>ポルシェ911関連 >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >フェラーリ(Ferrari) >マクラーレン(McLaren) >ロールスロイス(Rolls-Royce) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど ■ニュース

【動画】やっぱりドバイは凄かった。中古ディーラーにアヴェンタドールSVJが3台、911GT2RSが2台、そのほかにもレアカーが所狭しと並ぶの図

| これはまたドバイに行ってくる必要がありそうだ | ドバイというとスーパーカーやハイパーカーで溢れているといった印象があり、実際に訪れてみた印象だと「まさにそのとおり」。一体どうなってんのドバイというほどですが、今回はユーチューバー、B CHOWN氏がドバイ最大と言われるエキゾチックカーディーラーのショールームを紹介しています。このディーラーとはVIPモータースUAE(VIP Motors UAE)で、スーパーカーディーラー、エキゾチックカーディーラーが多く並ぶシェイク・ザイード・ロードに面しているよう ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >その他ポルシェ関連/ニュース

ポルシェが作ったメルセデス500EをさらにAMGがチューンした「E60 AMG」なるクルマが存在した!そのうちの一台が2000万円で販売中

| 信じられないが、1990年台はじめにポルシェはメルセデス・ベンツ500Eというクルマを生産していた | メルセデス・ベンツ500Eは「ポルシェが設計・製造したメルセデス・ベンツEクラスのハイパフォーマンス版」として知られますが、その500EをベースにAMG(当時はまだメルセデス・ベンツの傘下ではない独立チューナー)がカスタムした「E60 AMG」なるレアモデルが存在した模様。なお、このE60 MAGについて正確な生産量は記録になく、「100台から150台位」と言われているようですね。※500Eは10, ...

ReadMore

■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) >ランボルギーニ・ウルス関連 ■近況について ■ニュース

【動画】ランボルギーニ・ウルスを悪路でドリフト走行!起伏や波状路、30度以上のバンクに挑戦してきた

| ランボルギーニ・テストドライブ・プラスに行ってきた(2) | さて、ランボルギーニ・ウルスの豪華試乗イベント「ランボルギーニ・ドライブ・プラス」第二弾(第三弾までを予定)。前回は元F1ドライバーである高木虎之介氏のレクチャーのもと、ランボルギーニ・ウルスを走らせる様子をお届けしましたが、今回は「オフロード編」。開催場所となった名阪スポーツランドにはバイク用のオフロードコースがありますが、そのコースを改修し、今回ウルスの試乗に適した形状へと整えてのチャレンジです。 関連投稿【動画】高木虎之介の運転でラン ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 >ベントレー(Bentley) >日産/インフィニティ(Infinity) >マツダ(MAZDA)

マッドマックスに出てきそうだ!日産S14シルビアをオフローダーにカスタムした車両が登場

| ネット上での初見は2016年らしい。意外と有名? | 日産シルビア(S14)をオフローダー風、かつピックアップトラックに改造したクルマが画像掲示板Redditに登場。 いったいどういった経緯でシルビアがピックアップトラックになってしまったのかは不明ですが、この個体はかつて2016年に一度、売りに出されたことがあるようです。 こちらもオススメ、関連投稿海の向こうでは大人気!RX-7、GT-Rはじめマツダ、日産の「もしも」系レンダリング13連発マツダRX-7の変遷を動画で見てみよう。FBからFDまででパワ ...

ReadMore

>フォード(FORD) >その他アメリカ車 >ミニ(MINI)

ミニが米にて「学割」に加え「軍人割」が適用される限定モデルを投入。75万円ぶんのオプションが無料に

| 職業対象の「限定」モデルはかなり珍しい | 昨年、ミニは「学生と新卒専用」としてミニ・オックスフォード・エディションを北米で発売していますが(75万円くらいのオプションが無料でついてくる)、今回はそのオックスフォード・エディションにつき、「軍人も買えるようになった」とアナウンス。なお、対象となる軍人は「現役軍人」「12ヶ月以上在籍した退役軍人」で、所属部署に制限はない模様。※学生の場合は現役のほか、12ヶ月以内の卒業生も対象 こちらもオススメ、関連投稿ミニが「学生」「新卒のみ」に購入資格を制限した、割 ...

