>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 >ランボルギーニ・ウラカン関連 >ランボルギーニ・ウルス関連 >ランボルギーニ・ガヤルド関連 ■ニュース

ランボルギーニ・ウラカンが登場から5年で「ガヤルドが10年かけて売った」14,022台を販売。ランボルギーニ歴代モデルの販売台数を調べてみた

| ミウラ、カウンタックはやはり売れていた。一番売れていなかったのはシルエット | ランボルギーニが「ウラカンの生産台数が14,022台に到達した」と発表。なんかえらいハンパな数字だぞ?という感じですが、この14,022台というのはウラカンの先代、「ガヤルド」がモデルライフ全期間中の10年(2003年〜2013年)で販売された台数。ウラカンは2014年の登場なので、5年間で「ガヤルドが10年で販売した台数」に達した、ということになります。そして記念すべき14,022台目のウラカンは後期モデルの「ウラカンE ...

ReadMore

>シボレー(CHEVROLET)

新型C8コルベットは発表1週間前にニュルにアタックしていた!「目標をクリアしたが、今はタイムを発表する気はない」

| 現時点で発表されるコルベットは「ベースモデル」だけにタイムにはインパクトがない? | 新型シボレー・コルベットは開発に相当な時間をかけ、ニュルブルクリンクでの走行もその中に含まれますが、新型コルベットの開発を率いたエンジニア、マイク・ペトルッチ氏がMotor Authorityに語ったところによると、新型コルベットの発表を行った7月18日の1週間前に「ニュルブルクリンクでのタイムアタックを行っていた」とのこと。このチャレンジはコルベット・レーシングのドライバー、オリバー・ギャビン選手によって行われたも ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >マクラーレン(McLaren)

早速マクラーレン620Rのプロトタイプが目撃!どうやら買いに行っても売ってもらえず「招待がないと」買えないようだ

| 現代では「招待制の限定スーパーカー」は珍しくない | 数時間前に情報が出てきたばかりのマクラーレン620Rですが、今回はさっそくそのプロトイプが目撃に。各エアロパーツの形状はピストンヘッズが公開した620Rそのままで、しかしこの車両は全体的にマットブラックのラッピングが施され、モノモノしい雰囲気に。なお、620Rは、570Sのレーシングカー版である「570S GT4」を公道走行可能な仕様へと手直ししたものであり、基本的なパーツはレーシングカーのままだと言って良さそうなハードコアマシン。

ReadMore

>ダイハツ(DAIHATSU) ■ニュース

ダイハツ・コペン”GRスポーツ”発表!レカロにBBS、補強に空力パーツ装備の本気マシン。オプションにはTRDパーツもラインアップ

| なんとパフォーマンスダンパーまでも用意するという気合の入れよう | ダイハツが「コペン」に”GRスポーツ”を追加。「GR」といえばトヨタではあるものの、現在ダイハツはトヨタの完全子会社(2016年8月から)なので、こういった「両社間の乗り入れ」が起こりうるわけですね。「GR」は「Gazoo Racing」を表しますが、Gazoo racing名義のクルマの中にはいくつかの種類があり、たとえば「GR Sport」はそのモータースポーツのDNAを車両に反映させたもので、「GR」はモータースポーツへの参加を ...

ReadMore

>スバル(SUBARU) ■ニュース

スバル北米史上、「もっとも高い出力」を持つWRX STI S209のスペック公開!製造できるのは日に3台、価格も「もっとも高い」700万円

| もっともパワフルなWRX STIはもっとも高価だった | スバルは北米限定モデルとして「WRX STI S209」を投入していますが、その確定スペックを公式に発表。これは「限定209台」という少量のみが限定販売されるクルマで、日本でも発売された「S208」同様の使用を持つスペシャルモデル。ただしエンジンは日本のS209に積まれている「EJ20」ではなく、北米にてWRX STIに採用されている「EJ25」をベースにしています。そしてそのエンジン出力は345馬力にまでアップされ(S208は329馬力)、北 ...

