●ポルシェ718ケイマン(982) ■近況について ■ニュース

ポルシェ718ケイマンのナンバープレート台座、キーカバーをボディカラー同色にペイントしてみた

投稿日:2019/07/23 更新日:

| ボディカラー同色スプレーは武藤ホルト(Holts)にオーダーメードにて作ってもらった |

さて、ポルシェ718ケイマンのナンバープレートベースを塗装。
この部分はもともと樹脂製で、シボ(ブツブツ)のある樹脂むき出しの黒いパーツ。

そしてこのパーツは(おそらく)日本のナンバープレート装着のために日本側で用意されたものだと思われ、よって718ケイマンの他の部分に採用される樹脂パーツとは質感や制度かなり異なり、それがずっと気になっていたわけですね。

このナンバープレート台座は比較的かんたんに塗装できる

この樹脂パーツは「まずナンバープレートを外し」、その後に見えてくるビス4本を外すとフロントバンパーから簡単に外れます。

そこから塗装に入りますが、この樹脂パーツの精度は上述のようにイマイチで、表面が波打っていたり、エッジ部にバリのようなものがあったりするので著しく(ポルシェとしての)高級感を損なうことに。

この「ナンバープレート台座問題」は輸入車には常に付きまとうもので、もともと日本サイズのナンバープレートを取り付ける仕様になっていないものを「無理に」取り付けたため、デザインが破綻することのほか、日本仕様のみに使用されるパーツが「他部分とのデザインと整合性が取れない」という事態が発生するわけですね。※下の画像は納車直後に撮影したもの。台座表面がザラザラしていることがわかる

cayman8

よってここをなんとかしようということですが、まずは外したナンバープレート台座のバリをサンドペーパーにて削り取り、その後にやはりサンドペーパーで表面を削って凸凹の梨地を慣らします(これによって塗料が乗りやすくなる)。

IMG_4211

その後にプライマー→サフェーサーを塗り、乾燥後にサフェーサーをサンドペーパーで水研ぎし、さらに表面を滑らかにしてゆきます。
これを必要に応じて数回繰り返し、その後にボディカラーと同色にペイントしますが、ぼくの718ケイマンのボディカラー「グラファイトブルー」色の缶スプレーは販売されていないので、タッチアップ同様にホルト(Holts)にオーダーメードにて作ってもらったものを使用。

そしてこの「オーダーメードにて作ってもらった」缶スプレーを使用してボディカラー同色に着色してゆくわけですが、ひとまずペイントしてさらに表面を水研ぎして慣らし、仮止めしてみたのがこの状態。

ここから「ウレタンクリアー」を塗って完成となり(これは下地塗装と同時に作業する必要はない。むしろ下地乾燥の時間として少しあけていたほうがいい)、完成状態は後日アップしようと思います。

L1130279

せっかくなのでキーカバーもボディカラー同色に

なお、「ウレタンクリアー」を塗るのは表面の硬度を強化し、耐久性を向上させ、さらには光沢を増すため。

これを塗らないと、缶スプレーの塗膜だけだと「柔らかすぎて」飛び石キズなどで容易に色が剥げたりするワケですね。

このウレタンクリアーもオートバックス等で購入できる缶スプレーを使用しますが、これは「一旦使用しはじめると、最後まで使い切らねばならない」という性質を持っています。
2液で構成され、これを缶の中で混ぜて使用することになり、一度2種類の液が混ざると化学反応にて液が硬化し始め(これによって硬い塗膜を保てる)、余った液も「置いておけば固まって使い物にならなく」なってしまいます。

そしてこのウレタンクリアーは非常に高価(2,500円くらい)なので、使用するときには「使い切れるよう」他のものも塗る必要があり、ぼくは「塗るもの」をあるていど溜めた後に作業にかかるようにしています。※使い切る必要はないが、使い切らずに残すともったいない

そこで今回の「他に塗るもの」は718ケイマンのキーカバー。
ぼくは「レッドのキーカバー」と「イエローのキーカバー」を購入し、それぞれを片側づつキーに装着して「ドイツ国旗カラー」に変更したキーを使用していますが、都合「色違いで2セット」購入しているので、装着していないものが「1セット」残っています。

L1050584

よって、これをグラファイトブルーにペイントし、ウレタンクリアーもこれの上塗りに使用する、ということですね。

IMG_4210

そしてこちらがグラファイトブルーにペイントした状態。
軽く水研ぎしていますが、こちらもこれからウレタンクリアーを塗り(湿度の低い日を選んで塗装する必要があるので梅雨明け後に)、後日その様子を公開したいと思います。

L1130283

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

-●ポルシェ718ケイマン(982), ■近況について, ■ニュース
-, , , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.