●ポルシェ・ボクスター(981) >ウラカンのトラブル・メンテナンス・維持費 ●BMW i3(自分のi3、ほか関連ネタ)

BMW i3のホイール補修完了。とりあえずパっと見で傷はわからないように

投稿日:2015/09/19 更新日:

DSC01442

先日、痛恨のホイールヒットを喫したBMW i3。
早速ホイールを修復しました。

今回は「とりあえず」ということでサンダーやパテも用いずにさっと塗ったのみ(ホイール自体は大きく削れていない)。

まずはホイールを洗って塗装が削れた時のカスや縁石の破片を除去し、その後に常備してあるタッチペンにてブラック部分をペタペタと塗ります(平筆を使用)。
その後にホイール外周のブルー部分を塗りますが、ブラック部分が乾いたらマスキングして平筆で塗装。
画像はちょうどその状態ですが、これが乾いたらマスキングを剥がして細部を面相筆で調整して完了。

なおぼくは「車は無傷で乗ることはできない」と考えており、車は必ず飛び石なりなんなりの攻撃を受けるもので、修復は必須と認識しています。

DSC01445

よって、各車のタッチペンを用意し、不測の自体に備えているわけですね。
基本的にぼくの乗る車はあまり市販のタッチペンではカラーが用意されておらず、よってなんらかの機会に板金屋さんに依頼して小分けしたものをもらったり、自分で調合したり、ホルツにオーダーで作ってもらったりしていますが、さすがのホルツでもランボルギーニのカラーはオーダーで受け付けてくれない模様。
ボクスター(981)のダークブルーメタリックはホルツで調合してくれましたが、ウラカンのビアンコ・モノセルスは「調合不可」との回答でした。

こちらは簡易修復が完了したところ。
当面はこのまま過ごそうと思います。

DSC01583

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

-●ポルシェ・ボクスター(981), >ウラカンのトラブル・メンテナンス・維持費, ●BMW i3(自分のi3、ほか関連ネタ)
-, , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.