>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

CG職人がいい仕事をした。新型スープラがオープンになるとこうなる、というレンダリング

トヨタは間違いなく新型スープラにオープンモデルを設定したいと考えているはずだが 新型車が発表されると必ず出てくる、「もしも」系レンダリング。今回もおなじみのX-TOMI DESIGNが「スープラ・コンバーチブル(カブリオレ)」のCG発表一番乗りとなっていますが、なかなかに完成度の高い作品となっており、オフィシャルフォトといっても通用しそう。そしてこの後も続々と同様のレンダリングが登場し、中には「タルガ(エアロトップ)」「ワゴン」「トラック」「オフローダー」といったレンダリングが登場するのは想像に難くないと ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

【動画】”世界最速の女性”が教える、メルセデス・ベンツGクラスで「水の中を渡るにはこうする」3つのポイント

この3つを理解しておけば無事に水中を走行可能 様々なメディアに登場し、極限下でのドライブテクニックを披露することで知られる、”4輪を走らせると世界最速の女性”ジェシー・コムズさんがメルセデス・ベンツGクラスにて「簡単に水の中を走る3つの方法」を公開。使用するのは新型メルセデス・ベンツGクラスで、実際にこれでザブザブと水中を走ってみようということですね。 こちらもオススメ、関連投稿【動画】キー上で車両の情報確認や機能の操作を行える、日産GT-R向けの全面ディスプレイ採用「スマートキー・コンセプト」登場ありそ ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >韓国の自動車メーカー ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

BMWとノースフェイスとのコラボ、キャンパーコンセプトが公開。世界で最も進んだ”布”を使った、「テントとクルマの融合」

ただし誰がどういったシーンで使用するのかは謎 BMWがアウトドアブランド、ノースフェース(ザ・ノース・フェイス/THE NORTH FACE)とコラボした「キャンパーコンセプト」を発表。これはラスベガスで開催中の家電見本市「CES」で発表されたもので、なぜ家電のショーで発表されたかというと「素材に”物質”と”デジタル”」とを融合したから(説明を見てもよくわからない)。 こちらもオススメ、関連投稿【動画】キー上で車両の情報確認や機能の操作を行える、日産GT-R向けの全面ディスプレイ採用「スマートキー・コンセ ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

とても純正とは思えない!チューンドカー並の派手なエアロを持つレクサスRC F”パフォーマンスパッケージ”発表

トヨタはときどきこういった派手なクルマを出す会社でもあった すっかり話題はスープラ一色となってしまったデトロイト・モーターショーですが、その影でトヨタは新型レクサスRC Fを公開。もちろんこれはフェイスリフト後の新型RCをベースにしたハイパフォーマンス版ですが、標準モデルのRC Fに加え、カーボン製パーツやセラミックブレーキ、チタンマフラー等を装備する「パフォーマンス・パッケージ(Performance Package)」もあわせて発表しています。 左がRC F パフォーマンスパッケージ、右が通常のRC ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

あの人気ユーチューバーも早速注文!新型トヨタGRスープラのレビュー続々登場。リアハッチ開口部はボディ剛性確保のためかなり狭いつくりに

やはり細かいところは動画でないと伝わりにくい さて、発表されたばかりの新型トヨタ・スープラですが、国内外から動画レビューが続々登場。このタイミングでの公開ということは、事前に各メディア向けには発表が行われ、1/14の「解禁」にあわせて一斉にアップが始まった、ということになりそうです。 こちらもオススメ、関連投稿新型トヨタ・スープラの試乗レポート初登場!「室内に流れるエンジンサウンドはフェイク」「ブレーキには改善余地がある」【動画】レクサスUXの試乗レビュー到着!「レクサスUXは売れる要素を備え、ライバルよ ...

ReadMore

>スバル(SUBARU) ■ニュース

スバルが北米限定「S209」発表。WRX STIベースでSTI史上最高の341馬力、オーバーフェンダーで殴り込み

北米市場専用なのが残念。日本での発売も期待 スバルが予告していたとおり、デトロイトモーターショーにて「SUBARU WRX STI S209」を発表。これまでの「S207」「S208」同様、スバル・テクニカ・インターナショナルがエンジンやシャシーをチューンしたもので、ドライブトレーン、そして内外装含めた特別仕様となっています(スバルの北米法人による”なんちゃって”ではなく、ちゃんとSTIが手を入れたクルマだと思われる)。 こちらもオススメ、関連投稿スバルが東京モーターショー詳細を公開。「S208/BRZ ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >ランボルギーニ・ウラカン関連

【動画】一般人が偶然ランボルギーニ・ウラカンEVOスパイダーに遭遇し、初めて走行状態を捉える。そのリヤの迫力は想像以上

今までのどんなスパイフォト/動画よりも鮮明 ランボルギーニはつい先日ウラカンのフェイスリフトモデル、「ウラカンEVO」を発表していますが、今回早くも「ウラカンEVOスパイダー」のプロトタイプが目撃に。過去にも一度スパイフォトが公開されているものの、「動画」としての走行状態が捕らえられたのは今回が初めてです。なお、動画を撮影したのはプロのスパイフォトグラファーではなく、偶然これを目撃した「一般の人」。 新型ランボルギーニ「ウラカンEVO」発表!640馬力、加速はフェラーリ488GTB以上、価格は2984万円 ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

