>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■車/バイクの試乗記、購入検討や比較

ホンダ・シビック・タイプR/FK8の見積もり取得。切り詰めれば乗り出し500万円以下でイケそうだ

投稿日:2017/10/04 更新日:

シビック・タイプRの乗り出しはいくら?→5,282,810円

シビック・タイプRの見積もりを取得してみる。グレードは一本のみ

さて、新型シビック・タイプRの見積もりを取得。
シビック・タイプRのグレードは一本で価格は4,500,360円となっており、駆動方式やトランスミッションのバリエーションは一切ないのでシンプルでわかりやすいですね。

なおシビック・タイプR(FK8)には多数のオプションがあるものの、いわゆる「メーカーオプション」、つまり注文時に工場にて装着を依頼するオプションはなく、あるのは「メーカーオプション」つまりディーラーにて装着するもののみ。

シビック・タイプRは「どんな車なのか」実際には所有してみないとわかりかねる部分があり、自分のものとして走らせてみないと「何が必要なのか」「カスタムの方向性」もわからない車。
よって今回は「ナビ(一番安いやつ)、ドラレコ(これも一番安いやつ)など」必要なものだけを選択肢ており、ほかのオプションはまったく取り付けない状態で見積もりを取得しています。※サードパーティーからも大量にチューン/カスタムパーツが出てくるはずで、今の時点でディーラーオプションを早まって選ぶ理由はない

取得した見積もりを見てみよう

以下が実際に取得した見積もりの中身。
ほとんどオプションのない状態となっていますが、「コーティング」「点検パック」「延長保証」などディーラーおまかせの項目も含まれています。
これらは「削る」ことができると考えれば、「262,192円ぶんの」価格を下げることができ、「502万円」で乗り出せる、ということに(値引きを考えれば500万円は切れるかも)。

HONDA CIVIC TYPE R (6MT)
車両本体価格:4,500,360
自動車税:23,000
取得税:121,000
重量税:36,900
自賠責保険料:36,780
OSS申請代行手数料:24,300
納車費用:19,440
リサイクル資金管理料:290
希望番号代:10,800
車庫証明:2,700
検査・登録・届出:5,900
印紙代:200
リサイクル法関連費用:10,200
(ここからオプション)
フロアマット:66,096
ナビ:121,284
コーティング:88,522
ドライブレコーダー:36,828
ETC登録:2,700
点検パック:155,640
延長保証マモル:18,000
合計:5,282,810円

IMG_2477

なお、シビック・タイプRは現在のところ納車1年待ち。
予約受注も相当数あるためにまずは予約から捌くことになるとのことですが、世界的な人気もあって納期は「遅れがち」。
よってこの「1年待ち」ももうちょっと長めに考えておいたほうが良さそうですね。

シビック・タイプRの競合を考えるとするとフォルクスワーゲン・ゴルフ(389万円、230馬力)、メガーヌR.S.(273ファイナルエディション、399万円/273馬力)となりそうですが、馬力で言えばシビック・タイプRの320馬力が圧倒的。

その分価格は高くなるものの、ゴルフGTI、メガーヌR.S.は中古相場を見る限り値落ちが大きく、しかしシビック・タイプRは歴代モデルを見ても高値安定。
「タイプR」は一つのブランドとして確立されていると考えることができ、「購入時高くとも」売却時も高額だと思われ、パフォーマンスやリセールなどあわせて考えると「まず比較できる車はない」のかもしれません。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5