>シボレー(CHEVROLET) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

新型コルベット「最新」予想レンダリング登場!ここ最近目撃されたプロトタイプの特徴を反映させた「いかにも」な仕上がりに

フロントセクションは現行C7コルベットのイメージを色濃く残したデザインに さて、発表されると言われながらも全然発表されない新型シボレー・コルベット(C8)。発表されない理由としては「48Vシステムの問題」と言われていたものの、実際には「車両制御コンピューターの問題」「パワーがありすぎて車体が耐えられない」「インターフェースの問題」のが原因だとする説も。とくに「パワー」に関してはリアのガラスが砕けるほどだと言われ、とんでもないトルクを発生するであろうことが予想できます(いかにシボレーにとって初のミドシップと ...

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

アストンマーティンは新型ヴァンキッシュに「ハードコア」「オープン」モデルを追加の意向。なぜそこまで急ぐのか、そうしなければならないワケ

マーケットを掌握するには「様子を見ている」時間はない アストンマーティンは衝撃の「ヴァンキッシュ・ヴィジョン・コンセプト」を発表していますが、何が衝撃かというと「ミドシップ」。これまでヴァンキッシュはずっとフロントエンジンレイアウトをキープしていたものの、なんと新型ではエンジンがミッドマウントされるということを意味し、これは「コルベットに続くFRからミドシップへのスイッチ」例となりそう。

ReadMore

■服や小物、時計、雑貨など

リーボックがあの名作「ポンプフューリー」プロトタイプを史上初の復刻!1994足限定、なんとしても手に入れるべし

ただしクルマの運転には全く向いていないスニーカー リーボックがなんとインスタポンプフューリー(INSTAPUMP FURY)「プロトタイプ」を復刻し3月22日より発売を行う、と発表。インスタポンプフューリーというとぼくが大好きなスニーカーのひとつですが、この「プロトタイプ」が復刻されるのは今回が「初」。これはいかなる犠牲を払ってでも手に入れねばなるまい、と考えています。 なお、インスタポンプフューリーが誕生したのは1994年で、今回発売されるのも発売年にちなんで1994足のみ。正式名称は「INSTAPUM ...

ReadMore

>マツダ(MAZDA)

マツダがル・マン参戦の計画を示唆。「まずはIMSAで優勝し、その後ル・マンへ。開催元とも話し合った」。そもそも現在IMSA参戦中のRT24-Pはもともとル・マンを意識したネーミング?

たぶんこのクルマはル・マン参戦を最終目標に開発されている マツダがル・マン24時間に復帰する計画を持っていることが明らかに。これはカーメディアThe Drive が報道したもので、セブリング12時間レース開催期間中に、同メディアがマツダ北米の役員へとインタビューしたことから明らかになったもの。ただしマツダは、まだその計画は「決定ではない」としながらも、ル・マン24時間レース開催元であるフランス西部自動車クラブ(ACO= Automobile Club de l’Ouest)とコンタクトを取り、すでにピエー ...

ReadMore

■駄文(日々考えること) ■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

この腕時計オーナーはこういった人々だ!ボクの考えるロレックス、ウブロなど高級腕時計を身につける人々の印象

あくまでも完全なる個人的印象 けっこうその腕時計とそのオーナーというのは「ある程度固定されたイメージがある」とぼくは考えています。つまりは「そのブランドの腕時計をしている人は、こういった人だ」というものですが、これはぼくの勝手な思い込みではあるものの、ここでその印象を述べてみたいと思います。※単にぼくがそう考えているだけで、事実はまた異なるのだと思う なお、クルマ同様に高級腕時計も「それ一本」しか所有していないという人もまた少なく、その意味でも「この腕時計オーナーはこう」と断じることはできないのかもしれま ...

