>ポルシェ・ケイマン関連 >ポルシェ・ボクスター関連 ■新型車情報/スパイフォト/噂など

【動画】謎のポルシェ718ケイマンが目撃。現行718への追加モデル?それとも718のフェイスリフトモデル?

| フェイスリフトモデルにしてはあまりに変更点が少なすぎる | 今後様々なニューモデルが登場しそうなポルシェ718シリーズ。直近で確定しているのは「718ケイマンGT4」「718ボクスター・スパイダー」ですが、このところ頻繁に目撃されているのが上の画像の「謎モデル」。どこが謎なのかということについて、通常は「センター」となるテールパイプが「左右」に別れていること。そしてこの位置はターボ化されたポルシェ911のテールパイプと同じだということで、これが「718ケイマン/ボクスターに(ポルシェ911に積まれる) ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■新型車情報/スパイフォト/噂など ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

メルセデスAMG ONEは「市販車最初のハイブリッド電動ターボ」搭載車に?そもそも電動ターボってどんな種類があるの?

| ターボチャージャーも昔と違って多様化してきた | 強化される排ガス規制のために開発が遅れていると言われるメルセデスAMG ONEですが、AMGのボス、トビアス・メアース氏が「AMG ONEには電動ターボを使用する。そしてAMG ONEは電動ターボを使用する世界ではじめてのガソリン車になる」と語っています。ちなみに「電動ターボ」はディーゼルだとアウディQ7 TDIに採用され、ガソリン車でもメルセデス・ベンツS450やAMG 53系に採用済み。 となるとAMG ONEは「ガソリン車初の電動ターボ」とななり ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど

今度はランボルギーニ・ヴェネーノ!タイからトヨタMR-Sベースのレプリカ(無理がある)が登場

| ヴェネーノとMR-Sでは全長1メートル以上、幅では40センチ近く差がある | 世界中で報告されるスーパーカーの「レプリカ」。今回はタイより、ランボルギーニ・ヴェネーノ・ロードスターのレプリカ製作風景が公開に。なお、ベースとなるのはトヨタMR-S。MR-Sのボディサイズは全長3,895ミリ、全幅1,695ミリ、全高1,235ミリなので、全長5,020ミリ、全幅2,075ミリ、全高1165ミリというヴェネーノ・ロードスターとは相当にボディサイズに差があります。そのためMR-Sをベースにヴェネーノのレプリカ ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >マツダ(MAZDA)

マツダはどこへ行く?トヨタとエレクトリック分野では袂を分かち「独自技術のEVを2020年に発売、2021年以降にはPHEV発売」

| マツダにはエレクトリック技術を単独で進めるノウハウも資金も無いはずだ | ますます厳しさを増す欧州の環境規制。報道によればシボレー・カマロ、コルベットはこの規制に対抗できないために「年内に(欧州では)販売終了」だと言われます。そういったハイパフォーマンスカーでなくともこの問題に直面しているのは同じであり、Auto Newsによると、マツダはこれに対応するため2020年に「ブランド初の」ピュアエレクトリックカーを発売し、2021-2022年にかけてプラグインハイブリッドカーを数台発売する、としています。

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

メルセデスAMGが「800馬力のGT73」を発表とのウワサ。GLS、Gクラス、Sクラスにも「73」設定?

| やはりハイブリッドシステムは開発に時間がかかるようだ | メルセデス・ベンツがAMG船外モデル「GT 4ドアクーペ」に「GT73」を追加する、というウワサ。現在、同シリーズには直6/3リッター+マイルドハイブリッドの「GT43」「GT53」、4リッターV8ツインターボエンジンを積む「GT63S」がラインアップされています。ただし、メルセデスAMG GT 4ドアクーペが発表される前には「4リッターV8ツインターボ+ハイブリッド」によって805馬力を発生するモデルが最初に登場すると言われており、しかしそれ ...

ReadMore

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニ・ウラカン関連 ■近況について ■ニュース

【動画】ランボルギーニ・ウラカンEVO展示イベントへ!ランボルギーニ大阪は一晩限りの「バータイム」営業

| ショールームでは”ミクソロジスト”濱口貴志によるフローズンカクテル提供も | さて、ランボルギーニ大阪さんにてウラカンEVOのお披露目会”Huracan EVO Exhibition Days”が開催され、ウラカンEVOを見にゆくことに。以前にウラカンEVOの内覧会は開催されているものの、前回はゆっくり見ることができず、改めてウラカンEVOをチェックしています。展示車両はパールオレンジにグロスブラックのアクセントを持つ個体で、内覧会にて公開された車両と同一のようですね。 ランボルギーニ・ウラカンEVO ...

