>フェラーリ(Ferrari) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

【動画】1990年、日本の高速道でフェラーリF40を320km/hで走行させた男がいた!これがその証拠動画だ

まさかの公的出版物(ビデオ)に収録されていた ここ最近、日本において頻繁に「速度違反最高記録」が塗り替えられており、ダッジ・チャレンジャーの時速235キロ、トライアンフ・デイトナ675SEの時速237キロ、そして最近だと日産GT-Rの時速280キロが記憶にあたらしいところ。 そしてこういったニュースが出るたびに語られるのが「昔発売されたビデオの中で、フェラーリで時速300キロ位上出してたヤツがあったよな」という話。 こちらもオススメ、関連投稿フェラーリ5大スペチアーレ、20台以上のハイパーカーを収める個人 ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 ■ニュース

新型ポルシェ911開発責任者、そしてデザイナーが語る。「911ほど相反する要素が同居するクルマはほかにない」

新型ポルシェ911の開発期間はおおよそ4年 ポルシェのオーナー向けコンテンツ、「クリストフォーラス」にてさっそく新型911の特集が組まれることに。この中ではポルシェのエクステリアデザイナー責任者であるペーター・ヴァルガ氏、そしてインテリアデザイナーのイヴォ・ファン・フルテン氏へのインタビュー、そして911の開発責任者であるアウグスト・アハライトナー氏へのインタビューが紹介されています。 こちらもオススメ、関連投稿新型ポルシェ911カレラ(992)発表!911カレラSの加速性能はランボルギーニやマクラーレン ...

ReadMore

>ブガッティ(BUGATTI) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

ブガッティ・ヴェイロンの燃料タンク交換にかかる費用は480万円。ターボを交換すれば900万円

ハイパーカーは買うのも大変だが、維持するのも大変だ ブガッティ・ヴェイロンのパーツリストの一部と工賃表がネット上にアップされ、そのあまりの高さが話題に。そしてパーツ価格としてもっとも高価なのは燃料タンクで、そしてブガッティはトラブルの事前防止のために「敵的な燃料タンクの交換」を行うよう定めており、「定期メンテナンス」として燃料タンクを交換する必要があるために、いずれのオーナーも「将来的に直面する問題」だと言えそう。 なお、スーパーカーはよく「燃える」という話を聞きますが、この原因の一つは燃料タンク含むフュ ...

ReadMore

>アウディ(Audi) ●アウディTT(8S) ■ニュース

誰か買ってあげて!ボクが以前に乗っていたアウディTTが値下げして販売中

カーチス南港(大阪)にて販売中 ぼくは今年の8月までアウディTTに乗っていましたが、そのアウディTTがカーチス南港にて販売中(売却したのはカーチスなので、そのままどこにも流れずにカーチスで販売されていることになる)。ちょっと前までは399万円で販売されていたのですが、最近見てみると379.9万円にまで値下げされていて、ちょっとだけお買い得になっています。 こちらもオススメ、関連投稿アウディTTの引き渡し前に最後の洗車。今までで一番丁寧にメンテナンスして送り出すことにアウディTT(8S)買った。なぜTTなの ...

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity) ■ニュース

【動画】ユーチューバー、アメリカで最も安い日産R35 GT-Rを買う。中古パーツで修理して格安で乗り出しなるか?

アメリカでは不動車両、事故車両の需要が結構あるようだ 今回、不動となったこの日産R35 GT-Rを購入したのはユーチューバー、B is for Build氏。動画を見ていると、同氏はフェアレディZのクラブを主宰しているようですが、今回は「念願かなって」GT-Rを入手することに。 こちらもオススメ、関連投稿【動画】壊れて動かないアウディR8を「格安」で入手した男。イチかバチかで修理して見事走らせることに成功南アフリカにもアツいチューナーがいた!わざわざリバティウォークのエアロを輸入してGT-Rをカスタムマツ ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >フォード(FORD) >マクラーレン(McLaren) ■ニュース