ReadMore

>パガーニ(PAGANI) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

パガーニ・ウアイラの最終にして最強モデル?これまでにないエアロパッケージを持つ「ウアイラ・ドラゴン」が5台のみ限定にて登場

エアロダイナミクスに特化した限定モデル、第一号者はロシアのチューナーへと納車 ここ最近パガーニの謎プロトタイプが走行していることで世間を騒がせていましたが、これはパガーニ・ウアイラの新しいバージョン「ドラゴン」であることが判明。報道によると合計5台が製造される予定の限定モデルで、最初の一台はロシアのチューナー、「トップカー(TopCar)」に納車される予定である、とのこと。なお、トップカーは以前にもパガーニとのコラボレーションにてゾンダのワンオフモデルをリリースしていますが、パガーニにオーダーを行う「(ぼ ...

ReadMore

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)

オーストラリアにて、ホンダ・シビック・タイプRがパトカーとして納車!人々の安全意識を高めるためにSNSを通じて今後拡散されてゆくことに

注目度の高い車を注意喚起に使用するのは警察にとっても効率的な手段かもしれない オーストラリアはサウス・ウェールズ警察がホンダ・シビック・タイプRを警察車両として導入した、と発表。なお、これはサウス・ウェールズ警察が購入したものではなく、ホンダの現地法人(ホンダ・オーストラリア)と警察との「タイアップ」で、12ヶ月間ホンダがシビック・タイプを貸し出す、というもの。ちなみに今年はホンダのオーストラリア展開50周年でもあり、現地のホンダが展開する「記念プロモーション」の一環なのでしょうね。 ホンダは豪州進出50 ...

ReadMore

>ブガッティ(BUGATTI)

ブガッティ・ラ・ヴォワチュール・ノワールは「完成するのにあと二年」。展示されていたのはエンジンレスの「移動用モーター」搭載の試作車だった

あと二年もあればデザインやエンジンにも変更がありそう ブガッティは先日のジュネーブ・モーターショーにて、「自動車史上もっとも高価な」価格約20億円というプライスタグを掲げるワンオフモデル、ラ・ヴォワチュール・ノワール(La Voiture Noir)を発表していますが、これは現時点では「コンセプト」にとどまり、実際に市販モデルが製作されるには「あと2年は必要だ」とのこと。※すでに納車されたとも報じられていたものの、それは事実ではなかった模様

ReadMore

■このサイトについて >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど ■近況について ■ニュース

ランボルギーニのツーリングイベントに参加してくるぞ!空港を借り切って合法的にフル加速チャレンジができるまたとない機会だッ!

実は、今までランボルギーニのツーリングには参加したことがなかった さて、ランボルギーニのイベント(ツーリング)に参加することに。これはランボルギーニ大阪/神戸さんが主催するものですが、ぼくはランボルギーニのツーリングに参加するのは今回が初めて。ぼくは自分でイベントを開催することはあるものの、「皆で走る」ツーリングを開催することや、そして参加することも非常に少なく、それは「スポーツカーやスーパーカーが連なって走ると、飛び石を受ける可能性が高いから」。 一般にスポーツカーやスーパーカーはハイグリップタイヤを装 ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

アメリカでトヨタC-HR大幅値下げ。市場で急増するSUVへの競争力を維持できず?なぜ日本では値下げされないのかを考える

アメリカ市場と日本市場では規模、そして利益構造が異なる トヨタが北米において、2019年のC-HRを1,505ドル(17万円)値下げ。ただし単純に値下げを行っただけではなく、装備内容を見直したとしており、グレード構成は「LE」「XLE」「リミテッド」の3つに(アメリカでは「L」や「LX」「リミテッド」といったグレード名が好まれる)。最も安価なのは20,995ドルの「C-HR LE」となりますが、これは「229万円」からとなる日本の設定とほぼ同じ。 装備内容としてはLEDデイタイムランニングランプ、17イン ...

