>アウディ(Audi) >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

トヨタが合計13.7万台のリコール届け出。「ハイブリッドシステムに充電できずシステム破損」「豪雨があるとエンジンに浸水しエンジン破損」

| アウディもブレーキ、プログラム、燃料ラインの問題でリコール届け出 | トヨタが珍しく、ハイブリッド関連についてリコールを届け出。同じハイブリッドでも不具合の種類は2つあり、ひとつは「ハイブリッドシステムが破損して走行不能」、もうひとつは「エンジン破損」。前者はアクア、カローラアクシオ、シエンタ、ヴィッツが対象になって19,618台が影響し、後者はシエンタのみが対象となり137,016台が対象に。ここでその内容を見てみましょう。 こちらもオススメ、関連投稿意外と出てくるのが遅かったな。「スープラ・シュー ...

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMWが新型X7(1079万円~、7シリーズ(1090万円~)、X3M/X4M(1268万円~)を発表。7シリーズの最上位モデルは2523万円

| 最近のBMWは強気の価格設定を行うことが多いようだ | BMWが一気に新型7シリーズ、X7、X3M/X4Mを国内にて発表。これまでの例からすると国内発表のタイミングはかなり早いと思いますが、ここでそれぞれの内容を見てみましょう。まずは完全なるブランニューモデル「X7」ですが、こちらは「X7 xDrive35d(10,790,000円)「、」7 xDrive35dデザイン・ピュア・エクセレンス(12,060,000円)「」7 xDrive35d M Sport(12,420,000円)「MW X7 M5 ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 >その他ポルシェ関連/ニュース

「ポルシェに抜かれたことでポルシェに興味を持った」コレクターの所蔵品350点が競売に。世界有数と言われるその内容を見てみよう

| ”世界有数”と言われるのはその車両だけではなかった | オークションハウス、RMサザビーズが「これまでにない」規模のポルシェコレクションを競売に出品する、と発表。これは車両30台を含む350点にも及ぶ壮大なもので、中には上の画像の「ポルシェ356リムジン」といった珍品も。ただし全体的にはポルシェ愛が溢れんばかりの内容であり、ここでその一部を紹介したいと思います。 こちらもオススメ、関連投稿【動画】ボクの持ってるミニカーよりも多い。およそ「コレクションすべき」クルマをほぼすべて集めたであろう中東のガレー ...

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMW「ヴィジョンMネクスト」発表!600馬力のPHEV、そして”BMW「ターボ””M1”を強く意識したデザインを持つスーパーカー

| 内容を見ると実現可能な要素が多そうだ | BMWが、先日「アートな画像」によって予告した「ヴィジョン M ネクスト(Vision M Next)を正式発表。これは「デザイン」「先進技術」「自動運転」「コネクティビティ」「エレクトリック化」という分野における、”Mモデルの未来”を示したもの。BMWのデザイン部門を統括するアドリアン・ファン・ホーイドンク氏によると、「ヴィジョン iNextは、我々の生活を自動運転がどう変えるかを提示したクルマであったが、今回のヴィジョン M ネクストでは、先端技術によって ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

トヨタ・スープラが「4ドアクーペ」になったら?そういえば国産メーカーには4ドアクーペが無いようだ

| 反面、欧州車には4ドアクーペはけっこう多い | トヨタ・スープラの「4ドア版」レンダリングが登場。意外とありそうでなかったレンダリングですが、作成された画像を見ると妙にしっくり馴染んでいますね。なお、トヨタはこれまで「4ドアクーペ」を発売していないものの、欧州だとアウディA5スポーツバックやBMW 4シリーズ・グランクーペ、メルセデスAMG GT 4ドアクーペといったクルマが存在しています。 こちらもオススメ、関連投稿意外と出てくるのが遅かったな。「スープラ・シューティングブレーク」のレンダリングがよ ...

ReadMore

>その他ポルシェ関連/ニュース

【動画】え?ポルシェが中国向けに1.1リッター、FFの大衆車を提案したことが?「ポルシェC88」はこんなクルマ

| ポルシェが中国政府からの要望を受け、試作車を製作するもその後プロジェクトはキャンセルに | 「え?ポルシェがこんなコンセプトカーを?」思わずそう言いたくなるほど奇妙なデザインを持つのが「ポルシェC88」。1994年に北京で公開された、1.1リッター4気筒(48-68馬力)、4速ATを持ち、前輪駆動そして0-100キロ加速は16秒、最高速度は時速161キロという、当時の技術からしても「かなり低い」スペックを持つポルシェです。 こちらもオススメ、関連投稿【動画】キー上で車両の情報確認や機能の操作を行える、 ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

【動画】レクサスが格好良い名前を持つ「ブレードスキャンLEDヘッドライト」を新型RXに装備。その機能と動作を見てみよう

| LEDヘッドライトの進化は”レーザーライト”をも不要にしてしまった | レクサスは先日「RX」の2020年モデルを発表し、今回はそれに採用される新型「ブレードスキャン・アダプティブLEDヘッドライト」の機能を解説する動画を公開。名前からして何やらすごそうなヘッドライトですが、マトリクスLEDヘッドライトを更に進化させたような機能を持つ模様。ここでその内容を見てみましょう。 新型レクサスRXが発表。外装では「前後のデザイン的つながりを重視」し、内装では「インターフェースとコネクティビティ強化」 こちらも ...