ReadMore

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >フェラーリ(Ferrari) >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)

VWが「ランボルギーニ売却」を即刻、かつ公式否定。ランボルギーニの販売台数はVWグループ内でわずか1/933、しかし時価総額だと1/8を占める”優良ブランド”

| とりあえずは安心した | 数日前、米ブルームバーグが「フォルクスワーゲングループが、ランボルギーニブランドの売却を検討している」という報道を行ったばかりですが、これに対してフォルクスワーゲンが正式に「否定」を行っています。これはフォルクスワーゲンのスポークスパーソンがロイターを通じて声明を発表したもので、「ランボルギーニの売却、もしくはIPO(株式公開)という計画はない」というシンプルなもの。なお、このコメントが出されたのは休業日である「日曜日」で、かつランボルギーニからではなく、フォルクスワーゲンが ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >マクラーレン(McLaren)

マクラーレンが「620R」発表予定。公道走行可能ながらも、中身は570S GT4譲りの”ほぼレーシングカー”だと報じられる

| すでにディーラーには情報が伝わっているようだ | マクラーレンが「スポーツシリーズ」のトップレンジに位置する「620R」を発表する見込み。これはカーメディア、ピストンヘッズが報じたもので、レーシングカーの”570S GT4”のロードバージョンという位置づけとなりそうです。ただ、現在のところマクラーレンから正式発表はなく、限定台数や価格についてのアナウンスは「ナシ」。マクラーレンは現在、「セナ」「スピードテール」が属する”アルティメットシリーズ”、「720S」が属する”スーパーシリーズ”、そして540や ...

ReadMore

>ミッションE/タイカン関連 ■ニュース

ポルシェが「タイカン4S」発表!「タイカン・ターボ」の2/3の価格、しかし走行距離はほぼ同じ、パワーは140馬力ダウン

| ポルシェは今後も矢継ぎ早にタイカンのバリエーションを発表してきそうだ | ポルシェはつい先月、ブランド初のエレクトリックカー「タイカン・ターボ」「タイカン・ターボSVJ」を発表したところですが、今回は「タイカン4S」を発表。ポルシェのグレード構成としては「ベースモデル」「S」「GTS」「ターボ」「ターボS」という並びを持っており、よって今回のタイカン4Sはベースグレードのひとつ上、そして4WDということになります。タイカンSの出力は「オーバーブースト」使用時で530馬力、オプションのパフォーマンスバッ ...

ReadMore

>ポルシェ・ケイマン関連 ■ニュース

ポルシェがケイマンGT4に受注期間限定モデル「スポーツカップエディション」追加。モータースポーツを意識した「白黒赤」

| 残念ながら発売されるのはドイツ国内のみ | ポルシェが718ケイマンGT4に「スポーツカップエディション」を追加(残念ながらドイツ本国のみ)。これは週末にホッケンハイムにて開催されたワンメイクレース「ポルシェ・スポーツカップ」最終戦の場で公開されたもので、「期間限定受注モデル」。受注期間についてはアナウンスがありませんが、ベースとなる718ケイマンGT4そのものも生産台数が少ないとされるので、「けっこう短い期間」なのだと思われます。なお、販売されるのはドイツ国内のみですが、同様のワンメイクレースを開催 ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■食べ物や飲み物など ■ニュース

【動画】ミシュランの星を最も多く獲得したシェフにフェラーリ・モンツァSP2納車!イベントにはスーパーカーが大勢集まる

| ディーラーのストックヤード内にはとんでもないクルマもあるようだ | 個人名義では世界で最も多くのミュシュランの星を獲得しているシェフ、ゴードン・ラムゼイ氏。同氏はフェラーリのコレクターとしても知られ、これまでにもラ・フェラーリやラ・フェラーリ・アペルタ、F12tdfが納車されていることでも知られます。自身のTV番組を持ち、ロンドンはじめニューヨーク、ドバイ、シンガポール、香港など世界中のリッチが集まる地域に限定してレストランを展開しているという商才豊かな人でもありますね。 そして今回、そのゴードン・ラ ...

