■新型車情報/スパイフォト/噂など >マツダ(MAZDA)

マツダCX-30欧州スペックの画像、そしてエンジンラインアップが公開。その美しい姿を見てみよう

| 価格は公開されていないが、おそらくはCX-5に近い値付けになりそう | マツダが欧州仕様のCX-30についてスペック、そして画像を公開。CX-30はマツダ3に続く新世代商品第二弾という位置づけとなっており、CX-3とCX-5との中間といった設定。印象としてはCX-5のクーペ版というもので、プレミアム感の強い内外装を持っています。なお、CX-30のボディサイズは全長4,395ミリ、全幅1,795ミリ、全高1,540ミリ。CX-3は全長4,275ミリ、全幅1,765ミリ、全高1,550ミリ、そしてCX-5 ...

ReadMore

>ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE)

車内に暖炉!ルノーの斬新なコンセプトカー「ルノー・フォー・ロシア」を見てみよう

| ピュアEV、完全なる自動運転車 | CGアーティスト、 Artyom Trofimenko 氏がルノーの新型コンセプトカー、「RENAULT FOR RUSSIA」を発表。名称はそのまま「ロシアのためのルノー」となりますが、これはデザインコンペに出展された作品のようですね。そのスタイルは先進的で、外観から想像できるとおり「自動運転」を備え、パワートレーンは「フルエレクトリック」。 こちらもオススメ、関連投稿【動画】キー上で車両の情報確認や機能の操作を行える、日産GT-R向けの全面ディスプレイ採用「スマ ...

ReadMore

>VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) >その他ポルシェ関連/ニュース

まさかの公式!VWがかつての「ワーゲンバス」をEVにコンバートし公開。サスペンションはポルシェとの共同開発

| ホイールなどのデザインは「ボタニカル」 | フォルクスワーゲン・オブ・アメリカが「ワーゲンバス」ことフォルクスワーゲン・タイプ2をレストア。これは、フォルクスワーゲンの「エレクトロニクス・リサーチ・ラボラトリー」が名称を変更し「イノベーション・アンド・エンジニアリング・センター・カリフォルニア」として新たに出発することを記念したプロジェクトだそう。 こちらもオススメ、関連投稿VWがゴルフGTI最強モデル「TCR」の詳細画像を公開。専用エアロ、そしてクーリングやブレーキも強化され専用ボディカラーも196 ...

ReadMore

■近況について ■服や小物、時計、雑貨など

G-SHOCKにカーボンモデル続々発売!MUDMASTERにもカーボンケース&ベゼル採用のGG-B100が登場

| これにソーラーが内蔵されていれば「即買い」だったが | カシオが7月の新製品として、カーボンを使用した「MUDMASTER GG-B100」系を発売。カシオはこれまでも「強固、堅牢」な素材としてウレタン樹脂とメタルとケース素材に採用してきましたが、ここ最近は「第三の素材」としてカーボンを採用し、積極的に新製品を投入しています。今回発売されたGG-100系のカラーバリエーションは全3色で、価格はいずれも45,000円(税別)。ただしG-SHOCKの常として、すぐに価格が下がって「20%オフくらい」で買え ...

ReadMore

>ロータス(Lotus)

思ったより凄いの出た!ロータスが「世界最高出力」2000馬力のハイパーカー”エヴァイヤ”発表。日本には早くも9月8日に上陸予定

| 見た目は「クルマ」の形をしているが、中身はレーシングカーと考えたほうが良さそうだ | ロータスが先日よりティーザーキャンペーンを行っていたハイパーカー「Evija(エヴァイヤ)」を正式発表。ロータス初のEVそしてハイパーカーとなりますが、ざっと見ると「アストンマーティン・ヴァルキリー」なみのエクストリームな構造を持っており、一般的な「クルマ」の範囲を大きく超えた乗り物のようです。最近は先行するフェラーリやランボルギーニを追い上げるメーカーが新規/既存問わず多数登場しており、そしてアストンマーティンや今 ...