ReadMore

>スウェーデンの自動車メーカー ■新型車情報/スパイフォト/噂など >中国/香港/台湾の自動車メーカー >ロータス(Lotus)

ロータスのSUV試作車がはじめて目撃。親会社である吉利汽車の車体を流用してテスト中

| 吉利汽車、ボルボと兄弟車となり、中国生産になるのは間違いなさそうだ | ロータスの新型SUVと見られるプロトタイプが走行テストを開始。ちなみに外観はロータスの親会社、吉利汽車傘下のブランド「Lynk&Co.」から発売しているSUV、”01”そのものですが、これがロータスの新型SUVだと言われているのは、目撃された場所がロータス本社所在地、ヘセル付近だから。なお、こちはらぼくが中国で見てきたLynk&Co."02"。 今一番中国でイケてる車、「Lynk&Co 02」がコイツだ!意 ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >レンジローバー/ランドローバー(RangeRover)

新型ランドローバー・ディフェンダーのメーター画像がリーク!メーター内にあるグラフィックからそのデザインが判明することに

| このデザインで「確定」だと考えて良さそうだ | 新型ランドローバー・ディフェンダーのメーターパネルを捉えた画像が登場。よく撮影できたなという画像ですが、メーターそのものは液晶であること、そしてスピードメーターとタコメーターとの中間には新型ディフェンダーの画像が表示されていることがわかります。そしてこのグラフィックを見るに「レンジローバーそっくり」という印象も。

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

メルセデスAMG GT R ブラックシリーズの試作車がニュルを走行中。「フロントエンジン車」最速記録達成なるか

| ニュル上位に入ろうと思うとミドシップもしくはリアエンジン、4WDでないと難しい | 久々にニュルブルクリンクにて目撃されたメルセデスAMG GT Rブラックシリーズのプロトタイプ。メルセデスAMGのボス、トビアス・メアース氏が「2019年に入れば、実際にプロトタイプが走行を始める。ひと目見ればそれとわかるはずだ」と予告したとおり、積極的にニュルブルクリンクを走る様子、そして明らかにほかのクルマと異なるとわかる姿が頻繁に目撃されるように。

ReadMore



>スバル(SUBARU) ■ニュース

新型SUBARUレガシィ発表!新プラットフォーム、新エンジン、高級な内装を得てアメリカ市場を徹底攻略

投稿日:

新型レガシィはフラッグシップにふさわしい進化を遂げた

スバルがかねてより予告していた新型レガシィをシカゴ・オートショーにて発表。

スバルによると「デビュー30周年を迎え、大幅進化した」とのことで、今回のモデルチェンジの骨子は「2.4リッター水平対向ターボエンジン採用」「SUBARU GLOBAL PLATFORM採用」「初採用11.6インチディスプレイ装備の上質なインテリア」「総合安全思想に基づく安全性能」「たくましいエクステリアデザイン」。

ちなみに下の画像は現行レガシィB4。
たしかに新型レガシィはたくましく、かつ躍動感を感じさせるようですね。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 50957397_2132794893433054_4383653959730987008_n.jpg です

なお、今年で発表30周年を迎える日本車というと、「ホンダNSX」「マツダ・ロードスター」があり、両者とも大々的にキャンペーンを行っていますね(レクサスLS、R32-GT-Rも30周年)。

新型レガシィのコンセプトはこうなっている

以下はスバルの掲げる新型レガシィのコンセプト。
全般的に安心や安定というところを押し出しているようです。

1989年に初代が誕生した「レガシィ」は、今回のフルモデルチェンジで7代目を迎えるSUBARUのフラッグシップセダンです。クルマを通じて新たなライフスタイルや人生の愉しみ方を提案することで、乗る人の生活を更に豊かにする。30年の歴史を積み重ねる中で、歴代「レガシィ」はそうして乗る人の信頼を獲得し、「生活に寄り添うクルマ」としての価値を提供し続けてきました。7代目となる新型「レガシィ」でもこの価値は色濃く受け継がれるとともに、「自由な行動を約束してくれる安心感のあるセダン」というコンセプトのもと、更なる進化を遂げています。

VIA:SUBARU
画像に含まれている可能性があるもの:車

新型レガシィのデザインは「たくましさ」を強調

エクステリアデザインについては、スバルの推し進める「DYNAMIC x SOLID」を採用し、躍動感、厚み、たくましさを強調。

デザイン要素としては「フレームレスヘキサゴングリル」「逆Cシェイプ・フォグランプベゼル」「勢い位のあるウインドウグラフィック」「ドアパネルの厚み感」「新形状のドアミラー」が新しいところ。

