>レンジローバー/ランドローバー(RangeRover)

ランドローバー「ディスカバリーSVX」登場。メーカー純正カスタム、エクストリームな究極オフローダー

更新日:

ランドローバーが「ディスカバリーSVX」をフランクフルト・モーターショーにて公開。
これはジャガー・ランドローバーの特殊車両製造部門(映画007に登場する車両もここで作っている)SVO=スペシャル・ビークル・オペレーションズが手がけたもので、ディーゼルV8エンジン搭載のハードコアモデル。

もちろん「ハードコア」といってもランドローバーのそれはポルシェのような「サーキット指向の」モデルではなく、もちろんオフロードに特化したもの。
リアにはウインチが内蔵され、こんなエクストリームな使い方も。

外観としては前後バンパーの変更、ルーフへのLEDバーが追加されるほか、フロント、サイド、リアやホイールにオレンジの加飾が施され(デリカに設定される”アクティブギア”と同様の手法)、よりアグレッシブな印象に。

タイヤもオフロード仕様となり、どこへでも走って行けそうです。

ディスカバリーは日本だと「HSE」の779万円から。
3列シートを備えた7人乗りで、レンジローバーブランドから発売されてもおかしくない、洗練された外装や充実した装備や高級な仕上げをもつオフローダー。
とくにインテリアは「まんまレンジローバー」とも言えるほどですね。

現行モデルは先代に比べて480キロも軽量化されるなど大きく変革を遂げており、オンロード/オフロード性能ともに向上。
コネクティビティや快適装備も充実し、「これ一台ですべてをまかなえる」存在になったと認識しています。

なお、今年始めにもランドローバーはSVOにて赤十字仕様にカスタムしたディスカバリーを公開しており、その汎用性の高さも立証済み。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->レンジローバー/ランドローバー(RangeRover)
-, , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5