欧州仕様の新型スープラも発表!ベースグレードでも鍛造ホイール、ハイパフォーマンスブレーキ装着。90台のみの「マットカラー」限定モデルも登場

欧州仕様のスープラは走りに一切の妥協はない デトロイト・モーターショーにて発表されたA90世代の新型スープラですが、北米仕様に続き「欧州スペック」が公開に。現時点で北米ではその限定台数に言及していないものの、欧州仕様のスープラは初年度につき「年間900台」に供給が制限される、と公式発表がなされています。加えて、初回限定モデルとして、90台限定の「スープラA90エディション(Supra A90 Edition )」の発売もアナウンスされており、こうなると日本市場向けの価格や詳細についても発表が待たれるところ ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

新型トヨタGRスープラの北米仕様は6気筒のみ。初回限定モデル「ローンチエディション」はこんな装備を持っている

トヨタは各国向けに限定モデルを用意する? トヨタは新型GRスープラを発表したばかりですが、その0-100キロ加速は「4.3秒」とトヨタ車史上最速。なお、日本の自動車メーカーが0-100km/h加速を公開することは非常に稀で、それだけトヨタは今回の新型スープラに自信がある、ということなのでしょうね。現在のところ日本での発売時期は「春」とだけ発表され、その詳細や価格は不明ですが、北米では「3.0」「3.0プレミアム」「ローンチエディション(限定)」の3つとなり、日本で導入される「2リッター4気筒」は販売されな ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

マスターテストドライバーは豊田章男社長!新型トヨタ・スープラは「自信を持ってお届けできる」

新型トヨタ・スープラの加速性能はポルシェ718ケイマンSをも上回る トヨタがデトロイト・モーターショーにて、17年ぶりとなるA90新型スープラを発表。今回公開されたスープラはBMW外共同開発となり、「BMW Z4」とシャシーを共有することが一つの特徴ですが、トヨタいわく「直6」「FR」といういずれの世代のスープラにも通じる特徴を軸に、「ホイールベース」「トレッド」「重心高」の3つにこだわり、ピュアスポーツカーにふさわしいハンドリング性能を実現した、とのこと。 さらに新型スープラの開発主任、 多田哲哉氏は ...

ReadMore



■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 ■その他自動車関連ニュース・ネタなど ■駄文(日々考えること) ■ニュース

2019年新成人が欲しい車は「アクア」。あこがれの車1位も例年通り「BMW」なるも、上位にポルシェ、フェラーリ、ランボルギーニが入る。若者の間に「上昇志向」が発生していると考えるその理由

投稿日:

近年の若者はこれまでの世代に比べ、稼ぐことと消費することに貪欲だ

毎年恒例、ソニー損保による「新成人のカーライフ意識調査」結果が公開に(統計の結果はこちら)。

ここでやはり気になるのは「欲しいクルマ」「あこがれのクルマ」。
後に詳細を述べますが、「欲しいクルマの1位はアクア」で、これは実際に2018年の新車登録ランキング2位(1位はノート)だったので、まずまず順当と言えるもの。

なお、「アクア」は2017年、2018年のアンケートにおいても”欲しいクルマ”1位を獲得しています。

そして「あこがれのクルマ」の1位であるBMWはについても、様々なアンケートにて常に首位を取ることでも知られていますね。

もし自分が新成人だったらどう答えていただろう

そして、ぼくが新成人だったどう答えるだろうな、とふと考えるわけです。

ぼくが新成人の頃はとにかくお金がなくて、乗っていたのは14万円で購入した中古のトヨタ・レビン(信じられないかもしれないが、当時は86レビンがこの価格で買えた。補修歴ありの過走行車だったけど)。

その後就職しても新車など「夢のまた夢」と考えていて、輸入車に至っては「いったいどんな金持ちが買うんだろうな」と考えていたので、たぶんぼくが新成人の頃にこのアンケートに答えるとしたら、「欲しいクルマ」はやっぱりアクア、いやちょっとヒネってキューブくらい。

「あこがれのクルマ」については、当時のぼくにとってメルセデス・ベンツやBMWは「雲上」ブランドだったので、せいぜい夢見て(無理だろうけど)「レクサス」あたりだったんだろうな、という感じ。

なお、その頃ランボルギーニやフェラーリというと完全に異世界レベルで、「犯罪者か地主くらいしか乗れないんじゃないか」と考えていたほど。

それがなぜかランボルギーニやポルシェに乗れる身になってしまったので、人生とはまことに不思議なものです。

ちなみに今では「BMW」については「まあ買えるレベル」と認識していますが、今でも「メルセデス・ベンツ」については「どこの金持ちが買うんだろうな」と考えているのは変わりがありません。