写真の説明はありません。

ボディサイズは全長4840ミリ、全幅1840ミリ、全高1500ミリ、ホイールベースは2750ミリ。
なお現行モデル(レガシィB4)のボディサイズは全長4800ミリ、全幅1840ミリ、全高1500 ミリ、ホイールベース2750ミリなので、サイズで言えば「4センチ長くなった」ということに。

運動性能、快適性を当時に向上

新型レガシィに用意されるエンジンは2.4リッター水平対向直噴ターボ(260馬力)と2.5リッター水平対向エンジン(182馬力)の2種。

新型レガシィには、すでにインプレッサやXVに採用されて定評のあるスバル・グローバル・プラットフォームを採用し、高いステアリングレスポンス、優れた乗り心地、高い静粛性を実現した、としています。

写真の説明はありません。

このスバル・グローバル・プラットフォームに加え、「骨格を組み立てた後にアウターパネルを溶接する」フルインナーフレーム構造を初めて採用したとのこと。
さらに足回りには軽量なアルミ製ロアアームを採用しており、つまり「強固なボディに、よく動く足回り」を持つということに。

駆動方式はもちろん、スバル得意のシンメトリカルAWD(”4WD”はオフロードのイメージがあるとしてスバルは4WDという呼称を使用しない)。
アクティブトルクベクタリングによる安定感のある走りが自慢です。

新型レガシィは室内空間も大きく改善

新型レガシィのインテリアにおける特徴は11.6型フルHD縦型ディスプレイ。
操作方法はスマートフォン同様で、直感的に操作でき、もちろんアップル・カープレイ、アンドロイドオートにも対応。

写真の説明はありません。

デザイン的には「開放感」「素材感」を重要視したようで、ドアパネルからダッシュボードまで連続するラインを与えることで”伸びやかさ”、上質な素材や、その下にパッドを入れることで”厚み”を表現。

フロントグラスについては、前、両サイド両方に拡大することで「クラストップの視界を実現」としています。

画像に含まれている可能性があるもの:座ってる(複数の人)

今回、「スバルのフラッグシップ」にふさわしい上級グレード”ツーリング(米国仕様”が設定され、タンカラーのナッパレザーシートがスバルにとって「初採用」に。
さらにシートにはベンチレーション、座面の前後長調整機能がプラスされているようですね。

新型レガシィでは全長が拡大していますが、その拡大ぶんは後席スペースに充てられることになり、後部座席の居住性が向上。
同時にリアトランクも拡大され、「スーツケースが4個入る」とのこと。

写真の説明はありません。

そして室内空間をすばやく温める「PHCヒーター(2.4リッターのみ)」の採用もトピック。

全体的に見ると、「アメリカ市場にフォーカスしてきたな」という印象が強く、というのも「快適性」「静粛性」について大きく向上させているから。
アメリカ市場では硬い乗り心地やノイズ、バイブレーションを嫌い、とことん滑らかで静かな乗り心地を重視し、加えて明るく開放的な室内空間、よく効くエアコンを好むため。

画像に含まれている可能性があるもの:座ってる(複数の人)

ただ、日本でも同様の傾向は見られるため、新型レガシィは日米両方の試乗にて、高い評価を受けることになりそうです。

新型レガシィは引き続き高い安全性を誇る

さすがに自動ブレーキをいち早く導入したスバルらしく、新型レガシィでは安全性も充実。

「視界」は非常に重視したポイントのようで、上述の通りフロントグラスの拡大、そしてピラー形状の最適化によって得た視界、液晶パネルによるインターフェース改善など、「運転以外」の安全性にも配慮したことがわかります。

写真の説明はありません。

そのほか「アイサイト」は当然として、アイサイト作動を知らせる「アイサイトモニター」、居眠りや脇見運転を検知する「ドライバーモニタリングシステム」「後退時自動ブレーキ」「後側方警戒支援システム」といったものもあるようですね。

さらに万が一のクラッシュに備えて乗員保護性能の強化、高張力鋼板の使用にて衝突安全性能を強化するなど、「走る前」「走っているとき」「もしもの事故」という、考えうるすべての状況での安全性を向上させていることがわかります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

| レクサスLFAの相場はちょっと下降気味? | ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。6000万円くらいを記録していた時期もありますが、それが ...

4

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

5

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

6

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

7

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

8

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が50 ...

9

高額な腕時計(どれくらいから”高額”なのかは人によって意見が分かれるのでここではあえて触れない)をしていると周囲の反応が変わる、ということはよく聞きますよね。 レストランやホテルでの待遇が良くなったと ...

10

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが1 ...

->スバル(SUBARU), ■ニュース
-, , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.