>VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) >アウディ(Audi) >ランボルギーニ(Lamborghini) ■バイク(自転車/自動二輪)

VW「財政状態好転につき、ドゥカティ売らなくてもいいかも」。一転しドゥカティ身売り撤回の可能性

投稿日:2017/08/07 更新日:

なかなか決まらないドゥカティの売却。
現在ドゥカティはフォルクスワーゲン・アウディグループに属しますが、フォルクスワーゲンはじめグループ各社の「ディーゼル不正事件」によってリコール費用や修復費用、補償金などを拠出する必要があり、グループはかねてよりドゥカティの売却を検討中(一時はランボルギーニも売却かとまで言われた)。

ただ、フタを開けてみるとフォルクスワーゲン・アウディグループの販売は好調で、昨年もトヨタを抑えて「販売台数世界一」。
加えて、ちょうど「プラットフォーム共通化」を進めていたこともあってコストが大幅に削減され、とくにもっとも数が出るであろう車種へのMQBプラットフォーム採用の効果は大きく、とくにこれはエンジンやギアボックス関連のパーツが「90%削減(つまりバリエーションが1/10に抑えられる)可能」となっています(VWゴルフやアウディTTもこのプラットフォーム)。

そういったこともあって「むしろ財政状況が好転」しつつあり、フォルクスワーゲンとしても「もうドゥカティ売らなくてもいいんじゃない」的なムードが役員間でも多くを占めるようになった、とのこと。
売却先がなかなか決まらなかったのは買い手の問題問よりも、フォルクスワーゲン側が「態度を決めることができなかった」のが大きいと思われ、ロイターに対してもフォルクスワーゲンのスポークスマンが「財政状態は良好で、バーゲンプライスでドゥカティを手放す必要がなくなった」と述べています。

現在のところフォルクスワーゲン・アウディグループとしてはドゥカティを持つことでのシナジー効果を上手く出せておらず、イベントを共同開催したり、一部コンセプトカーにドゥカティのエンジンを載せたり、ドゥカティの新型バイクに(おそらくランボルギーニが開発した)カーボンコンポジット素材を使用している程度。

今回「売却しない」ことが固まればそれは嬉しい限りですが、ここから積極的に相乗効果を出せるように各ブランド間で技術の共有などを推進してゆくのかもしれません(ランボルギーニ×ドゥカティのダブルネームなど出してほしい)。

関連投稿
ハーレー・ダビッドソンがドゥカティを買収?ゴールドマンを介して動き出したとの報道
やはりアウディはドゥカティ売却か。今回は4社まで候補を絞り込んだとの報道
ランボルギーニ製ドゥカティ?ランボルギーニのカーボン技術が注入された「1299スーパーレッジェーラ」発表
ランボルギーニ+ドゥカティ+イタリア空軍のコラボイベント開催。イタリアンカラーが空を彩る
アウディのR/RSモデル大集合。ドゥカティ959パニガーレも参加し最速を競う動画

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen), >アウディ(Audi), >ランボルギーニ(Lamborghini), ■バイク(自転車/自動二輪)
-, , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5