、「G63エディション1」が発表に。
つい先日「メルセデスAMG G63」が公開されたところですが、その限定モデルが早速登場、ということに。
なお「エディション1(Edition 1)」は該当のAMGモデル発売を記念し、当初1年間のみ注文を受け付けるという期間限定モデル。

ブラック×ブラックはG63「エディション1」だけ?

ボディカラーはマットブラックで、これに入るアクセントは「レッド」。
ブレーキキャリパーに加えホイール外周、センターキャップ、ドアミラーの一部にレッドが用いられており、文字通りこれが「アクセント」に。
過去のエディション1だと、イエローやオレンジをアクセントに使用したモデルもありますね。

2019-mercedes-amg-g63-edition-1 (3)

なお、ちょっとわかりにくいもののサイドアンダーにはグレーのストライプが入り、ストロボ風のデザインは変わらないものの、やや立体的なグラフィックが用いられています。

2019-mercedes-amg-g63-edition-1

ヘッドライトやウインカーレンズ、テールランプは「ダーク仕上げ」のように見えますが、これは「ナイトパッケージ」に含まれる内容の一部と思われ、しかし通常モデルにおいて「ナイトパッケージはボディカラーがブラックの場合は選べない」ため、「ブラックのボディカラーにナイトパッケージ」を装着しているという意味では、このエディション1はかなり特別だと言えそう。

インテリアに関しても外装同様にブラック×レッドを踏襲しており、シートの一部、シートベルト、ステアリングホイールのセンターマークがレッドに。

2019-mercedes-amg-g63-edition-1 (2)

エンジンについては通常のG63と代わりはなく、577馬力の「AMG GT Rと同じ」強心臓(0-100キロ加速は4.1秒)。
現時点で価格は公開されておらず、おそらくは年末からの受注開始となるようです。
実車そのものはジュネーブ・モーターショーにて展示される見込みで、ひとまずは実車の画像を楽しみに待ちたいところですね。

あわせて読みたい新型メルセデスGクラス/AMG G63関連投稿

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)
-, , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.