ReadMore

>アウディ(Audi) >ポルシェ911関連 >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど ■新型車情報/スパイフォト/噂など

次期アウディR8はない→一転し次期R8はV10エンジンで登場との報道。なぜそうなったのかを考える

| そこには様々な要素が複雑に絡み合っている | 次期アウディR8についてはその情報が交錯しており、「後継はない」「ピュアEVになる」等様々な話が出ています。そして今回はアウディスポーツのマネージングダイレクター、オリバー・ホフマン氏が英国Autocarに対し、「次期アウディR8はV10エンジン継続」と語ったと報じられています。

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMW「新型2シリーズ・グランクーペはFF」。じゃあ次期2シリーズクーペやM2は?「安心しろ。それらはFRだ」

| BMWのボディ形状や、シリーズ間での差異はますます難解に | BMWは先日、「FRからFFベースにスイッチした」新型1シリーズを公開しましたが、やはりFFベースとなる新型2シリーズ・グランクーペも発表間近、との報道。なお、現在2シリーズにラインナップされるのは「2シリーズ・クーペ」「2シリーズ・グランドツアラー」「2シリーズ・アクティブツアラー」「2シリーズ・カブリオレ」。

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等

【動画】新型スープラをトップギアがテスト!なんとランボルギーニ・ムルシエラゴ、フェラーリF430より速いタイムを記録する

| しかしながらターゲットとするポルシェ718ケイマンSには及ばず、それよりもテスラ・モデル3のほうが速いのには驚きだ | スティグが新型トヨタ・スープラのステアリングホイールを握り、トップギア・テストトラックを走行。トップギア・テストトラックは、文字通りトップギアが所有しているサーキットで、もともとは飛行場、そしてその後はロータスのテストコースであり、2002年以降は現在のようにトップギアが使用する、という形態に落ち着いています。全長は2.83kmで、カーブ数は「12」。直線とカーブとが連続しており、ブ ...

ReadMore

>マツダ(MAZDA)

マツダ「マツダ3のマツダスピード版を作るだけの技術は既にある。だがやらない」。しかしボクがマツスピ版を必要だと思うワケ

| ハイパフォーマンスカーはひとつの「夢」であり、「夢」を持たない自動車メーカーにはついて行けない | 近年のマツダに対する評価は非常に高く、とくにそのデザイン言語、内装のフィニッシュ、高い環境性能を持つエンジンについては国内外から称賛の声が上がるほど。ただ、その高い評価と販売とはシンクロしないようで、2019年3月期においては前期比で43.3%の減益を記録しています。ただ、これは2018年4月~2019年3月の数字なので、マツダ3はじめとする新しい世代の製品群へと切り替わるにつれ、その内容も評価に連動し ...

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity)

デザインがGT-Rっぽくなった新型日産スカイライン発表。伝統の丸4灯テールランプが復活し、スカイライン史上最強の「400R」も登場

| 日産はGT-Rのイメージ、スカイラインという資産を積極活用することにしたようだ | 日産が新型スカイラインを発表。キャッチコピーは「これが、未来だ。」。そして「未来」という言葉を採用しているとおり、最大のウリは日産の誇る先進運転支援技術の最新バージョン「プロパイロット2.0」の搭載。そしてこのプロパイロット2.0は「同一車線内でのハンズオフ」、つまりステアリングホイールから手を離すことが可能です。日産によると「プロパイロット 2.0は、高速道路の本線走行中、ドライバーが常に前方に注意して道路・交通・車 ...

ReadMore



>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■ニュース

ホンダ自ら所蔵するNSX-Rの動画を公開。走行、そして魅力的なエンジンサウンドを奏でる様子も

投稿日:2018/06/06 更新日:

| ホンダが自社にて所有するNSX-Rの動画を公開 |

ホンダ自身がもてぎに収蔵しているクルマ/バイクを紹介する動画シリーズ「収蔵車両走行ビデオ」ですが、これは文字通りそのクルマ/バイクの走行を動画にて披露するもの。
車両によってはその機能やパフォーマンスを示すためにエンジンをガンガンふかしてくれるというサービス精神満載の動画で、さらには文字による解説も行ってくれるという「参考になる」動画です。

なお、ホンダはいずれの車両も「動態保存」を行っており、定期的にクルマやバイクを点検のために走らせているとしており、その際に動画を撮影しているようですね。

現代のクルマでは再現不能なエンジンサウンド

今回は最新動画として2002年の「ホンダNSX-R」が公開され、そのサウンドを披露。
高回転時のサウンドは空冷ポルシェのようなシャープな音で、現代のクルマ、とりわけターボ車では望めないものに(現代のクルマは意図的に排気音を大きくしているのでエンジンサウンドがわからないものの、NSX-Rはエンジンの作動する機械的な音がわかる)。
NSX-RはⅢ型NSXに設定されたハードコアモデルで、「タイプR」扱い。
なお、最初にタイプRが設定されたのはⅠ型NSXで、このときは「NSX-R」ではなく「NSX Type R」と命名されていますが、なぜⅢ型では「NSX R」となったのかは不明です。

