>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >韓国の自動車メーカー

米にて自動車ブランド別満足度調査結果。レクサスは安定の1位、韓国勢は下位に沈む。一方で欧州勢がランキングを上げ、日本車を脅かす位置にまで上昇

| 日本のメーカーはモバイルアプリ系に弱く、アメリカ人の求める基準に達していないようだ | アメリカン・カスタマー・サティスファクション・インデックス(ACSI)による、自動車メーカーの満足度調査が公表され、予想通りレクサスがトップに。なお、他社の調査ではヒュンダイやキアが上位に来るケースが見られますがlACSIの調査結果だとけっこう下に位置しており、この内容のほうが「自分の感覚に近い」と考えています。ここで、今回の内容についてその詳細を見てみましょう。 こちらもオススメ、関連投稿米調査「購入段階での顧客 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 ■ニュース

【動画】マットオレンジにグロスブラック!カラーを絞り「光沢」のコントラストで勝負したランボルギーニ・アヴェンタドール

| このカラーのアヴェンタドールSVJはじはじめて見た | 様々なボディカラーが存在するランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ。ネット上を見る限り、アクセント等も含めて「二台として同じボディカラーの個体はないんじゃないか」というほどですが、今回もまた、これまでに見たことがないカラーリングのアヴェンタドールSVJが登場。紹介するのはおなじみカナダのランボルギーニディーラーにてセールスパーソンを務めるヘザー・ボーレンタインさん。 こちらもオススメ、関連投稿ランボルギーニ大阪/神戸新サービス工場へ。限定ムルシエ ...

ReadMore

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等

1台売って900万円の利益?ランボルギーニは大きく成長し、会社の評価額は今や2015年のフェラーリと同じ。上場すれば1兆2000億円の株式総額となり、上場検討中と報じられる

| ちょっと前までアウディから「売り飛ばすぞ」と言われていたのがウソのようだ | ランボルギーニはウルス発売以降、その販売台数を異常なまでに伸ばしていますが、ブルームバーグによると、そのおかげで企業の評価額が1兆2000億円相当にまで上昇した、とのこと。加えて今後ハイブリッドカー等の新型車が追加されれば、その利益率は30%程度まで改善され、フェラーリに並ぶ超高収益体制になる、とも指摘されています。ちなみにランボルギーニはちょっと前まで、フォルクスワーゲングループにとって「売却対象」のブランドであったと言わ ...

ReadMore

>ロールスロイス(Rolls-Royce)

ロールスロイスが米富豪向けに「フロリダのオレンジ」をイメージしたカリナンを発表。外装オレンジ、内装ホワイト

| 気軽には乗れない、「カーペットまでホワイト」 | ロールスロイスが、ワンオフにてカスタムされたカリナンを公開。これはペブルビーチにてお披露目されたもので、カーコレクターであるマイケル・フックス氏へと納車されるクルマだそう。ボディカラーはマイケル・フックス氏の指定による「フックス・オレンジ」で、会場ではロールスロイスCEO、トルステン・ミュラー・エトヴェシュ氏ミ自らがアンヴェールしたと伝えられており、それだけマイケル・フックス氏が重要な人物であることがわかります。 こちらもオススメ、関連投稿【試乗:ロー ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

発売されれば大ヒット?トヨタTjクルーザーが12月より予約開始、2020年に発売とのウワサ

| 一方、先行発売されると言われる北米のトヨタディーラー「何も聞いてない」 | ベストカーによれば、「Tjクルーザーの発売が確実」とのこと。記事では「当面は北米専用」「エンジンは2リッターと1.8リッターハイブリッド」「12月から予約開始」としており、国内投入はC-HRの販売がもう少し落ちた後に行うのでは、と見ています。なお、既報の通りC-HRの販売は下落傾向にあり、数ヶ月前にホンダ・ヴェゼルに逆転されることに。この理由はいくつかあると思われますが、ひとつは「デザインが斬新だったので飽きられやすかった」。 ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

新型Cクラスの内装スパイフォト。メルセデス・ベンツはインフォテイメントシステムの普及で従来の「重厚で優雅な」デザインを維持できなくなる?

| これはボクの求めるメルセデス・ベンツじゃない | 新型メルセデス・ベンツCクラスのプロトタイプが目撃に。これまでも新型メルセデス・ベンツCクラスは何度かそのテスト風景が捉えられていますが、今回のトピックは「インテリア」の克明な画像が撮影されたこと。これを見るに、そのインテリアは大きく変わり、デジタル式のメインメーターに加え、センターコンソールには巨大な液晶パネルも確認できますね。なお、現行Cクラスは2014年に登場しており、現行メルセデス・ベンツのラインナップとしては「比較的古い」部類。設計自体も旧世 ...

