ad-728





>レンジローバー/ランドローバー(RangeRover) ■ニュース

カーン・デザインがレンジローバースポーツをカスタム。オレンジアクセントにオーバーフェンダー

2018/10/11

| カーン・デザインがレンジローバースポーツSVRのカスタムカーを公開 |

カーン・デザイン(Kahn Design)がレンジローバースポーツSVRをカスタムし、「レンジローバースポーツSVRペースカー」として公開。

外観だとフロントグリルやフロントバンパーの交換に、オーバーフェンダー、ルーフスポイラー、リアディフューザーの装着、ローダウンにホイール交換といったカスタム内容となっていますが、オレンジのアクセントがひとつの特徴となっていますね。

なおホイールサイズは23インチ×9.5J、タイヤサイズは305/30、とのこと。

内外装にはオレンジのアクセント

ボディパーツはABSポリマーとカーボンファイバー製。
このレンジローバースポーツのボディカラーはコリス・グレー、そしてルーフはブラック。
エアベントとドアミラーもブラックですね。

Kahn-design-rangerover-sport (2)

サイドから見てみると、かなりローダウンされ、かつフロント下がりなこともわかります。

Kahn-design-rangerover-sport (1)

インテリアはブラックを基調にオレンジレザーへと張り替え。
ステンレス製のキックプレート、そしてペダルも装着されているようです。

最近はSUVといえどもスポーティーなカスタムがなされることが多く、こういった「オレンジ」などビビッドなカラーを使用したカスタムも多く見られるように思います。

Kahn-design-rangerover-sport (4)

エンジンはノーマルのままで5リッターV8スーパーチャージド、550馬力。
なお、カーン・デザインは約1400万円でこの車体を販売している、とのこと。

カーン・デザインはアグレッシブなデザインが得意なチューナー

なお、カーン・デザインはチューナーとしては「古参」の部類。
レンジローバー/ランドローバーに強く、ほぼ全モデルのカスタム・プログラムを用意するほか、アウディ、マセラティ、ベントレー、フェラーリ、ランボルギーニ、メルセデス・ベンツ、ロールスロイス、アストンマーティンといったハイエンド系を得意としています。

完全に車体の構造を変えてしまうようなハードなカスタムも得意ですね(そう考えると、チューナーというよりはコーチビルダーと表現したほうがよさそう)。

え?これがランドローバー・ディフェンダー?カーン・デザインがG63 AMG 6x6風のカスタムカーを公開

なお、最近はSUVに力を入れており、ディフェンダーやベントレー・ベンテイガのほか、ジープ・ラングラーのカスタムでも知られます。
そしてそのカスタムの内容もマットカラーなど、他とは一味違う内容が自慢のようですね。

カーン・デザインがベントレー・ベンテイガをカスタム。内外装全部ブラックの「ル・マン・エディション」

アストンマーティンだとこんな感じ。
とにかくエキゾチックなカスタムが多く、その顧客は「かなりな富裕層」であることもわかります(スイスやモナコに住んでいる人が多そう)。

カーンによるアストンマーティンDB9「ヴェンジェンス」。”復讐”という意味を持つ過激カスタム

VIA:Kahn Design

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->レンジローバー/ランドローバー(RangeRover), ■ニュース
-, , , , ,