ReadMore

■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) >ランボルギーニ・ウルス関連 ■近況について ■ニュース

【動画】高木虎之介の運転でランボルギーニ・ウルスをサーキット試乗!「ランボルギーニ・テストドライブ・プラス」へ行く(1)

| これまでに無く中身の濃いイベントで、まさに感謝しかない | さて、ランボルギーニ・ウルスをサーキットや特設オフロードコースで試乗するという豪華なイベント、「Lamborghini TEST DIVE PLUS」へ。場所は名阪スポーツランドにて開催され、ここはカートやミニバイク、そしてモタードや二輪用コース、四輪用としてジムカーナやドリフトコースのほか、モトクロスコースも揃う総合モータースポーツ施設です。 こちらもオススメ、関連投稿【試乗:ロールスロイス・カリナン】お金で買える最高の満足がここにある。” ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >中国/香港/台湾の自動車メーカー

メルセデス・ベンツの株が中国企業に買い占められる危機?提携相手の北京汽車がダイムラー株5%を買い進めているとの報道

| 上場している自動車メーカーは常に同様の危機にさらされている | 現在、メルセデス・ベンツは中国において 北京汽車(BAIC)、比亜迪汽車(BYD)というパートナーと提携済み。中国では(外国企業が)提携できるパートナーは2社までと決められているので、メルセデス・ベンツは「枠」を使い切っていることになりますが、ここでややこしいのが、メルセデス・ベンツの筆頭株主が(パートナー会社以外の第三者である)「吉利汽車」CEO、李書福氏である、ということ。つまり2つのパートナー以外、さらに言えばそれらの競争相手とも言 ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >ランボルギーニ・ウルス関連

ランボルギーニ本社筋「ウルスのハードコアモデルを開発中」。2年以内に登場するとされるも、その詳細は全く不明

| まさか2シーター化されるようなことはないと思うが | カーメディア「Motor Trend」のライター、ジョニー・リバーマン氏が自身のインスタグラムにて語ったところでは、「ランボルギーニ・ウルスのハイパフォーマンスバージョンはすでに開発途中にある」とのこと。同氏はこの情報を「ランボルギーニの上級役職者から聞いた」としており、二年以内に発売されるだろう、と述べています。

ReadMore

■近況について ■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

こんなモノを買った。「オヴァディア&サンズとポーターとのコラボリュック」。吉田カバンのパーツにOVADIAならではのデザイン性がプラス

| 残念ながら日本未入荷 | オヴァディア&サンズ(OVADIA & SONS)とポーター(PORTER/吉田カバン)とのコラボリュックを購入。オバディア&サンズはちょっと聞き慣れないブランドだと思いますが、ニューヨークにて2010年に設立。スーツ、スポーツウェア、シューズ、アクセサリーなど様々な製品が揃い、基本的にはアメリカ生産にこだわるものの、一部製品はイタリアや日本へと発注しています。 ちなみに「サンズ」とあるので「親子でやってるブランド」というイメージもありますが、実際にブランドを運営する ...

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMW「我々はMTとRWDを捨てない。大きなモデルは4WDを採用するが、コンパクトなモデルにはRWDを残す。その理由はこうだ」

| 今後BMWのMモデルはグレード含めると異常な数にまで増えそうだ | BMWは現在「AT+4WD(xDrive)」へとシフト中。以前にBMWは「M3は軽量シンプルであるべきで、4WDは採用しない」と語っていたものの、おそらく新型M3には4WDが採用されそう。トランスミッションについても「MTやDCTはトルコンATに対して優位性を持たない」としてトルコンATを積極的にスポーツモデルへと採用しています。 次期BMW M3には「ピュア」「ベース」「コンペティション」3グレード設定とのウワサ。出力、駆動方式にも ...

ReadMore



>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニ・ウラカン関連 >ランボルギーニ・ウラカンのバリエーション ■ニュース

新型ランボルギーニ「ウラカンEVO」発表!640馬力、加速はフェラーリ488GTB以上、価格は2984万円

投稿日:

出力はまさかの640馬力へ、0-100キロ加速はフェラーリ488GTBを超え、マクラーレン720Sと同等に

ランボルギーニ・ウラカンのフェイスリフト(マイナーチェンジ)モデル、「ウラカン・エヴォ(Huracan Evo)」が発表に。
すでにランボルギーニ・ジャパンのサイトでもコンテンツがオープンしています。

出力はなんとウラカン・ペルフォルマンテと同じ640馬力、0-100キロ加速は価格は 2.9秒。
この数字はフェラーリ488GTBの3.0秒よりも早く(488ピスタは2.85秒)、マクラーレン720Sの2.9秒と同じもの。
なお29,843,274円(税込みだと32,230,735円)という設定です。