ReadMore

日産

>日産/インフィニティ(Infinity)

日産がまた発売しなさそうなコンセプトカー「IMQ」公開。日産第3世代のクロスオーバーに採用されるデザインを示唆

日産のコンセプトカーは市販されることが稀 日産がジュネーブ・モーターショーにて新型コンセプトカー「IMQ」を発表。日産によれば、このIMQコンセプトは 「未来の道を走る未来の「ニッサン インテリジェン ...

■このサイトについて >日産/インフィニティ(Infinity)

いい加減に日本でも発売して!日産が大人気クロスオーバー「キックス」にプロサーファーとコラボした”サーフ・コンセプト”を設定

現在は南米や北米、東南アジアで販売中 日産が主に南米と北米にて展開しているコンパクトクロスオーバー「キックス(Kicks)」に、サーフィンをテーマに下コンセプトモデル「キックス・サーフ・コンセプト」が ...

>日産/インフィニティ(Infinity) ■ニュース

「ブラックデビル」として恐れられたドイツの撃墜王が乗っていたフェアレディZ。死後にその自宅から出てきてカスタムされることに

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >日産/インフィニティ(Infinity) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

新型日産ジュークはこうなる?というレンダリング。「スープラ・ピックアップ」「GRっぽい」レクサスUXもあわせて公開に

けっこうこのままで出てきそう。新型ジュークは「上級移行」? 先日、新型日産ジュークのプロトタイプが目撃されたばかりですが、間髪入れずレンダリングアーティストが「新型日産ジュークの予想レンダリング」を作 ...

>日産/インフィニティ(Infinity) ■ニュース

【動画】この一台が日産の運命をすべて変えた!GT-Rの駆動システム、フェアレディZのエンジンの基礎を持つ1985年のコンセプトカー「ミッド4」

市販に至らなかったのは残念だが、その技術は後の自動車業界を大きく変えた ニスモ(NISMO)の公式Youtubeチャンネルが突如として日産が80年代にリリースしたコンセプトカー「MID4(ミッド4)」 ...

>日産/インフィニティ(Infinity) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

驚くほどキープコンセプト!モデルチェンジ版日産ジュークのプロトタイプが初めて補足される

モデルチェンジを迎える新型日産ジュークのプロトタイプが初めて捕捉。一見するとジュークだと判断することは難しいものの、「細長」デイタイムランニングランプに”バグアイ”ヘッドライト、そしてサイドウインドウ ...

>日産/インフィニティ(Infinity) >ダイハツ(DAIHATSU) ■近況について ■ニュース

【動画】リバティーウォーク製オーバーフェンダーキット装着のGT-R、そしてコペンが並ぶ!思ったよりも「GT-R再現度」は高かった

キッズ向け乗用カートを並べると3台が同じ仕様に 大阪オートメッセにて展示されていた、リバティーウォークのエアロパーツを装着した日産R35GT-R、そしてGT-R風にカスタムされたダイハツ・コペン「GT ...

>日産/インフィニティ(Infinity) ■近況について ■ニュース

【動画】「大坂なおみGT-R」大人気!大阪オートメッセの日産ブース、会場での日産車はこんな感じ

日産ジューク Personalization Adventure Conceptの人気はイマイチだった 大阪オートメッセに展示される日産車をここで紹介。まずは日産ブースからですが、すでに東京オートサロ ...

>日産/インフィニティ(Infinity) ■近況について ■ニュース

【動画】オートメッセでは最多勢力!過去から現在に至るまで、KPGCからR35までの日産GT-R全世代カスタムを見てみよう

日産GT-Rはぼくらにとってもチューニングショップにとってもヒーローだ さて、大阪オートメッセ「日産GT-R」編。GT-Rはやはり大変な人気で、初代スカイラインGT-RからR35 GT-Rまで多数が登 ...

>アウディ(Audi) ■新型車情報/スパイフォト/噂など >その他イタリア車

GT-R50でその名を知られたイタルデザインが新型車を出すようだ!イタリアンテイストあふれるミドシップスポーツ?

