ad-728





>アウディ(Audi)

アウディ「RS」などハイパフォーマンス系が揃う試乗会へ行ってきた!試乗車を画像で紹介

2018/04/13

| アウディのハイパフォーマンスモデルのみの試乗イベント |

今日は「AUDI PREMIUM LOUNGE」へ。
アウディ・ジャパンの直系販社合同で開催する試乗会で、最新モデルやS/RSモデルなどハイパフォーマンスモデルに乗れるイベントでもあります。
今回集合したのはQ7、SQ7、R8スパイダー、RS3、RS5、TTRSなど。

アウディのハイパフォーマンスモデルを見てみよう

こちらはアウディRS3セダン。
まだ日本に入ったばかりで、試乗会には本日初登場、とのこと。
プラットフォームはMQB、エンジンは2.5リッター直列5気筒(400馬力)、駆動方式はクワトロ、0-100キロ加速は4.1秒。
RS3に「セダン」が追加されたのは現行モデル(3代目)が初となりますが、そもそもベースとなるA3にセダンが追加されたのも現行モデルから。

DSC06994

この理由としては中国市場対策がメインだと言われ、すでにライバルのBMWは中国市場専用モデルとして「1シリーズセダン」を投入済み。
この対抗がA3セダンというわけですね。

DSC06990

RS3のボディサイズは全長4,479ミリ、全幅1,802ミリ、全高1,399ミリ。
A3セダンに比較してフロント20ミリ、リア14ミリトレッドが拡大されてスタビリティが向上していることが特徴。
車高も25ミリ落とされ、低くワイドなプロポーションを実現しています。

DSC06970

フロントグリル、フロントバンパーはアウディ最新デザインを採用。
マットシルバーのサラウンドが高品質なイメージを演出しています。

価格は780万円で、RSモデルとしてはけっこう「お買い得」な設定で、800万円を超えるBMW M2に比較しても優位性がありますね。

DSC06968

こちらはアウディRS5。
ブラックレザーにレッドのステッチが採用されていますが、RS5のステッチは「ボディカラー同色」。
つまりこのRS5のボディカラーは「レッド」ということですね。

DSC06967

自発光式のスカッフプレートにプロジェクター式のドアカーテシーランプ。

DSC06966

エンジンカバーはカーボン。
エンジンは2.9リッターV6ツインターボ、450馬力。
このエンジンはポルシェによる設計で、これによって0-100キロ加速は3.9秒という俊足ぶりを発揮します。

なおプラットフォームはフォルクスワーゲン・アウディグループの上位モデルに採用される「MLB」で、駆動方式はハルデックスではない縦置きエンジン専用の「クワトロ」。

DSC06965

フロントやリアにもカーボンパーツ。
これはエンジンカバー共々パッケージオプションとして選択できるもので、80万円ほどの費用が必要、とのこと(インテリアにもカーボンパーツが追加される)。
なお車両本体価格は1257万円。

試乗イベントでは各車が出たり入ったりを繰り返しますが、RS3、RS5ともにエンジン始動時やアイドリング状態であっても凄まじい轟音を聞かせます。

DSC06963



こちらはアウディR8スパイダー。
5.2リッターV10をミドシップマウントするスーパースポーツです。
0-100キロ加速は3.6秒、最高時速は318キロ。

DSC07018

基本構造の多くをランボルギーニ・ウラカンと共有する車ですが、両者の雰囲気が大きく異なるのは面白いところ。
なおアウディR8スパイダーの価格は2618万円、とかなり高価な車でもありますね。

DSC07014

トップはオシャレなレッド。
ホイールはブラック、ブレーキキャリパーはレッドという、なんとも都会的なイメージのあるカラーコーディネート。

完全にぼくの個人的見解ではありますが、アウディR8に乗っているというだけで(その人の)IQが高そうに感じられます。

DSC07012

サイドブレードはカーボンファイバー製。

DSC07007

独特なリアセクション。
トップの開閉は20秒で完了します。

なおエンジンサウンドはかなり静か。
ほかの試乗車が最新のRSモデルばかりということで相対的にエキゾーストサウンドがおとなしく感じられましたが、アクセルを踏み込んだ時のサウンドは逆にもっとも「爆音」。

他の画像はFacebookのアルバム「アウディ・プレミアム・ラウンジ」に保存しています。

DSC07005

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->アウディ(Audi)
-, , , ,