大きな特徴としては下記の通り。

  • 出力が640馬力へ(エンジンは5.2リッターV10自然吸気)
  • 0-100km/h加速は3.2秒から2.9秒へ
  • 新デザインの外装を採用
  • 新デザインのホイール「Aesir(20インチ)」を採用
  • イメージカラーのArancio Xantoほか、新ボディカラー採用
  • インテリアには8.4インチタッチスクリーン「HMI」装備
  • ドライビングダイナミクス集中管理システム「LDVI」装備
  • ダウンフォースはウラカンの5倍
  • 後輪ステアリング「LAWS」装備

ランボルギーニ・ウラカンEVOはこう変わった

内外装ともに大きくリフレッシュされ、魅力と戦闘力が増したウラカンEVO。ここでその内容を見てみましょう。※まだ「どこまでが標準装備」で、どこからが「オプション」なのか不明な部分もある

huracan-evo (7)

外観は最新のランボルギーニ・デザインに

ランボルギーニ・ウラカンEVOのルックスはデザイナーの交代によって最新のデザイン言語に。
これまでの「六角形(ハニカム)」主体のもの方「Y」をより強調し、そして台形を取り入れたデザインが用いられるていることがわかります。

evo5

この「台形」はアヴェンタドールS、ウラカン・ペルフォルマンテにも採用されていて、今後ランボルギーニでは主流になるのでしょうね。

ウラカンEVOでは、前後バンパーにこの台形が採り入れられています。

Huracán EVO は、大きな成功を収めたランボルギーニV10の進化版です。それは性能&デザインという点で新しいソリューション開発を目指し、既存の特性とパフォーマンスの改善と統合のプロセスを経た成果です。さらに、ランボルギーニDNAと調和するドライバーの操作を予測し、その意図を汲み取ることができる能力がこのクルマを特別なものにしています。

なお、内装に用いられる「ハニカム」はかつてのコンセプトカーであるランボルギーニ・マルツァル、サイドステップのエアインテークはミウラへのオマージュと思われます。

この画像を見ると、ガレージの中にミウラが潜んでいて(ランボルギーニはけっこう粋なことをする)、ウラカンとミウラとの隠れた関連性を示しているかのように感じられますね。

huracan-evo (2)

サイドから見ると、ウラカンEVOのテールエンドが「跳ね上がっている」ことも確認可能。

フロントバンパーやサイドステップのアンダーにはブラックのパーツが装着され、これはおそらく空力改善の効果が主目的だと思われるものの、見た目の質感が高くなり、車体がより低く見えるようです。

huracan-evo (4)

そして上から見ると、テールが延長されていることが一目瞭然。

huracan-evo (5)

Huracán EVO のデザインは本来のアイコニックなフォルムと比率を変えることなく、ランボルギーニ特有のデザインを忠実に守りつつ、より洗練された空力ソリューションを導入した自然なデザインになっています。
特徴的なY型スタイルのフロントバンパー、カウンタッチにインスパイアされたフードのカッティング・デザイン、ムルシエラゴを彷彿とさせるサイドスカートのエアインテーク、そしてランボルギーニ・シリーズの高性能モデルに由来するリア中央に配されたハイポジション・エキゾースト。 
これらのディテールに加えて、20インチ Aesir 新ホイールと、Arancio Xanto を始めとする Ad Personam 新ボディカラーが用意されています。
過去を忘却せず、未来を見据えて進化した形です。

evo2

そしてもっとも大きな変化はリアセクションで、全体的に「上に」向かったデザインへ。
リアスポイラーが持ち上げられたのに呼応するようにリアバンパー中央も台形デザインによって上に向かい、エキゾーストパイプも高い位置に。

これによってリアディフューザーも大型化し、これらが「ウラカンの5倍」とされるダウンフォースを獲得しているのでしょうね(パワーは増強されたものの、最高速度は325km/hと”変化がない”のはダウンフォースが強くなったためと思われる)。

huracan-evo (3)

ホイールは新しい「Aesir」となりますが、これはホイール中央から外周までの「直線」を最大限に取って強調するデザインを持ち、一回り以上も大きく見えるように感じます。

なお、この画像だとリアディフューザー下部が「ボディ同色」となっており、ここはオプションにて変更できる部分だと思われます(オプション編は後に公開予定)。

huracan-evo (2)