【動画】ユーチューバー「フォードGTとマクラーレン・セナが納車される。どれかクルマを処分しないと車庫に入らない」

やはりトップクラスのユーチューバーは言うことが違う 自動車系ユーチューバーとしてはトップクラスの稼ぎを誇ると言われるShmee150ことティム・バートン氏。現在同氏のガレージに収まるのはマクラーレン675LTスパイダー、アストンマーティン・ヴァンテージGT8、フォード・フォーカスRSヘリテージ・エディション、メルセデスAMG GT Rといった面々。 しかしながら、発注していたフォードGT、マクラーレン・セナが納車されることになり、「場所をあけないとフォードGT、マクラーレン・セナを収める場所がない」という ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 ■ニュース

新型ポルシェ911の「ワゴン」「ベースグレード」「GTS」「チューンドカー」など続々レンダリングが登場

新型ポルシェ911(992)のバリエーションは急速に増えそう 先日発表されたばかりの新型911カレラですが、早速それをベースにさまざまなレンダリングが公開に。作成したのはいつものX-TOMI DESIGNですが、まずは「911GT3RS」。991世代の911GT3RSとGT2RSとを合体させたような外観を持ち、しかし実際に992世代のGT3RSがどんなデザインになるのかはまだまだ不明。ただ、新型911GT3については「謎の」リアウイングを持っており、これが911GT3RSにも受け継がれるのかどうかは気にな ...

ReadMore

>マツダ(MAZDA)

マツダはやっぱりロータリーエンジン搭載スポーツカーを諦めてない。「来る時に備えて研究中」

マツダは今でもロータリーエンジンを動力源としたスポーツカーの開発を継続中 マツダは2012年にRX-8の生産を終了し、その後ロータリーエンジン搭載スポーツカーのラインアップは「空席」のまま。そしてこれまでも何度かロータリースポーツ発売のウワサが流れるも、最近公的に語られたのは「ロータリーエンジン搭載のスポーツカーは発売せず、しかしロータリエンジンはレンジエクステンダーとして蘇る」。 マツダ「ロータリーエンジンは2019年復活。ただし”今回は”レンジエクステンダーだ」 こちらもオススメ、関連投稿マツダ「最初 ...

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin) ■新型車情報/スパイフォト/噂など ■ニュース

アストンマーティンがヴァルキリーに使用される「1013馬力」エンジンを公開。自然吸気では自動車史上最高の出力を誇るユニットを見てみよう

コスワース製V12エンジンは質実剛健 アストンマーティンが公式にて、ヴァルキリーに採用されるV12エンジンを公開。これはウワサどおり6.5リッターV12、そして1013馬力を発生するという超高性能エンジンです。なお許容回転数は11,100回転で、リッターあたりの出力は155.9馬力をマークし、おそらく自然吸気エンジンとしては「自動車史上、もっとも高い出力を誇るユニット」。開発自体はコスワースとの共同によって行われていますが、そのコスワースが「うっかり」スペックを漏らしたこともありましたね。 アストンマーテ ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報/スパイフォト/噂など ■ニュース

ついに偽装なしの新型トヨタ・スープラの姿がリーク!FT-1コンセプトそっくりのフロントが激写される

ここまでFT-1コンセプトに近づけたのは称賛されるべき 2019年1月のデトロイト・モーターショーにて発表されると言われる新型トヨタ・スープラ。今回新型スープラ専門掲示板、「SupraMkV」にてそのフロントがリークされていますが、どうやら輸送中の状況を捉えた画像のようです(投稿者はトヨタ内部の人なのかどうかは不明)。 これまでも新型スープラについてはカモフラージュ用のシートが貼られた状態ではあるものの、その形状がわかるプロトタイプがトヨタによって公開。しかしこうやって「何も隠されていない」状態のスープラ ...

ReadMore



>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

新型トヨタ・オーリス発表。新しいハイブリッドシステムは性格の異なる2種、リヤサスはマルチリンク

投稿日:

| 新型オーリスは相当な意欲作だ |

トヨタが新型オーリスを正式発表。
今回の新型(3代目)オーリスの”キモ”はハイブリッドシステムにあり、トヨタはこれを強く主張。
トヨタ自身、20年に至るハイブリッドの歴史、1100万台のハイブリッドカーを世に送り出してきた実績をもとに「ハイブリッドにさらに磨きをかけた」としています。
トヨタからのプレスリリースはこちら








