>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >フェラーリ(Ferrari) >マクラーレン(McLaren)

新型ランボルギーニ・ミウラが発売されたら?。フェンダーミラーの代わりに”フェンダーカメラ”装着の現代版ミウラがCGにて登場

| おそらくランボルギーニ自身もミウラの復活を考えているはずだ | 「もしランボルギーニ・ミウラのニューモデルが登場したら」。それは誰もが一度は夢想したことがあるひとつの希望だと思いますが、今回レンダリングアーティスト、ルパートデザインがその夢をCGにて実現。そのシルエット、ディティールに至るまで、1966年登場のオリジナルを忠実に再現ししています(フェンダーミラーの代わりにフェンダーカメラ、そしてウインドウ下部にクロームのストリップがあるところが渋い)。 こちらもオススメ、関連投稿10選意外と出てくるの ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >スバル(SUBARU)

どこへ行くレクサス!高級ヨットを発売した後、「次は空だ。陸海空を制覇する」。航空宇宙産業部門を持つスバルと提携しジェット機を発売?

| トヨタは総合モビリティブランド、そしてレクサスはライフスタイルブランドへとシフト | レクサスは先日、ブランド初のラグジュアリーヨット「LY650」を発表していますが、同時に「ライフスタイルブランド」への移行も発表しています。もしかすると今後「自動車が売れなくなる(個人で所有せずにシェアされる)時代」が来る可能性を考慮し、自動車以外の道を模索しているのかもしれません。なお、こういった「息の長い展開」ができるのは、トヨタの社長が代々「一族出身」であり、これからもそれが続くであろうことが関係している、と考 ...

ReadMore

>テスラ(TESLA) >ミッションE/タイカン関連

【動画】ポルシェを破るとしたテスラ。しかしアタック用のモデルSが故障しレッカーされる横をポルシェ・タイカンがスローで通り過ぎる・・・

| テスラはタイムアタックの日程を9月から10月に延期 | テスラはニュルブルクリンクへと「モデルSプロトタイプ・シャシー」にて挑み、ポルシェ・タイカンが記録した「EV最速タイム」を破るとしていますが、この挑戦は本来であれば今週水曜日〜土曜日にかけて行われる「はずだった」。ただし何らかの事情でそれが遅れ、代わりに10月早々に7分5秒というタイムを記録できるだろう、とTwitterへと投稿しています。ちなみにこのテスラ・モデルSは現在市販されているものとは異なり、2モーターに代えて3モーターを採用するもの。 ...

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

さよならBMW i3。BMWが「もはやi3に残された時間は限られている。後継モデルは考えていない」と語る

| それでもBMW i3が果たした役割、貢献度は大きかった | BMWのマーケティングディレクター、ピーター・ノータ氏によると「BMW i3の後継モデルは開発しない」とし、さらに「i3に残された日々は限られている」とコメント。さらにピーター・ノータ氏によると、「現在、i3の後継について確固たるプランはない。我々は現在、よりメインストリームに対してエレクトリック化を進めている」。 BMW i3とi8との後継モデルは「無し」?それぞれが役割を果たしたとされライフ終了か こちらもオススメ、関連投稿10選BMWが ...

ReadMore

>マツダ(MAZDA) ■ニュース

初代NAマツダ・ロードスターの復刻プロジェクト。4台目のレストアはワイヤスポークホイールにNBロードスターのグレー幌

| 完全に分解を行い文字通り新車コンディションに | マツダは初代(NA)ロードスターのレストアサービスを開始していますが、今回その「4台目」が完成し、完成状態を公開。このロードスターの年式は1992、ボディカラーはNEO GREEN。クラシカルなワイヤースポークホイールを装着しており、幌はNBロードスター用のグレーを使用している、とのこと。 こちらもオススメ、関連投稿10選意外と出てくるのが遅かったな。「スープラ・シューティングブレーク」のレンダリングがようやく登場マツダによる初代ロードスターのレストア ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

ブラバスがメルセデス・ベンツGクラスに「もともと設定されていない」V12を押し込んだ900馬力の限定モデル、そして「アドベンチャー・パッケージ」を追加

| V12エンジンはS600用をメルセデス・ベンツからの供給にてスワップ | ブラバスは以前よりメルセデス・ベンツGクラスのカスタムに力を入れていますが、今回はあたらしく「アドベンチャーパッケージ」なるカスタムを公開。これは新型メルセデス・ベンツ(AMG含む)Gクラス全車に対応するもので、ワイドフェンダーやウインチ、ルーフラック、大きく上げられた車高などが特徴。これまでブラバスはこういった「オフロードっぽい」カスタムを提供しておらず、これはひとつのターニングポイントと言っても良さそうです。 こちらもオスス ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

