>BMW(ビー・エム・ダブリュー) >韓国の自動車メーカー

ヒュンダイがスーパーカー参入を表明。BMW M出身者を中心に高性能車部門を組織

投稿日:2018/03/03 更新日:

| ヒュンダイがスーパーカー開発に向け組織変更 |

Yahoo!ニュースによると、ヒュンダイがスーパーカー事業へと参入、とのこと。
ヒュンダイはかねてよりBMW M部門からエンジニア、デザイナーを引き抜いていますが、今回さらにBMW M部門から獲得したトーマス・シュミエラ氏を副社長に据え、「高性能事業部」を新設したと発表しています。
ヒュンダイの高性能車部門といえば「N(これ自体がMのパクリっぽい)」ですが、ヒュンダイはすでに「i30 N」「ヴェロスター(ベロスター)N」を発表。※「N」はニュルブルクリンク、ヒュンダイ所在地の頭文字とのこと

ヒュンダイは高性能車について、「ブランドイメージを高めるには欠かすことができない」「高性能車は人々のロマンであり、(電気自動車時代にも)高性能市場は続くため、我々には絶対に必要」と語っており、今後はさらなるスポーツカー、そして少し前に報じられたようなスーパーカーを投入する可能性が大。

ヒュンダイは人材獲得には積極的で、ランボルギーニ/ベントレーのデザイナーであったルク・ドンカーヴォルケ氏はじめブガッティ・シロンのデザイナー、ベントレーの内装デザイナーを獲得。
さらにセールス面でもランボルギーニの副社長を招き入れ、グループ会社のキアではアウディTTのデザイナー、ペーター・シュライヤー氏を社長に着任させています。

「あぶれた」人材ではなく実績のある人材を獲得して「地盤がため」を行っているところは脅威でもあり、もしもこれらの人材を中心として組織を変革するのであれば、それなりにすごい車ができるのかもしれません(日本でもスバルや三菱が著名デザイナーを招き入れた例がありますが、コスト優先、また日本の硬直した組織の中で力を発揮できなかった)が、その一方で、いかにデザイナーや技術者が優れていても製造を行うのは結局「ヒュンダイ」や「キア」であり、そう簡単にはコトは運ばないだろうとも考えています。

いったいどんな車が出てくるのか、(怖いもの見たさで)楽しみに待ちたいところですね。

あわせて読みたい、ヒュンダイ関連投稿

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->BMW(ビー・エム・ダブリュー), >韓国の自動車メーカー
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.