ReadMore

■近況について ■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

カーボン✕チタン!軽量で視認性に優れる腕時計、G-SHOCK GWR-B1000(グラビティマスター)を買ってみた

| 見た目の「カーボン柄」、チタン製プッシュボタンが満足感を加速させる | さて、かねてより購入を考えていたカシオの腕時計、G-SHOCK”GWR-B1000-1A1JF”を購入。これはベゼルにエクスポーズドカーボン、本体ケースにカーボン混入樹脂、ボタン類にチタンを使用したという、クルマ好きになんとも受けそうな一本。さらには「タフソーラー」「電波(マルチバンド6)」採用ということでバッテリー交換や時刻合わせが不要なのもいいですね。 こちらもオススメ、関連投稿今度は「オーデマピゲ」っぽいG-SHOCKが登場 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・ウラカン関連 ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

【動画】なんとランボルギーニ・ウラカンを「MT化」した連中があらわれた!廃車のウラカンを購入してきて「理想のウラカン」を作り上げる

| これだけの技術、設備があれば「思い通りの」クルマができそうだ | なんとランボルギーニ・ウラカンのトランスミッションを「マニュアル」へとコンバートしたショップが登場。これはアメリカのB is for Buildで、以前にも「廃車となった日産GT-Rを格安で購入してきて再生した」ショップ。そして今回のウラカンも「ジャンク」を格安で仕込み、それに「自分たちが思ったようなカスタムを盛り込んで」仕上げよう、ということでプロジェクトが進行中。 【動画】ユーチューバー、アメリカで最も安い日産R35 GT-Rを買う ...

ReadMore

>VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)

フォルクスワーゲンが70万台に及ぶ”超”大規模リコールを北米で実施、「駐車状態でなくともキーが抜け、勝手にクルマが動くことがある」

| 70万台のリコールは相当に規模が大きい | フォルクスワーゲンが、米国にてなんと679,027台という、70万台に迫る規模のリコールを発表。日本ではつい最近、年間販売台数の3.6倍に当たる17万台のリコールを実施していますが、この数が霞んでしまうほどの「超大規模リコール」だと言えそうです。 VWが3.6年分の販売台数に相当する17万台規模のリコール実施。ゴルフは5.7万台、ポロは5万台が対象となり「最悪の場合は走行不能」 こちらもオススメ、関連投稿VWがゴルフGTI最強モデル「TCR」の詳細画像を公開 ...

ReadMore

■このサイトについて >シボレー(CHEVROLET) >フォード(FORD) >その他アメリカ車

止まらぬカマロの販売減少にGMが喝!なんと「マスタングから買い換えるなら27万円値引きする」というプロモーションを大々的に展開

| そこまで苦しいのかシボレー・カマロ | とにかく下げ止まらないシボレー・カマロの販売低下ですが、シボレーは値下げしたり、フェイスリフトを行ったり、という手段を講じています。それでもフォード・マスタングやダッジ・チャレンジャーといったライバルに差をつけられることになり、今回シボレーが打ち出したのが「マスタングからの乗り換えなら、2500ドル(約27万円)を値引きする」という政策。これは全米規模で展開され、その期間は2019年9月3日まで。期間としては短いようにも思えるものの、おそらくですが、まずは「お試 ...

ReadMore



>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニ・ウラカン関連 >ランボルギーニ・ウラカンのバリエーション ■ニュース

新型ランボルギーニ「ウラカンEVO」発表!640馬力、加速はフェラーリ488GTB以上、価格は2984万円

投稿日:

出力はまさかの640馬力へ、0-100キロ加速はフェラーリ488GTBを超え、マクラーレン720Sと同等に

ランボルギーニ・ウラカンのフェイスリフト(マイナーチェンジ)モデル、「ウラカン・エヴォ(Huracan Evo)」が発表に。
すでにランボルギーニ・ジャパンのサイトでもコンテンツがオープンしています。

出力はなんとウラカン・ペルフォルマンテと同じ640馬力、0-100キロ加速は価格は 2.9秒。
この数字はフェラーリ488GTBの3.0秒よりも早く(488ピスタは2.85秒)、マクラーレン720Sの2.9秒と同じもの。
なお29,843,274円(税込みだと32,230,735円)という設定です。