ベースはやはりアウディR8? イタルデザインがジュネーブにて発表する新型車のティーザー画像を立て続けにドロップ。イタルデザインはかつてジョルジエット・ジウジアーロ氏が率いていたデザイン事務所兼カロッツ ...

>日産/インフィニティ(Infinity) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

日産がジュネーブにて「新型コンセプトカー」を初公開する、と発表。新型ジュークのプレビューモデル?

トヨタC-HRのシェアを奪うべく高いコストパフォーマンスを備える? 日産がジュネーブ・モーターショーで新しいコンセプトカーを発表する、とアナウンス(画像はGripzコンセプト)。現在はそれ以上の情報は ...

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >日産/インフィニティ(Infinity) >マツダ(MAZDA) >三菱(MITSUBISHI) >スバル(SUBARU) >ダイハツ(DAIHATSU)

2019年1月の国産車登録。なんと日産は1-2フィニッシュ、トヨタの支配力が徐々に弱まる。一方レクサスは過去最多の3モデルがランクイン

日産、レクサスが過去最多レベルでランクイン。全体的に高価格帯のクルマが売れている? 2019年1月の国産車登録状況。輸入車と大きく変わるのは「昨年12月と、今年1月との差があまりない」といううこと。一 ...

>日産/インフィニティ(Infinity) >三菱(MITSUBISHI)

ランエボが復活するとこうなる!三菱が好きすぎるファクトリーがエクリプス顔の「ランサー・エディションR」を製作

あまりの完成度の高さにオフィシャルと見まごうほど ポーランドのラリーカービルダー、Dytko Sportがカスタムカーとして「ランサー・エディションR」を製作。Dytko Sportは実際にランサー・ ...

>日産/インフィニティ(Infinity) ■ニュース

技術の日産が「見えない情報を視覚化してドライバーに伝えるAI」開発。AIをアバターとして車内に登場させることも可能

2019/1/6    , , , ,

その技術の名は Invisible-to-Visible (I2V) 日産がラスベガスにて開催される家電見本市「CES2019」にて、ドライバーに見えない状況を視覚化してドライバーに伝える技術、 In ...

>日産/インフィニティ(Infinity) ■ニュース

【動画】まさに狂気!ボディパネルをすべてカーボンファイバーに置き換えたGT-Rが登場。かかった費用は850万円、軽くなったのは140キロ

スーパーカーメーカーの「カーボンボディ」よりも安く、費用対効果(軽量化)は悪くない 驚くべきことにボディのパーツすべてをカーボンに置き換えた日産R35 GT-Rが登場。バンパー、フェンダー、ボンネット ...

>日産/インフィニティ(Infinity) ■ニュース

2019年の日産は本気だ!オートサロンに世紀末っぽいハードカスタムが施されたジュークを展示

日産がここまでオートサロンに力を入れたことはない(と思う) なにかと渦中にある日産ではありますが、そのネガティブな雰囲気を吹き飛ばすかのように、東京オートサロン2019(2019/11/11-1/13 ...

>日産/インフィニティ(Infinity) ■新型車情報/スパイフォト/噂など ■ニュース

これが次期日産GT-R?現行モデルにGT-R50やコンセプトカー、最新の日産デザインをプラス

次期GT-Rは現行R35 GT-Rのデザインを継続する?しない? CGデザイナー、イーノック・ガブリエル・ゴンザレス氏が「次期GT-R(R36)」のレンダリングを公開。このレンダリングは現在のR35 ...

>日産/インフィニティ(Infinity) ■ニュース

日産GT-R「大坂なおみ選手モデル」が限定50台で発売!ドライカーボン製ウイング装着などけっこう本気

2018/12/20    , , , ,

内外装ともに専用色を採用、意外とスペシャル感が強い 日産が2019年1月に50台限定となる「大坂なおみ選手 日産ブランドアンバサダー就任記念モデル」を発売し、それに先駆け予約受付を開始した、と発表(G ...

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.