>ブガッティ(BUGATTI)

ブガッティが最新限定モデル「110 Ans Edition」20台を発売。創立110周年記年、とことんフレンチな仕様が自慢

投稿日:

随所に見られる「フレンチ仕様」

ブガッティがシロンに新たなるバリエーションを追加。
これはブガッティ創立110年を記念した20台のみの限定モデルで、ベースはハードコアな「シロン・スポーツ」。※最初の自動車を送り出したのは1907年ですが、会社としての設立は1909年

その名もズバリ「シロンスポーツ110 Ans エディション」ですが、「Ans」はフランス語で「年」。

シロンスポーツ110Ans エディションのボディカラーはマット仕上げの「スティールブルー」

シロンスポーツのボディはヴィジブル(エクスポーズド)カーボンとなっており、これに「マットクリアブルー」を上塗りとして使用した”スティールブルー”をボディカラーに採用。
多くのシロンは「ツートンカラー」なので、こういった「モノカラー」は新鮮に映りますね。

画像に含まれている可能性があるもの:車

そしてホイールはノクターンマットブラック、ブレーキキャリパーとセンターキャップはフレンチレーシングブルー、ドアミラーとリアウイング裏面にはフレンチトリコロール。

写真の説明はありません。

ボディ全体は「マット」仕上げではあるものの、テールエンドなど一部は「グロス」仕上げとなっているようですね。

写真の説明はありません。

そしてフレンチトリコロール部もグロス(光沢)仕上げ。

写真の説明はありません。

グリルサラウンドもダーク調、しかもマット仕上げに。

写真の説明はありません。

リアの「EB」エンブレムもマット仕上げ。
もちろん「EB」とはブガッティ設立者、エットーレ・ブガッティのイニシャルですね。

写真の説明はありません。

給油口キャップは「110ANS BUGATTI」とエンボス加工されたスペシャルバージョン。

写真の説明はありません。

テールパイプもダーク仕上げ。
パイプのエンド部にはリング状の段差が設けられ、かつ金属の質感を残した仕上げを持つという芸術性の高い仕上げです。

シロンスポーツ110Ans エディションのインテリアも「フレンチブルー」

シロンスポーツ110Ans エディションのインテリアもやはりフレンチブルーが使用され、組み合わされるカラーはディープブルー。
シートベルトもブルーですね。

写真の説明はありません。

シートにはフレンチトリコロールが刺繍が入り、ヘッドレストにも「110ANS BUGATTI」の刺繍入り。

写真の説明はありません。

ブガッティはそのブランドのコアバリューを「パワーと芸術との融合」と定めていますが、まさにそのパワー、そして芸術的なデザインそしてクラフトマンシップが融合された一台だと言えそう。

ブガッティもまた、ロールスロイス同様に「買える人は限られていて、しかし買える人は何台も購入する」タイプのクルマであり、すでにシロンを保有している人であってもこういった限定モデルを「コレクション用として」購入するのかもしれません。

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->ブガッティ(BUGATTI)
-, , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.