ReadMore

■バイク(自転車/自動二輪) ■近況について ■ニュース

骨の髄までスパルタン!ホンダのスーパースポーツバイク、CBR250RRが納車された

| ある意味、我が家でもっともスパルタンな乗り物に | さて、先日注文したバイク、ホンダCBR250RR<ABS>(MC51)が納車に。ぼくは突然バイクやクルマを購入することがありますが、今回もやはり突然。CBR250RRについて、以前から「欲しい」とは考えていたものの、ホンダドリームを訪れ、その場で「これちょうだい」という形での契約となっています(ただしそれまでも試乗したり、購入しようと考えたことはあった)。用途としては日常の足。ただ、「足」といえども、どうもぼくはレスポンスのいい乗り物以外にはあまり馴 ...

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMW M3 ”DTMエディション” が1000万円で販売中!1000万円でも安いと思えるその内容を見てみよう

| ここまで手が入ったM3も珍しい。とくにレトロな仕様はマニアにはこたえられない | 美しくカスタムされたE30世代のBMW M3が中古市場に登場。これはKoch Klassicがカスタムした車両で、独自に「DTM Edition」と命名されたもの。その販売価格は約1000万円とかなり高額ではありますが、ここでどういったカスタムが施されているのかを見てみましょう。

ReadMore

>ポルシェ911関連 >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >テスラ(TESLA)

シビック・タイプRもパトカーに導入したオーストラリア警察が今度はテスラ・モデルXをパトカーに。「維持費が安くていい」

| けっこうオーストラリア警察は資金的に余裕がある? | オーストラリアはビクトリア州の警察が「テスラ・モデルXをパトカーに採用した」と発表。世界中では多くの警察がスポーツカーやスーパーカーをパトカーとして採用する例があるものの、テスラ・モデルXを警察車両に加えるのは非常に珍しい、と思います。加えて、そういった「ハイパフォーマンス警察車両」に多くはプロモーションを目的に採用しているものの、今回のモデルXについては実務に当たるとしており、これもやはり「かなり珍しい」例ですね。

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin) >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

アストンマーティン、トヨタがル・マンに新設される「ハイパーカークラス」への参戦を表明。フェラーリ、マクラーレンもぜひここへ参加して欲しいところ

| フェラーリがワークスとしてル・マンに復帰することを期待したい | 一時は「計画倒れ」となりそうだったル・マンふくむWEC(FIA世界耐久選手権)のハイパーカークラス創立プロジェクト。せっかくカテゴリを作ったところで参加車がいないのではないかと思われたものの、今回アストンマーティンが2020−2021シーズンに「少なくとも」2台のヴァルキリーを走らせると公表。このハイパーカークラスは現在のLMP1クラスの置き換えになる予定ですが、ヴァルキリーのような市販車が参加できるとなると、LMP1とはかなり性質が異 ...

ReadMore

ムルシエラゴ

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニ・ウラカン関連 ■ニュース

ランボルギーニはなぜ「LPナントカ」という名称を使用しなくなったのか?→「ややこしかったから」。

たしかにここまで増えてくると覚えるのが困難に Motor Trendが「なぜランボルギーニはそのネーミングに”LP”を用いなくなったのか」という記事を掲載。なお、ランボルギーニが用いている「LP」とは ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ベントレー(Bentley) >韓国の自動車メーカー ■ニュース

元ランボルギーニ(ディアブロ/ムルシエラゴ)のデザイナーがヒュンダイのデザイン責任者へ。今後ヒュンダイはどう変わる?

| アウディ、ランボルギーニ、ベントレーのデザインを牽引した敏腕デザイナーがヒュンダイのデザインを今後率いることに | concepts,lamborghini ヒュンダイが発表したところによると、こ ...

>ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)

ウイングレスのリバティーウォーク製エアロ装着アヴェンタドール、ウイングレスのムルシエラゴLP670-4SVが目撃される

| ウイングレスのリバティーウォークもなかなかいいぞ | アメリカはアトランタにて、リバティーウォークのフルエアロを装着したランボルギーニ・アヴェンタドールが目撃に。 鮮やかなイエローのボディにブラッ ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >その他の国の車

ランボルギーニ・ムルシエラゴを徹底解析し”完コピ”した会社現る。「年50-100台を生産したい」

| イランの会社がムルシエラゴのレプリカを作成。出来栄えは素晴らしいが・・・ | イランの会社がランボルギーニ・ムルシエラゴの”リバースエンジニアリング”モデルを発表した、との報道。 リバースエンジニ ...

>ランボルギーニの限定車関連 >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他) ■服や小物、時計、雑貨など

【競売】知ってた?あのヴェルサーチとランボルギーニとのコラボモデル「ムルシエラゴLP640-4 Versace」

| 超レアモデル、「ヴェルサーチ×ランボルギーニ」が競売に | ランボルギーニとファッションブランドのヴェルサーチによるコラボレーションモデル、「ムルシエラゴLP640-4ヴェルサーチ(Murciel ...

>ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)

後輪駆動、直管化されたランボルギーニ・ムルシエラゴ。見た目はシンプルに赤黒で

| なんともエキゾチックなランボルギーニ・ムルシエラゴ | ADV.1ホイールを装着した、ランボルギーニ・ムルシエラゴのカスタムカーが登場。 ムルシエラゴはアウディに買収される前のランボルギーニが発売 ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニ・ウラカン関連 >ランボルギーニ・ガヤルド関連 >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)

内装スペシャリストによるランボルギーニ各モデル(ムルシエラゴ/ウラカン/ガヤルド)のカスタムを見てみよう

| 内装スペシャリスト、Vilnerの手がけるランボルギーニのカスタムはこうなっている | ブルガリアのインテリア専門チューナー、Vilner(ヴィルナー)。 ポルシェ、フェラーリ、メルセデス・ベンツ ...

>ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)

「次期ディアブロ」として発売直前だった「ランボルギーニ・カント」。発売キャンセルの理由とは?

| 発売直前まで行っていた、幻の”次期ディアブロ” | ザガートがデザインした「ディアブロ後継モデル」、”Canto(カント)”ことスーパーディアブロ(1998)。 コードネームは「L147」とされる ...

>ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他) ■ニュース

【動画】ミリタリーな美女が任務でランボルギーニ2台をぶっ飛ばす!これは永久保存版

| ムルシエラゴ、アヴェンタドールの所有者が映画仕立ての動画を公開 | オランダの「Condept(映像制作会社っぽい)」によってランボルギーニ・アヴェンタドールとムルシエラゴが登場する映画っぽい動画 ...

>ポルシェ911関連 >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >フェラーリ(Ferrari) ■ニュース

本物のランボルギーニのパーツを使用した車型ソファに新作。セレブっぽいショールームに展示中

| ランボルギーニ・ムルシエラゴ風のソファがリリース | ランボルギーニなどスーパーカーのデザインを再現したデスクなどを製造するポーランドのデザイン・エピセントリウム(Design Epicentru ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 >ランボルギーニ・ウラカンのバリエーション >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)

ランボルギーニ「アヴェンタドールの後輪駆動モデルは絶対にない」。一方でサーキット専用モデルは「あるかも」

| アヴェンタドールの後輪駆動モデルは「NO」 | lamborghini aventador オーストラリアのメディア、「Drive」がランボルギーニの研究開発部門のボス、マウリッツォ・レッジャーニ ...

>パガーニ(PAGANI) >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)

パガーニがウアイラ・ロードスターのために”折り紙ルーフ”を開発。「正確に折り畳まないとルーフを収納できない」

| ダイネーゼと共同開発した”パガーニ・ファブリック” | パガーニが「ウアイラ・ロードスター」のソフトトップのために、新しい素材を開発した、と発表。 これはイタリアのバイクウェアメーカー、ダイネーゼ ...

>ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)

ランボルギーニ大阪/神戸新サービス工場へ。限定ムルシエラゴ、アヴェンタドールを画像にて

| 歴代V12モデルが勢ぞろい | さて前回はランボルギーニ大阪/神戸さんの新しいサービスファクトリーにて展示されていた車両、「ミウラP400S、カウンタック25THアニバーサリー、ディアブロGT」を ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニの限定車関連 >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他) ■近況について ■ニュース

ランボルギーニ大阪/神戸新サービス工場オープニングパーティーへ行ってきた。世界に一台のレアカーも登場

| アジアパシフィック地域最大規模、最新CIに沿ったサービスセンター | いつもお世話になっているランボルギーニ大阪/神戸さんのサービスセンターが新たに大阪は豊中に移転。 今までは尼崎にあったものです ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 >ランボルギーニ・ウラカン関連 >ランボルギーニ・ウルス関連 >ランボルギーニ・ガヤルド関連 >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)

【動画】ランボルギーニ55年、全モデルをエンジンサウンドつきで。その変遷を見てみよう

| ランボルギーニの歴史を7分に凝縮 | 1963年に始まった、ランボルギーニの歴史を紹介する動画が公開に。 最初に発売した350GT(第一号車のボディカラーはヴェルデ・アルテミス)にはじまり、ランボ ...

>マクラーレン(McLaren) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)

ガソリンスタンドにて、ランボルギーニから(体が大きすぎて)出てこれない男性。他にも同様の動画を見てみよう

体の大きな人は苦労が多そうだ ランボルギーニ・ムルシエラゴに体格のいい人が乗るとこうなる、という動画。 ガソリンスタンドにてムルシエラゴから男性が降りようとしているところを収めた動画ですが、これがなん ...

>ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)

MT仕様のランボルギーニ・ムルシエラゴが中古にて。4180万円と高値維持

アメリカに4台のみ、MT仕様のランボルギーニ・ムルシエラゴ・ロードスター ランボルギーニ・ムルシエラゴ・ロードスターの中古が販売中。 ただし、この個体が「他と違う」のはマニュアル・トランスミッションを ...

>ランボルギーニの限定車関連 >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)

ムルシエラゴベースのランボルギーニ・レヴェントン(レプリカ)。2800万円の価値はある?

スーパーカー系ユーチューバーがランボルギーニ・レヴェントン・ロードスターのレプリカを取材。 ベースはランボルギーニLP640-4とのことで、いわゆる「コンバージョンキット」を装着しているようですね。 ...

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.