■新型車情報/スパイフォト/噂など >スバル(SUBARU)

スバルがWRX STI、そして搭載されるエンジンの生産終了を発表し、記念限定モデル「EJ20 Final Edition」発売。内容はすでにスペインで発売された限定モデルに準じる?

投稿日:

| スペインの限定「WRX STI Final Edition」は8台のみ、価格は720万円 |

スバルがWRX STIに搭載される2リッター水平対向4気筒エンジン「EJ20」の生産を終了し、加えてWRX STIの受注も2019年末で終了する、と発表。
そして、このEJ20の偉業をたたえ特別仕様車「EJ20 Final Edition」(プロトタイプ)を東京モーターショーにて公開する、としています。

そしてこのEJ20 Final Editionは555台限定、そして抽選販売(詳細は10月23日に発表)になる、とのこと。※スバルからのプレスリリースはこちら

名機「EJ20」はじつに30年も現役だった

スバルは1989年以降、長らくこのエンジンを使用してきたということになりますが、生産を終了するということは当然「新型エンジン」に切り替わるということになり、そのエンジンがどうなるのかにも注目が集まるところ。

加えてWRX STIも「新型」が登場するということを意味し、こちらはSGP(スバル・グローバル・プラットフォーム)を採用した、戦闘力の高い車となりそうですね。

今回のWRX STI EJ20 Final Editionについて、その詳細については10月23日に「情報解禁」となるそうですが、現時点でわかっているのは「バランスドエンジン(職人がバランス取りをしたものと思われる)」、「BBS製19インチホイールの装備」がスバルから公表され、画像から判断するにエンジン上のプレートも「特別装備のひとつ。

SUBARU WRX STI EJ20 Final Editionはスペインで発売された「WRX STI Final Edition」と同じ仕様?

https___hypebeast.com_image_2019_04_subaru-spain-says-farewell-to-the-wrx-sti-with-8-final-editions-001

その価格720万円!スペインにて、スバルWRX STI販売終了に伴い「ファイナル・エディション」が8台限定にて発売

なお、ここでふと思い出したのは、今年4月にスペインにて「8台のみ」発売された、WRX STI ファイナルエディション(上の画像)。
こちらも、今回スバルが日本向けに投入するWRX STI EJ20 Final Editionとよく似た仕様を持っており、ゴールドのBBSホイール、シルバーのブレーキキャリパー、フロントグリル上のチェリーレッドアクセントなどが共通しているようです。※ただしフロントグリルのチェリーレッドのアクセント位置、ホイール形状、ドアミラーのカラーは異なる

img102

インテリアだと、レッドのエンジンスターターボタン、アルカンターラ巻きのステアリングホイール、センターにアルカンターラを使用したシートも、スペイン版WRX STI Final Edition」とよく似ている部分。
ただしチェリーレッドのステッチや(フロアマットの)パイピングの有無、シリアルプレートの有無といった差異もあるようですね。

ただ、スペイン版はそのエンジンにつき、「EJ20」ではなく(海外仕様のため)「EJ25」を搭載している、といったメカニズム的相違も存在します。

img101

なお、限定台数の「555」はもちろん、かつてスバルがスポンサー契約を結んでいたBATのタバコブランド(ブリティッシュ・アメリカン・タバコの”ステイツ・エキスプレス・スリーファイブ”) から。
もちろん、今回のWRX STI EJ20 ファイナルエディションの「ゴールドホイール」も当時のラリー用マシンへのオマージュだと思われます。

スバルが「あの」ブルーとイエローのカラーリングを復活させると発表!ただし「555」の文字はナシで

スバルは海外ではこういった限定モデルを発売している

スバルは上記のスペインにおけるWRX STI Final Editionのほかにも、様々な限定モデルを世界中にて発売。

北米市場においては、日本で発売された限定モデル「WRX STIシリーズ.グレー」同様のWRX STIを発売したことも。

スバルが北米専用「WRX STIシリーズ.グレー」限定販売。750台のみ、ボディカラーはS208同様

カナダ限定、漢字名を持つ「雷雨(RAIU Edition)」もありますね。

スバルがカナダ向けに漢字名を持つ限定モデル、WRX「雷雨」投入。ボディカラーはクールグレー

南アフリカでは、WRX STI史上最強の348馬力を発生する”ダイヤモンドエディション”を発表。

subaru-wrx-sti-diamond (5)

「スバル南アフリカ」が独自チューンの限定WRX STIを発売。トレッドを2センチ拡大、出力は348馬力

スバルはこのほか、BRZについても日本と同様の仕様を持つ限定車を発表していますが、仕様地に合わせて少しづつ変更がなされているようです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

-■新型車情報/スパイフォト/噂など, >スバル(SUBARU)
-, , , , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.