ウラカンEVOのインテリアも一気に「現代水準」へ

そしてウラカンEVOのインテリアのおける最大の特徴は、センターコンソールに設置された8.4インチディスプレイ。
ヒューマンマシンインターフェース=HMIとして説明がなされており、ここでオーディオ、照明、設定、カーナビ等の操作ができるようです(これまでのウラカンは、この部分にあった物理スイッチ操作し、スイッチ単独もしくは、そのスイッチ操作とメーター内表示との組み合わせによって各種設定を行っていた)。

なお、これによってセンターコンソール上部にあった「小さな液晶ディスプレイ」はなくなっている模様。

huracan-evo (6)

Huracán EVO の進化したデザインはその内装にもしっかりと反映されています。 コックピットのセンタートンネルには8.4インチの最先端タッチスクリーン・システムが備わり、タッチするだけで車両機能やエンターテインメント機能の操作が可能です。正統イタリアン・デザインに裏打ちされた内装の仕上げには、最高級の素材が採用されています。レザーカバーにはアルカンターラのほか、画期的なランボルギーニ特殊なカーボンファイバー素材である Carbon Skin® が初めて登場します。これら全てのディテールが、他にはない洗練された体験を車に乗る人に与えてくれます。

新デバイス「LDVI」は機能面でのハイライト

ウラカンEVOにおける、走行性能面でのハイライトがおそらくこの「LDVI(
Lamborghini Dinamica Veicolo Integrata/ランボルギーニ・ディナミカ・ヴェイコロ・インテグラータ) 」。

huracan-evo (6)

慣性プラットフォームと後輪ステアリングが新機能になりますが、これに従来からの4輪トルクベクタリング、ダイナミックステアリング、マグネライドを統合するシステムのようですね。

なお、ランボルギーニはメーター内の表示や、こういった機能の名称について「意図的に」イタリア語を採用しており、非常に覚えにくいことが特徴でもあります(そこがまたエキゾチックなのですが)。

huracan-evo (1)

Huracán EVO の性能を最大限に発揮させるべく、ドライビング・ダイナミクスを制御する全てのシステムに改善が図られるとともに、新技術も導入されています。Lamborghini Piattaforma Inerziale(LPI:ランボルギーニ・ピアッタフォルマ・イネルツィアーレ)(ランボルギーニ慣性プラットフォーム)が、車両の挙動を正確にリアルタイムで提供します。垂直方向の車両ダイナミクスは磁気レオロジー・サスペンション(LMS)により制御され、横方向の車両ダイナミクスはステアリング・システムにより制御されます。ステアリング・システムでは、トラクション・コントロールと一体となり縦方向のダイナミクスを決定するトルク・ベクタリングと2軸間の常時トルク配分(AWD)を利用して、Lamborghini Dynamic Steering(LDS:ランボルギーニ・ダイナミック・ステアリング)と Lamborghini All-wheel Steering(LAWS:ランボルギーニ・オールホイール・ステアリング)が四輪を制御します。そして、これら全てのシステムを統制するのが Lamborghini Dinamica Veicolo Integrata(LDVI:ランボルギーニ・ディナミカ・ヴェイコロ・インテグラータ)です。これはドライバーの意志を理解し、求められる車両の挙動に置き換えることができるコントローラです。同じカテゴリー内で唯一無二のドライビング・エモーションがここにあります。

以上が「ウラカンEVO」の特徴ですが、逆に変わらないのはトランスミッションや4WDシステム本体、ステアリング関係、サスペンション、ボディサイズ(ちょっとだけ変わっている)、最高速、タイヤ/ホイールサイズ、重量など。※もちろん数値に表れない部分での改良があると思う

追ってウラカンEVOの詳細、レビューについてはランボルギーニからの公表があると思われますが、それらについては機会を改めて紹介したいと思います。

VIA:Lamborghini

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

こちらもどうぞ。人気記事

1

高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、基本的に考えることは同じだと思います。 ただ、経験則上からぼく ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。 6000万円くらいを記録していた時期もありますがそれが4500万円くらい(新車価格と同じくらい)になり、 ...

4

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

5

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

6

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

7

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

8

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。 たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が5 ...

9

高額な腕時計(どれくらいから”高額”なのかは人によって意見が分かれるのでここではあえて触れない)をしていると周囲の反応が変わる、ということはよく聞きますよね。 レストランやホテルでの待遇が良くなったと ...

10

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。 その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが ...

->ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど, >ランボルギーニ・ウラカン関連, >ランボルギーニ・ウラカンのバリエーション, ■ニュース
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.