>その他の国の車

リマックがセレブっぽい「カリフォルニアエディションC_Two」発表。シャンパンボトル、グラスも装備

投稿日:

| リマックが限定にて「カリフォルニア・エディション C_Twoを発表 |

リマックがモンテレー(モントレー)・カーウィーク開催に先駆け、限定モデル「カリフォルニア・エディションC_Two(California Edition C_Two)」を発表。
毎年8月の第3週あたりに開催されるこのイベントでは、オークションや蚤の市、ヒストリックカーイベント様々な催しが街のあちこちで開催され、しかしメインはペブルビーチ・コンクール・デレガンス(Pebble Beach Concours D'elegance)。
ここでは毎年様々なワンオフモデルやコンセプトカー、ニューモデルが発表されていますね。

エクスクルーシブな新型車発表はもはやプライベートイベントで

ここ数年はモーターショーにて新型車を発表するケースが極端に減り、代わりにこういった場で新型車をお披露目するメーカーが多数登場しています。

その理由としては「モーターショーは、費用がかかりすぎる割に効果が薄い」と感じられるようになったこと。
そのためにモーターショーから撤退するメーカーが相次いでおり、代わりに注目しているのがこういったプライベートイベントや、それに類するもの。

ランボルギーニがパリ・モーターショー「欠席」と発表。VWに続きこれで10社が不参加表明

現代ではモーターショーでなくともSNSはじめオンラインで新型車を公開した方が効率的であるとも考えられ、むしろイメージ的には入場が制限されたゴルフ場やホテルといった場で、スーパーカーやハイパーカーなどを購入できる財力がある紳士淑女のみを集めて、シャンパングラス片手にゆっくりクルマを見ることができる場を設けた方がいいのかもしれませんね。

rimac_c_two_09

反面、知名度の低いメーカーにとっては「SNSで新型車を公開しようとも」そもそも認知機会がないために拡散せず、よってそういったメーカーにとってはモーターショーのほうが効率的である可能性があって、つまり来場者が「モーターショー会場に来て、はじめてそのメーカーや、そのメーカーの新型車を知った」というようなケースですね。

そういった意味では今後「大手メーカーはモーターショーから撤退し、むしろ出展するのは新興メーカー、知名度の低いメーカーだけ」といった様相へとシフトする可能性も。

rimac_c_two_08

リマックの場合はすでに一定の地位や知名度を獲得しており、よってオンライン上の公表であっても十分な拡散が見込めることになりますが、それもやはり「ずば抜けたパフォーマンス」が各方面で取り上げられたからこそ。

ケーニグセグ、NIOも同様であり、やはり新興メーカーにとって「記録」「数字」が非常に重要であるということがわかりますね。

rimac_c_two_07

カリフォルニア・エディション C_Twoはセレブ仕様

リマックC_Twoはリマックにとっての(コンセプト・ワンに続く)市販車第2号ですが、コンセプト・ワン発売後に獲得した豊富な資金によって大きく品質や内容が向上。



そのため、コンセプト・ワンの販売台数が10台のみであったのに対し、C_Twoではなんとすでに初年度生産分の150台を完売した、とも伝えられています。

rimac_c_two_02

リマックC_Twoはピュアエレクトリックカーで、モーターを4基装備する4WD駆動。
フロントはシングルスピード、リアには2段の変速機を持つ、とアナウンスされています。

0-100キロ加速はなんと1・85秒というスペックを持ち、これは現在発売されている、もしくは発売が確定しているクルマの中では「最速(この次はテスラ・ロードスターの1.9秒)」。

rimac_c_two_03

今回のカリフォルニア・エディションC_Twoでは発表時のイメージカラー(無機質なメタリックグレー)とは異なって明るいブルーを身にまとい、内装もオレンジっぽいブラウン。

リマック C_Two登場。1888馬力、0-100キロ加速1.85秒をマークし現在のところ「世界最速」

そしてこのブラウンレザーは「ヴィンテージ調」を採用し、クラシカルかつエレガントな印象すら受けます。

rimac_c_two_06

そしてホイールも新デザインを採用。

rimac_c_two_05

特筆すべきはリアに設置された「シャンパンボトルホルダー」。
3リッターボトルを2本収めることができ、シャンパングラスもセット可能となっています。

発表の場がモントレー・カーウィークということもあり、さすがにセレブな仕様ではありますね。

rimac_c_two_04

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->その他の国の車
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5