大きな特徴としては下記の通り。

  • 出力が640馬力へ(エンジンは5.2リッターV10自然吸気)
  • 0-100km/h加速は3.2秒から2.9秒へ
  • 新デザインの外装を採用
  • 新デザインのホイール「Aesir(20インチ)」を採用
  • イメージカラーのArancio Xantoほか、新ボディカラー採用
  • インテリアには8.4インチタッチスクリーン「HMI」装備
  • ドライビングダイナミクス集中管理システム「LDVI」装備
  • ダウンフォースはウラカンの5倍
  • 後輪ステアリング「LAWS」装備

ランボルギーニ・ウラカンEVOはこう変わった

内外装ともに大きくリフレッシュされ、魅力と戦闘力が増したウラカンEVO。ここでその内容を見てみましょう。※まだ「どこまでが標準装備」で、どこからが「オプション」なのか不明な部分もある

huracan-evo (7)

外観は最新のランボルギーニ・デザインに

ランボルギーニ・ウラカンEVOのルックスはデザイナーの交代によって最新のデザイン言語に。
これまでの「六角形(ハニカム)」主体のもの方「Y」をより強調し、そして台形を取り入れたデザインが用いられるていることがわかります。

evo5

この「台形」はアヴェンタドールS、ウラカン・ペルフォルマンテにも採用されていて、今後ランボルギーニでは主流になるのでしょうね。

ウラカンEVOでは、前後バンパーにこの台形が採り入れられています。

Huracán EVO は、大きな成功を収めたランボルギーニV10の進化版です。それは性能&デザインという点で新しいソリューション開発を目指し、既存の特性とパフォーマンスの改善と統合のプロセスを経た成果です。さらに、ランボルギーニDNAと調和するドライバーの操作を予測し、その意図を汲み取ることができる能力がこのクルマを特別なものにしています。

なお、内装に用いられる「ハニカム」はかつてのコンセプトカーであるランボルギーニ・マルツァル、サイドステップのエアインテークはミウラへのオマージュと思われます。

この画像を見ると、ガレージの中にミウラが潜んでいて(ランボルギーニはけっこう粋なことをする)、ウラカンとミウラとの隠れた関連性を示しているかのように感じられますね。

huracan-evo (2)

サイドから見ると、ウラカンEVOのテールエンドが「跳ね上がっている」ことも確認可能。

フロントバンパーやサイドステップのアンダーにはブラックのパーツが装着され、これはおそらく空力改善の効果が主目的だと思われるものの、見た目の質感が高くなり、車体がより低く見えるようです。

huracan-evo (4)

そして上から見ると、テールが延長されていることが一目瞭然。

huracan-evo (5)

Huracán EVO のデザインは本来のアイコニックなフォルムと比率を変えることなく、ランボルギーニ特有のデザインを忠実に守りつつ、より洗練された空力ソリューションを導入した自然なデザインになっています。
特徴的なY型スタイルのフロントバンパー、カウンタッチにインスパイアされたフードのカッティング・デザイン、ムルシエラゴを彷彿とさせるサイドスカートのエアインテーク、そしてランボルギーニ・シリーズの高性能モデルに由来するリア中央に配されたハイポジション・エキゾースト。 
これらのディテールに加えて、20インチ Aesir 新ホイールと、Arancio Xanto を始めとする Ad Personam 新ボディカラーが用意されています。
過去を忘却せず、未来を見据えて進化した形です。

evo2

そしてもっとも大きな変化はリアセクションで、全体的に「上に」向かったデザインへ。
リアスポイラーが持ち上げられたのに呼応するようにリアバンパー中央も台形デザインによって上に向かい、エキゾーストパイプも高い位置に。

これによってリアディフューザーも大型化し、これらが「ウラカンの5倍」とされるダウンフォースを獲得しているのでしょうね(パワーは増強されたものの、最高速度は325km/hと”変化がない”のはダウンフォースが強くなったためと思われる)。

huracan-evo (3)

ホイールは新しい「Aesir」となりますが、これはホイール中央から外周までの「直線」を最大限に取って強調するデザインを持ち、一回り以上も大きく見えるように感じます。

なお、この画像だとリアディフューザー下部が「ボディ同色」となっており、ここはオプションにて変更できる部分だと思われます(オプション編は後に公開予定)。

huracan-evo (2)