トヨタは「2つの異なる性格を持つハイブリッド」を用意

今回トヨタがオーリスに採用すると発表したハイブリッドは「2つ」あり、ひとつは燃費追求や快適性を重視したもの、もうひとつは「パワー」「ドライビングダイナミクス」を追求したもの。
トヨタはこのためにエンジンや制御システムを一新していますが、これらはすでに公式にて公開済み。

2018-toyota-auris (1)

先代(二代目)オーリスは全世界だと5つのエンジンラインアップを持ち、ハイブリッドもラインナップ。
しかし今回の新型オーリスではその構成がシンプルになり、上述の”2つのハイブリッド”、1.8リッター(122馬力)もしくは2リッター(180馬力)+ハイブリッドのほかにも1.2リッターターボ搭載モデルを用意。

ハイブリッドについて説明すると、1.8リッターハイブリッドは静かで燃費に優れ、もちろんCO2排出量も少なく、EVモードでも日常使いができる模様。
2リッターハイブリッドだとより安定した乗り味、パワーを感じられるフィーリングとなってドライビングプレジャーに勝るとしており、同じハイブリッドといえども二者間で大きく正確が異なるようです。

なお新型オーリスはプリウス、C-HR同様に「TNGA(TOYOTA NEW GLOBAL ARCHITECTURE)」に基づいたプラットフォームを採用していますが、これは軽量性、重心の集中、剛性に優れるとしており、ハンドリング、そして快適性に優れる、とトヨタは述べています(たしかに現行プリウス、C-HRを運転した感じだとその表現に偽りはない)。

リアサスペンションについてはマルチリンクが採用され、パワートレーン、プラットフォームなど総合的に見ると、「クラスを超えた」装備が与えられていると言え、シトロエンやプジョー、ルノーのコンパクトクラスを凌駕する機能を持つようにも思えますね。
トヨタが欧州市場を制圧するための戦略モデルが新型オーリスであると考えられ、よって「他社製品を圧倒することを前提に設計されている」のだと思われます(妥当ヴェゼルを掲げたC-HRのようなイメージ)。

2018-toyota-auris



新型オーリスのデザインは「大胆でダイナミック」

トヨタによると、新型オーリスのデザインについて、その目標は「世界でもっとも大胆で、ダイナミックなデザインの実現」だとされ、トヨタ・グローバル・デザインを統括するサイモン・ハンフリー氏によると「サイドは軽さと俊敏さを意識し、リヤはソリッドさ、ワイドさを意識した」とのこと。

新型オーリスのメインマーケットは欧州ということになり、欧州では「いかに生活感のないスタイルをコンパクトカーで実現するか」は非常に重要だとされ、多くのコンパクトハッチがウエッジシェイプを採用したり、後部座席のドアハンドルを隠したりしますが(特にアルファロメオに顕著)、新型オーリスは全体的なフォルムでこれ(生活臭のなさ)を実現したようですね。※トヨタはC-HRにおいて後部ドアハンドルを隠したのに、新型オーリスやレクサスUXではそれを行わっておらず、しかし”ドアハンドルを隠せばもっといいデザインになったのに”と思う

全長は二代目オーリスに比べて40ミリ伸び、これの多くはホイールベース延長に充てられ、つまりは安定性や乗り心地が改善されており、もちろん室内スペースにも余裕が出たと考えて良さそう。
一方で車高は25ミリ低くなり、よりスポーティーなルックスを獲得しているようですね。
ちなみにボンネットの高さは47ミリ下げられ、よりウエッジシェイプが強調されているのも特筆すべき点。
逆に幅は30ミリ広がっており、クラムシェルボンネットの採用、ワイドで細いアッパーグリルによって「視覚的にはさらにワイドに」。

なおフロントオーバーハングは20ミリ減少、逆にリアオーバーハングは+20ミリ。
全体的に重心が「リア寄り」になったと捉えて良さそうですが(カーゴスペース拡大もその理由?)、しかし傾斜のゆるくなった(14度)リアウインドウ、オプションのツートンカラーによって軽快さがましているようにも見えます。

すべての機能や構造、デザインに理由があり、それが人々に与える「効果」を理詰めで考えた、「新しいトヨタ」のあり方を示す一台だと言えそうですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)
-,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.