>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■バイク(自転車/自動二輪) ■ニュース

ホンダが「アドベンチャースクーター」ADVを東京MSに出展。フルLED、LCDメーター、リザーバータンク付ショック装備のワイルド風味なバイク

投稿日:2019/10/05 更新日:

| インドネシアでは発売済み、現地価格は約28万円 |

ホンダが第46回東京モーターショーの布陣を公開。
4輪では世界初公開となる「新型フィット」、日本で初公開となる新型アコード、ホンダ初のピュアエレクトリックカーであるホンダe、そのほかフリード、NSX、N-BOXなど。

一方、二輪ではスーパーカブの派生としてCT125、電動スクーターBENLY:e、GYRO:e、そしてCRF1100Lアフリカツイン・デュアルクラッチトランスミッション、ADV150。

なお、新型フィットについてはトヨタ「アクア」クロスオーバーへの対抗か、車高を上げてクラッディングを装着し、ルーフレールを持つオフロード風味を持つバリエーションが投入されると思われ、こちらの発表も同時に行われるかどうか期待したいところ。

再注目モデルは二輪スクーターの「ADV」

しかしぼくが今回もっとも注目したいのは「ADV」。
これはぶっちゃけ「スクーター」ではありますが、オフロードテイストを持つアクティブなモデルで、すでに発売されている「X-ADV(画像)」の弟分ということになります。

ぼくはバイクに関して嗜好の偏りはなく、レーサレプリカだろうがオフローダーだろうがスクーターだろうがビジネスモデルだろうがカフェレーサーだろうがなんでも好む傾向にあるものの、とりわけ好きなのが「スクーター」。

そしてX-ADVも購入しようかどうか強く迷った時期がありましたが、排気量が750ccあるので「維持費がな・・・」ということで躊躇していたわけですね。

そこに登場したのが150ccの「ADV」。
現在はまだ「市販予定モデル」にとどまるものの、インドネシアではすでに発売されており、日本国内でも市販されるのは時期の調整だけだと思われます。

64904d1fd1bb6a2f32ae1777f213c1166d472e0e_xlarge

ADVは「アドベンチャースクーター」というカテゴリに分類されますが、見ての通りオフロードっぽい外観を持つスクーター。

7c6c232ee8220afe5fd14294fd16e9db088cd511_xlarge

二段階調整スクリーンとその機構を全面に押し出したメカメカしいルックス、リザーバータンク付きのリアサスペンションが外観上の特徴。

186a0d74f1e57bd0306e226f66eb20f2372400d8_xlarge

その他にも特徴は多々あり、LEDヘッドライトやLCDディスプレイ、LEDウインカー(CBR250RRと同じ)、そして随所に見られる「凹凸を用いた」ワイルドな演出。

156f97977696f17edb2ad7720c46ed845fd52c12_xlarge

エンジンはPCXと同じだそうですが、エアクリーナーやマフラーは専用デザインとなり、車体に合わせたアグレッシブなデザインを持っています。

47c45a63c2d4fedfc626e85f332228b40eb4ccf1_xlarge

インドネシアでの価格は約28万円と報じられており、おそらくはインドネシア(製造はP.T. Astra Honda Motor?)からの輸入になると思われ、詳細の発表を待ちたいところですね。

VIA:Honda, WEb-Autoby

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA), ■バイク(自転車/自動二輪), ■ニュース
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.