実際のところ、今までメルセデス・ベンツを購入できる額のクルマを何台か購入しているものの、それでもぼくの中では当時の「メルセデス・ベンツ」の雲上っぷりがハンパなく、今でも「手が届かないブランド」だという気持ちがあります(きっと”手が届かない”と刷り込まれているのだと思う)。

それはともかくとして、バブル期を経験したぼくですら、「BMWやメルセデス・ベンツは手が届かない」と考えていて、それを考えると現代の若者一般が「クルマなんて買えない」と考えるのも無理はない話。

ただ、なんとかすればなんとかなるもので、つまり買おうと思えば(どんなに高額なクルマでも)意外と買えたりするのですが、若者はそもそも「高額な買い物をしたことがないので」買い方自体を知らないというか、「お金をつかうこと」自体に抵抗感というか戸惑いがあるのかもしれません。

新成人の意識調査結果を見てみよう

前置きが長くなりましたが、新成人の意識調査結果。
順を追って見てゆきましょう。

20歳のうちに欲しいクルマのトップは男女ともに「アクア」

まず「20歳のうちに購入したいクルマ」、男性/女性ではこんな感じ。
正直、ぼくが新成人のころ、アクアと同じ金額のクルマすら買える気がしなかったので、アクアであっても買おうと考える人がいるというのはむしろ「頼もしい」と考えています。

男性女性
1位トヨタ・アクア トヨタ・アクア
2位日産ノート 日産ノート
3位トヨタ・プリウス日産キューブ
4位フォルクスワーゲンスズキ・ラパン
5位BMW フォルクスワーゲン
6位 トヨタ・ヴィッツ (BMWと同位)日産マーチ
7位 日産キューブ トヨタ・パッソ
8位 ホンダ・フィット (キューブと同位) レクサス
9位 レクサス スズキ・ハスラー
10位SUBARUインプレッサBMW

将来欲しいクルマはこうなっている

こちらは20歳のうちではなく、「いつかは欲しい」クルマ。
20歳の新成人が答えたにしてはけっこう野心的な内容だと考えていて、けっこう高額なクルマが上位にあるのは嬉しい限りですね。

1位BMW(1/3シリーズなど)
2位レクサス(LX/NXなど)
3位メルセデス・ベンツ(Aクラス/Cクラスなど
4位フォルクスワーゲン(ゴルフ/ポロなど)
5位ポルシェ(911カレラ/マカンなど)
6位トヨタ・アクア
7位フェラーリ(カリフォルニア、ラ・フェラーリなど)
8位ランボルギーニ(アヴェンタドール、ウルスなど)
9位日産GT-R
10位トヨタ・プリウス
11位アウディ(A1/A3など)
12位日産ノート
13位トヨタ・クラウン
14位トヨタ・ヴェルファイア
15位ミニ(MINI ONE/MINI COOPERなど)

たぶん若い世代ほど野心に溢れている

なお、ぼくが思うのは、現在の新成人およびその周辺世代はけっこう野心に溢れていて、上昇志向が強いんじゃないか、ということ。

つまりデジタルネイティブとも言える世代ですが、小さい頃からオンラインゲームでの装備の売買や、その後はメルカリ/ヤフオク!などでの転売、仮想通貨への投資、Youtubeなどで「お金を稼ぐ」方法をよく知っていて、実際に身の回りにそういった人がいたり、ネット上でのセレブやお金持ちに憧れる人が(他の世代に比べて)多いんじゃないかと考えています。

そういった人々はお金を稼ぐことやつかうことに対して罪悪感を感じておらず、バンバン稼いでバンバン消費することを一番に考えている、という雰囲気も感じられますね。

実際にハイブランドのショップに行っても、お客は「バブル経験層(のオッサンかオバハン)か、20歳前後の若者(後者の勢いには本当に驚かされる)」しか客はいなくて、その間はつまり「バブルが弾けた後、望みが持てなかった世代」だと考えられ、つまり”高望みしない”層なのかも。

そういった世代はお金を稼ぐこと、お金を使うことにあまり関心が持てず(これは当時世間がそういった雰囲気だったのでかわいそうな部分ではありますが)、かつお金を稼ぐ方法も(実は稼げるのだということも)知らず、高額消費そのものに価値を見いだせないのでしょうね。

そういった世代(20代後半~30代後半?)は「クルマがステータスシンボルだった時代はもう終わった」と冷ややかですが、20歳前後になると逆に「(西海岸のラッパーばりに)儲けてフェラーリを買う!」という人が多く、明らかに世代間で差があるように思います。

よって、もし若い世代からビジネス界のカリスマや、ドカンと稼ぐユーチューバーがたくさん出てくれば、もっと雰囲気が変わり、より若い人々がお金を稼ごうと思うようになって(お金は”稼げる”と思うようになる)、皆が稼いだお金を思いっきり使うようになるんだろうな、とも考えています。

VIA:ソニー損保

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



-■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等, ■その他自動車関連ニュース・ネタなど, ■駄文(日々考えること), ■ニュース
-, , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.