ReadMore



>フェラーリ(Ferrari) >フォード(FORD) ■映画や音楽、本について

1966年のフォードGT40風カラーを持つマスタングGTが登場。フォードが当時GT40を開発していなかったら今頃こういったカスタムも存在しないということに

投稿日:2019/10/12 更新日:

| 紆余曲折あったが、フォードはフェラーリを買収しなくてよかった |

11月5日よりSEMA(アメリカで開催されるチューニングパーツのフェア)が開催され、それに向けて各チューナーやパーツメーカーが続々と作品を発表。

今回公開されたのはフォード・マスタングGTですが、特徴としては1966年のデイトナ24時間レースを走ったフォードGT40のカラーリングをボディ表面に再現したこと。
ちなみに車両をデザインしたのはレンダリングアーティストのKhyzyl Saleem氏で、同氏は様々な「もしも系」レンダリングを作成することで知られます。

これまでは、こういったデジタルアーティストと「リアルの」チューナーとの接点はほとんどなく、しかし現実世界のチューニングも「よりビジュアル志向」へと移行するに当たり、こういったアーティストの作品を現実に、という動きがいくつか出てきているようですね。

このマスタングを企画したのは現役NASCARドライバー

なお、このマスタングGTを製作したのはNASCARドライバー、ライアン・ブレイニー選手、そしてカメラマンのラリー・チェン氏。
外観上だと、グラフィックのほかローダウンサスペンション、20インチサイズのポディウム・スーパーツーリングホイール装着が目につく変更点(いくつかの画像では、ホイールにエアロカバーが装着されている)。

なお、さすがにNASCARドライバーが手掛けるだけあってパフォーマンスの向上が図られており、5リッターV8にはRoush製のスーパーチャージャーをドッキング。
これによって出力は460馬力から一気に700馬力にまで向上していますが、これにはマグナフロー製のキャタバックシステムも貢献しているようですね。

さらにブレーキにはウィルウッド製が選ばれていて、これらのカスタムを実際に行ったのはフォードのスペシャリスト、ギャルピン・オートだと紹介されています。

今回画像は公開されていないものの、このマスタングGTのインテリアも「レーシングテーマ」に沿っており、NRG製バケットシート、ナスカースタイルのステアリングホイール、6点式ハーネスなど様々な装備がおごられるようですね。

フォードもまさか「GT40」がここまでの資産になるとは思わなかっただろう

そして、こちらがそのベースとなった「1966年のデイトナ24時間レースで勝利を記録したフォードGT40」。

「フォードGT40そのままのカラーリング」ではなく大きくアレンジを加えているところが「ナイス」ですね。

なお、フォードGT40は「打倒フェラーリ」のためだけに作られたクルマ。
当時フォードは(自動車の量産を世界に先駆けて行っただけに)「量産車メーカー」のイメージが強く、しかしフォードはこのブランドイメージを変化させたく、それにはモータースポーツにて勝利する以外はないと考え、フェラーリの買収を計画したことも。

そしてその買収話は好調に進むものの、契約を交わす土壇場でエンツォ・フェラーリがこの買収を撤回し、これに怒ったのがフォード。

「どれだけのコストを払ってでも、フェラーリをル・マンで打ち負かせるクルマを作れ」ということで開発されたのがフォードGT40で、実際にル・マンでフェラーリを倒すことに成功しています(このあたりは映画「フォードvsフェラーリ」の予告編のほうがわかりやすい)。

そしてこのフォードGT40は、現代に至るまで、そして未来永劫「フォード最大の資産」であるのは間違いないと考えていますが、その意味でも当時「ブランド価値を高めるにはモータースポーツで勝つしか無い」と考えたフォードには先見の明があり、かつ正しかったのだということになりますね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

| レクサスLFAの相場はちょっと下降気味? | ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。6000万円くらいを記録していた時期もありますが、それが ...

4

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

5

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

6

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

7

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

8

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が50 ...

9

高額な腕時計(どれくらいから”高額”なのかは人によって意見が分かれるのでここではあえて触れない)をしていると周囲の反応が変わる、ということはよく聞きますよね。 レストランやホテルでの待遇が良くなったと ...

10

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが1 ...

->フェラーリ(Ferrari), >フォード(FORD), ■映画や音楽、本について
-, , , , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.