ウラカンEVOのインテリアも一気に「現代水準」へ

そしてウラカンEVOのインテリアのおける最大の特徴は、センターコンソールに設置された8.4インチディスプレイ。
ヒューマンマシンインターフェース=HMIとして説明がなされており、ここでオーディオ、照明、設定、カーナビ等の操作ができるようです(これまでのウラカンは、この部分にあった物理スイッチ操作し、スイッチ単独もしくは、そのスイッチ操作とメーター内表示との組み合わせによって各種設定を行っていた)。

なお、これによってセンターコンソール上部にあった「小さな液晶ディスプレイ」はなくなっている模様。

huracan-evo (6)

Huracán EVO の進化したデザインはその内装にもしっかりと反映されています。 コックピットのセンタートンネルには8.4インチの最先端タッチスクリーン・システムが備わり、タッチするだけで車両機能やエンターテインメント機能の操作が可能です。正統イタリアン・デザインに裏打ちされた内装の仕上げには、最高級の素材が採用されています。レザーカバーにはアルカンターラのほか、画期的なランボルギーニ特殊なカーボンファイバー素材である Carbon Skin® が初めて登場します。これら全てのディテールが、他にはない洗練された体験を車に乗る人に与えてくれます。

新デバイス「LDVI」は機能面でのハイライト

ウラカンEVOにおける、走行性能面でのハイライトがおそらくこの「LDVI(
Lamborghini Dinamica Veicolo Integrata/ランボルギーニ・ディナミカ・ヴェイコロ・インテグラータ) 」。

huracan-evo (6)

慣性プラットフォームと後輪ステアリングが新機能になりますが、これに従来からの4輪トルクベクタリング、ダイナミックステアリング、マグネライドを統合するシステムのようですね。

なお、ランボルギーニはメーター内の表示や、こういった機能の名称について「意図的に」イタリア語を採用しており、非常に覚えにくいことが特徴でもあります(そこがまたエキゾチックなのですが)。

huracan-evo (1)

Huracán EVO の性能を最大限に発揮させるべく、ドライビング・ダイナミクスを制御する全てのシステムに改善が図られるとともに、新技術も導入されています。Lamborghini Piattaforma Inerziale(LPI:ランボルギーニ・ピアッタフォルマ・イネルツィアーレ)(ランボルギーニ慣性プラットフォーム)が、車両の挙動を正確にリアルタイムで提供します。垂直方向の車両ダイナミクスは磁気レオロジー・サスペンション(LMS)により制御され、横方向の車両ダイナミクスはステアリング・システムにより制御されます。ステアリング・システムでは、トラクション・コントロールと一体となり縦方向のダイナミクスを決定するトルク・ベクタリングと2軸間の常時トルク配分(AWD)を利用して、Lamborghini Dynamic Steering(LDS:ランボルギーニ・ダイナミック・ステアリング)と Lamborghini All-wheel Steering(LAWS:ランボルギーニ・オールホイール・ステアリング)が四輪を制御します。そして、これら全てのシステムを統制するのが Lamborghini Dinamica Veicolo Integrata(LDVI:ランボルギーニ・ディナミカ・ヴェイコロ・インテグラータ)です。これはドライバーの意志を理解し、求められる車両の挙動に置き換えることができるコントローラです。同じカテゴリー内で唯一無二のドライビング・エモーションがここにあります。

以上が「ウラカンEVO」の特徴ですが、逆に変わらないのはトランスミッションや4WDシステム本体、ステアリング関係、サスペンション、ボディサイズ(ちょっとだけ変わっている)、最高速、タイヤ/ホイールサイズ、重量など。※もちろん数値に表れない部分での改良があると思う

追ってウラカンEVOの詳細、レビューについてはランボルギーニからの公表があると思われますが、それらについては機会を改めて紹介したいと思います。

VIA:Lamborghini

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

| レクサスLFAの相場はちょっと下降気味? | ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。6000万円くらいを記録していた時期もありますが、それが ...

4

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

5

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

6

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

7

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

8

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が50 ...

9

高額な腕時計(どれくらいから”高額”なのかは人によって意見が分かれるのでここではあえて触れない)をしていると周囲の反応が変わる、ということはよく聞きますよね。 レストランやホテルでの待遇が良くなったと ...

10

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが1 ...

->ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど, >ランボルギーニ・ウラカン関連, >ランボルギーニ・ウラカンのバリエーション, ■ニュース
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.