>フォード(FORD)

アメリカのパトカーはこう変わった、1950年代から現在までをアニメーションで解説

投稿日:2017/10/07 更新日:

| アメリカのパトカーにはフォードが多い |

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は police.jpg です

フォードは古くからアメリカ国内においてパトカー用に車両を提供していますが、その「変遷」を動画で紹介。
1950年代のフォード・インターセプターに始まり、1980年代のマスタング、その後はよく映画に出てくるクラウン・ヴィクトリアなども登場。
さらにはトーラス、そして現代の警察に採用されるフュージョンへ。

ボディカラーについても現在の「ブラック基調」となるまでには、グレーっぽいものやブルーをメインにしたもの、時にはグリーンなど珍しいカラーも存在していたことがわかります。
さらには「カーチェイス」が日常的にあるせいか、早い段階から400馬力以上のパトカーを導入したり、と日本の警察とは随分異なる様子も。

関連投稿
フォードがF-150を「ポリススペック」にカスタムしてタフなパトカーに。内外装を徹底強化
カリフォルニア警察がワンオフのチューンド・マスタング(730馬力)をパトカーに採用
一般市場だけではなくパトカーにもSUV人気の波。アメリカで警察がSUVの導入を加速
コイツから逃げるのは難しそうだ。カリフォルニア警察がダッジ・チャージャーをパトカーに導入

なお、現在アメリカではパトカーすらも「SUV」がブームだと言いますが、パトカーも時代を反映する一つの鏡かもしれませんね。

関連投稿
ポルシェが各世代ごとの生産台数、デザインの変遷を動画で公開。やっぱり996は売れていた
1957年から現代まで。F1のステアリングホイール変遷を一覧できる動画が公開に
ル・マン優勝車を動画で確認。1923年のブガッティから2014年のアウディR18まで
これはナイス。BMW3シリーズ40年の変遷を図解した動画(ドーナツメディア)
これはわかりやすい。イラストと動画で示すポルシェ911の進化過程

それでは動画を見てみよう

こちらが1950年代から現代に至るまでのパトカーの変遷を紹介した動画、「Ford Police Responder Hybrid: The Evolution of Police Vehicles | Hybrid and Electric Vehicles」。

VIA:Ford Motor Company

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->フォード(FORD)
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5