この前発売されたばかりじゃないの?新型BMW M5の試作車がもう走行開始。ヘッドライトはジャガーっぽい発光形状へと変更に

| なぜBMWは「特有」のデザインだったイカリングをやめてしまうのか | 新型BMW M5と見られるプロトタイプが走行中。ベースとなる5シリーズがモデルライフ中央のフェイスリフト(マイナーチェンジ)を迎えるに当たり、そのハードコアバージョンとなるM5もまたフェイスリフトを受けることに。なお、スパイフォトを見る限りでは、新型M3のように「縦長の巨大な」キドニーグリルが与えられることはなさそうで、それは一安心といったところですね(怖いもの見たさで、ぜひ採用してほしかったという気もする)。

ReadMore

>ポルシェ911関連 >その他ポルシェ関連/ニュース

ポルシェ「ガソリンエンジンを諦めたわけではない。それはEV、HVと並んで3本柱のひとつであり、最低でもあと10年は存続させる」

| ポルシェはまだまだガソリンエンジンの効率を向上させ、合成ガソリンにも大きな可能性を感じている | ポルシェによれば、「あと10年はガソリンエンジン搭載のポルシェ911を作り続けるだろう」とのこと。現在ポルシェは「エレクトリック一直線」なのは間違いなく、パナメーラではプラグインハイブリッドモデルが成功し、そしてタイカンも無事発表し、さらにはフォーミュラEにも参戦開始。加えて911のモデルライフ後半(あと3年くらい?)にはハイブリッドモデルの911が登場することになりますが、その流れの中で「ガソリンエンジ ...

ReadMore

>レンジローバー/ランドローバー(RangeRover) ■映画や音楽、本について

悪役なのに大人気!「007スペクター」に登場したディフェンダーのレプリカが限定販売(ただし非公式。ええんか?)

| これまでにも何度か”スペクター・ディフェンダー”のレプリカが販売されている | アメリカはサウスカロライナ州に拠点を構える「ヒマラヤ」がカスタムされたランドローバー・ディフェンダーを公開。なお、このディフェンダーは映画「007 スペクター」に登場したヴィランが乗っていたディフェンダーをイメージしたもので、そのルックスは限りなくワイルドでタフ。なお、ヒマラヤは台数限定にてこの「スペクター・ディフェンダー」を発売するとしており、その価格は25万ドル(2700万円くらい)。ただ、名称に「スペクター」を使用す ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >ベントレー(Bentley) >ポルシェ・カイエン関連

【動画】やるやんベンテイガ!メルセデス・ベンツGクラスとベントレー・ベンテイガ、ポルシェ・カイエンが綱引き大会。勝ったのは誰?

| やはりメルセデスAMG G63の牽引能力はずば抜けている | CARWOWが「メルセデスAMG G63とベントレー・ベンテイガ・スピード」「メルセデスAMG G63とポルシェ・カイエン・ターボ」という”綱引き二本勝負”を動画にて公開。単純な勝負ではあるものの、SUVに重要なトラクション性能の差が如実に現れる内容となっており、「やっぱりメルセデス・ベンツGクラスは凄いな・・・」と思い知らされます。 こちらもオススメ、関連投稿10選ポルシェは「カイエン・クーペ」を検討中。ただしまだ市販へのGOサインが出な ...

ReadMore



>ロータス(Lotus)

ロータスがエキシージ・スポーツのサーキット専用モデル「エキシージ・レース380」発表

投稿日:2017/01/20 更新日:

ロータスが「サーキット走行オンリー」のスパルタンモデル、エキシージ・レース380を発表。
すでに発表されたエキシージ・スポーツ380をさらに軽量化し、重量は1110キロからなんと998キロに。
エキシージ・スポーツ380自体が「リアパネルを新設計して-300グラム」という感じでコツコツと軽量化を進めてきていますが、今回は公道走行という縛りを外し、エキゾーストも競技専用でチタン製にすることで一気に10kg軽量化(もちろんその他も大幅軽量化)。








エンジンはそのまま3.5L/V6スーパーチャージャーにて380馬力を発生しますが、トランスミッションはレース用のXtrac製6速シーケンシャルに変更したうえ、これも競技用LSD、そしてオイルクーラーも新設。

0-100キロ加速は3.2秒となっており、これ自体はさほど速い数字ではありませんが、驚くべきはエキシージ・カップRよりも1.5秒速い1分23,5で周回する、ということ。

ダウンフォースも強化され時速273キロの時点で240キロにも達するそうですが、ランボルギーニ、フェラーリ、ポルシェなどが(トルクベクタリングやリアアクスル・ステアリングなど)テクノロジーを用いて運動能力を高めているのに対し、ロータスは「軽量化とダウンフォース」という昔ながらの手法でパフォーマンスを向上させているのが面白いところですね。