ホンダは創業からこれまでの名車を自社コンテンツ内にて公開しており、こちらも楽しめる内容に。

それでは動画を見てみよう

ホンダNSX-Rは重量1270キロ、出力280キロ。
徹底した軽量化に加えて固められた足回りという「定石」に則ったスパルタンモデルですね。
0-100キロ加速は4.4秒、とされています。

こちらが貴重なNSX-Rが走行する動画、「Honda Collection Hall 収蔵車両走行ビデオ NSX-R(2002年)」。

NSX最終「Ⅲ型」、「Honda Collection Hall 収蔵車両走行ビデオ Honda NSX(2001年)」。

インテグラ・タイプRを紹介する「Honda Collection Hall 収蔵車両走行ビデオ Integra Type R(2001年)」。

バイクも多数公開されていて、こちらは「Honda Collection Hall 収蔵車両走行ビデオ NSR150SP(1996年)」。

ホンダは2輪と4輪両方を製造するメーカーですが、そのため「ストリーム」「ビート」「インテグラ」「トゥデイ」も2輪と4輪両方に存在していますね。
なお、「ビート」にはV-TECのような「V-TACS」機構が装備され、専用ペダルを踏むことでハイパワー化する、という珍しいもの。
詳しくはこの動画、「Honda Collection Hall 収蔵車両走行ビデオ BEAT(1983年)」にて。

そしてこれもエポックメイキングなスクーター、「Honda Collection Hall 収蔵車両走行ビデオ Zook(1990年)」。

関連投稿

ホンダNSX / NSX-Type R / 後期NSXを動画で比較。レビューを公開

スクリーンショット 2015-11-23 10.09.28のコピー

初代ホンダ(アキュラ)NSXが登場してはや15年ですが、XCARがNSX、NSXタイプR、後期型NSXを比較。

登場時は日本においても相当な衝撃で、当時ではずば抜けた価格設定(800万円)やオールアルミボディ、ポルシェやフェラーリと対等に渡り合えるパフォーマンスという点でもバブルの象徴のような車でもあったと思います。

それは海外においても同じだったようで、当時のテストではフェラーリ348やポルシェ911よりも優れる、という評価がなされた模様。

ぼくもかなりの衝撃を受けたクチで、発表当初はとうてい手の届かない車でしたが、後期型になると就職してしばらく経過していたので「10年ローンくらいだったらなんとかなるか」と考え、NSX Type S-Zeroの購入を真剣に考えたものです。

結局はポルシェ・ボクスターを購入することになりましたが、これはボクスターの場合「残価設定ローン」「低金利」が使用できたために月々の支払いがNSXにくらべて半分以下になったことが影響しており(かつホンダでローンを組むと異常に金利が高い、しかし銀行などのローンでは金額が大きすぎて通らなかった)、もし当時NSXにも残価設定ローンがあればNSXを購入していた可能性もあったわけです。
※正確に言うとNSXは試乗の結果思っていたような車ではなく、登場からしばらく経過していたこともあってちょっと古さも感じられ、けしてローンだけの問題ではなかったわけですが

なお現在中古ではなんと275万円から購入することが可能で、新車でトヨタ86やマツダ・ロードスターを購入する資金があればNSXの中古が楽に購入できる、ということになります。
かつ売却時においてもここから相場が大きく下がるとは考えにくく、やはりトヨタ86、マツダ・ロードスターの新車にくらべて(売り買い通して考えると)有利かもしれません。
ただ、税金や車検、その他補修費用などがかかることはまちがいなく、しかし短期間の所有であればお買い得かもですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

| レクサスLFAの相場はちょっと下降気味? | ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。6000万円くらいを記録していた時期もありますが、それが ...

4

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

5

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

6

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

7

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

8

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が50 ...

9

高額な腕時計(どれくらいから”高額”なのかは人によって意見が分かれるのでここではあえて触れない)をしていると周囲の反応が変わる、ということはよく聞きますよね。 レストランやホテルでの待遇が良くなったと ...

10

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが1 ...

->ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA), ■ニュース
-, , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.