関連投稿:ロータス史上もっとも過激な「エキシージ・スポーツ380」発表。まさにグラム単位の軽量化

lotus-exige-sport-380-2

ロータスが史上もっとも過激な「エキシージ スポーツ380」を発表。
その名の通り380馬力を発生するV6/3.5リッターエンジン(スーパーチャージャー)を搭載し、その一方で重量は26.3キロ削減した1110キロ。
これにはリチウムイオンバッテリーの採用(-10.3キロ)、新設計のリアパネルで-300グラムという涙ぐましい努力の積み重ねが効いているわけですが、ロータスのように元来軽量な車の場合はここまでしないと軽量化が出来ない、ということですね。

なおこれら軽量化は単なる重量軽減だけではなく、低重心化、ロールセンターの適正化に貢献している、とのこと。
さらにはオプションでチタン製のエキゾーストシステム、カーボンファイバー製のルーフパネル等があり、これらでさらに-10キロの軽量化も可能となっています。

lotus-exige-sport-380

加えてエアロダイナミクスも強化されており、時速286キロのトップスピードにおいて最大140キロのダウンフォースを発生。
トランスミッションは6MTが標準(リンケージむき出しなところがナイス)で6ATはオプション。
アイバッハのアンチロールバー、ミシュラン・パイロットスポーツ・カップ2を装着しており、0-100キロ加速は3.7秒をマークする、とのこと。

lotus-exige-sport-380-4

イギリスのメーカーはケータハム然り、かなり頻繁にバリエーションを増やす傾向があり、知らない間に新しいモデルが出て知らない間に過去のモデルが消滅していることも。
なおマクラーレンも12Cの経緯など似たような事例があり、イギリスのメーカーは総じてモデルの追加サイクルや廃版のサイクルが速い(しかしその車種自体は長く存続する)のかもしれませんね。

lotus-exige-sport-380-1

lotus-exige-sport-380-3


関連投稿:ロータスがまたまた限定車「カップ380」発表。さらに軽く、ダウンフォースを強化

ロータスが限定にて新型「カップ380」を発表。
これはサーキット限定モデルとなり、生産も60台のみに絞ったモデルで、エンジンはほかの380モデル同様に3.5リッターV6で375馬力を発生。
トランスミッションは6速マニュアルとなり、0-100キロ加速は3.4秒(エキシージ・スポーツ380より0.1秒速い)。

スポーツ380に対して加速力を向上させている理由としては「軽量化」。
フロントスプリッター、アクセスパネル、ルーフ、ディフューザー、サイドポッド、テールゲート、リアウイングほかにカーボンファイバーを使用している、とのこと。
反面ダウンフォースは向上しており、新しいエアロパッケージにて時速282キロにおいて200キロのダウンフォース(スポーツ380に比べて+40%)を獲得。

重量はわずか1057キロで、スポーツ380の1110キロに比べてさらに軽量化され(内装だとシフトリンケージもむき出しに)、レース向けに最適化されたトラクションコントロールも装備。
ダンパーは2段階の調整式、としています。

なお「更に軽い」仕様がお望みとあらばオプションでカーボン製のドアパネル(内張り)、センターコンソール、エアベントなどをカーボン製に置き換えることで-1kg、チタン製のエキゾーストシステムへの交換で-10キロを達成できるようですね。
ウイングのステーも肉抜き穴だらけで、とことんまでムダを殺いだ、という印象。

近年のロータスにおいては今まで以上に軽量化に対する情熱を感じますが、その範囲がもはや通常の自動車メーカー(市販車)の範囲を超えているように思われ、「さすがロータス」「やっぱりロータス」と思わせます。


関連投稿:ロータスがヘセル50周年「第三の」限定モデル、エキシージ350スペシャルエディション発表

lotus-exige-350-special-edition

ロータスがエキシージの限定モデル「Exige 350 Special Edition」を発表。
ヘセル工場50周年を記念したモデルで、すでに発表済みそして完売済みと言われるエヴォーラ400ヘセル・エディション、エリーゼ250スペシャルエディションに続く限定モデルです。

エキシージ・スポーツ350をベースにしており50台限定とされますが、抽選ではなく「先着順」の販売とされています(国によって異なるとは思う)。
最大の特徴は「軽量化」で、ベースモデル比-26キロとなり車重1099キロを達成(本国仕様)。

内訳としては軽量鍛造ホイールにて-5キロ、ブレーキディスクで-5キロ、カーボン製シートで-6キロ、リチウムイオンバッテリーで-10キロ。
ホイールとブレーキローターの-10キロは運動性能に大きく影響しそうで、アフターパーツとして販売すると人気が出るかもしれませんね。

lotus-exige-350-special-edition-1

ボディカラーはダークメタリックグレー、モータースポーツブラック、オールドイングリッシュホワイト、エセックスブルーが選択でき、コントラストカラーのレーシングストライプが入ります。
なおAP製のブレーキキャリパーはレッドで、リアウイングやいくつかのボディパーツはマットブラック塗装(とされているものの画像ではボディ同色塗装となっている)。

室内はブラックのレザーもしくはアルカンターラだそうですが、面白いのは(軽量スパルタンなモデルにもかかわらず)クルーズコントロールが装備されることで、やはり現代では快適性は無視できないということなのかもしれません。
一方でインフォテイメントシステム、フルカーペットはオプション扱いのようですね。

エンジンはトヨタ製の3.5リッターV6(345馬力)でトランスミッションはMTのみ。
0-100キロ加速は3.9秒、最高速度は時速274キロと発表されています。
すでに国内価格も公表しており、1169万円、とのこと。

関連投稿:ロータスがジュネーブにてエキシージ・スポーツ350ロードスターを公開

lotus-exige-sport-350-roadster-7

ロータスがジュネーブにてエキシージ・スポーツ350ロードスターを公開。
リチウムイオンバッテリー、ルーバー形状のテールゲートパネルなどで軽量化を果たし、オプションとしても軽量鍛造アルミホイール、カーボンエアロパック(カーボンエアロパックはフロントスプリッター、リアウイング、リアディフューザーのセット)の装着が可能。

エンジンは3.5リッターV6で345馬力を発生。
トランスミッションは大幅に改良された6速オートマティックもオプションで用意されるとのことです。

lotus-exige-sport-350-roadster-6

lotus-exige-sport-350-roadster-4

lotus-exige-sport-350-roadster-2

lotus-exige-sport-350-roadster

lotus-exige-sport-350-roadster-1

lotus-exige-sport-350-roadster-3


関連投稿:51キロのダイエットに成功した、ロータスエキシージ350Sが発表に

open

ロータス・エキシージ350Sが登場。
エキシージSの後継にあたりますが、51キロ軽くなり1125キロに。

軽量化にあたってはパーツ一つ一つの見直しを行い、大きなところではルーバー形状テールパネル、バッテリーの変更、軽量エンジンマウント採用など。
ほかではシフトの機構が見えるセンターコンソール、インシュレーターやヒーターのパイプワークなどかなり細かいところまで。

エンジンは3.5リッタースーパーチャージャー付きV6で345馬力を発生。
0-100キロ加速は3.7秒と俊足です(最高時速は274キロ)。
なおオートマチック・トランスミッションも選択できますが、こちらは0-100キロ加速が0.1秒ほど遅くなる模様。

新しいテールパネルはエンジンのクーリングに加えて時速160キロの時点で42キロのダウンフォースを発生させるとのことで、質実剛健な改良と言えそうですね。

内装だとタータンチェックのシートが目を引きますが、ぼくら日本人にとってはタータンチェックの内装はあまり見慣れないもので、しかし他メーカーだとVWゴルフやポルシェ911においても過去に用意されており、欧州では比較的一般的なのかもしれません。
それにしてもアルミ製のリンケージむき出しのシフトレバー周りは格好良いですね。

2016-LotusExigeSport350-15

2016-LotusExigeSport350-02

2016-LotusExigeSport350-11

2016-LotusExigeSport350-12

2016-LotusExigeSport350-14

関連投稿:ロータス・エキシージにフェラーリのエンジン/トランスミッションを押し込んだ車両が販売中

lotus-exige-ferrari-f355-powered-exige-track-car-186447361-1

もともと1.8リッターのエンジンを積むロータス・エキシージにフェラーリの3.5リッターV8を搭載した車両が登場。
エンジンそのものはF355からの移植だそうですが、トランスミッション、LSDはF355チャレンジから持ってくるなど相当にコストのかかった車両となっています。

改造にかかった費用はおよそ650万円に該当するとされ、これにはカーボンセラミックブレーキも含まれます。
なおこの車両は現在イギリスの中古市場に登場しており、640万円ほどで販売中(改造費用を考えると非常にお得)。

lotus-exige-ferrari-f355-powered-exige-track-car-186447361-4

画像をみるとシートもカーボン製の超本気仕様に交換されているようで、サーキットを走行するには痛快極まりないモデルと言えそうです。

lotus-exige-ferrari-f355-powered-exige-track-car-186447361-11

lotus-exige-ferrari-f355-powered-exige-track-car-186447361-16

lotus-exige-ferrari-f355-powered-exige-track-car-186447361-17

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

| レクサスLFAの相場はちょっと下降気味? | ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。6000万円くらいを記録していた時期もありますが、それが ...

4

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

5

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

6

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

7

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

8

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が50 ...

9

高額な腕時計(どれくらいから”高額”なのかは人によって意見が分かれるのでここではあえて触れない)をしていると周囲の反応が変わる、ということはよく聞きますよね。 レストランやホテルでの待遇が良くなったと ...

10

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが1 ...

->ロータス(Lotus)
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.