>レンジローバー/ランドローバー(RangeRover) >ロールスロイス(Rolls-Royce)

「砂上のロールス・ロイス」、レンジローバーを上品にカスタムしたチューナー登場

投稿日:2018/12/03 更新日:

| ヤッパ時代はグレーですよ |

レンジローバー専門チューナー「オーバーフィンチ(Overfinch)」が新たなレンジローバーのカスタムを公開。
レンジローバーのカスタムとしてはオーバーフィンチのほかカーン・デザインやアーデン、Lummaデザインなどが有名ですが、いずれも「派手めな外観」が特徴となっています。

しかしながらオーバーフィンチは一瞬「純正」かと見紛うほどの上品なカスタムで知られ、今回公開された一連のレンジローバーも「レンジローバーの新しいバリエーションでは?」と思えるほどの自然さと完成度の高さを持っているようですね。

ノーマルの良さを引き立てるようなカスタム

オーバーフィンチ自体がこのカスタムを「RANGE ROVER REDEFINED BY OVERFINCH(オーバーフィンチがレンジローバーを再定義する)」と命名しているとおり相当な自信作で、ノーマルの雰囲気を残しながらもスポーティーさを増加させていることがわかります。

なお、こちらの個体はグレーにグロスブラックという、今もっとも注目されているカラーコンビネーション(しかもブレーキキャリパーはイエロー)。

12ab86e8-2018-overfinch-range-rover-tuning-36

カスタムの構成としてはフロントバンパー、サイドステップ、リアバンパー、リアディフューザー、エキゾーストシステム、ホイールといったところのようですね。

54644e1d-2018-overfinch-range-rover-tuning-26

そしてこちらはブラックとグレーとのツートンカラー。

bd0e2f4b-2018-overfinch-range-rover-tuning-25

レンジローバーで「ツートン」はかなり珍しいと思いますが、上品さがより引き立つ模様。

e6e3fc3f-2018-overfinch-range-rover-tuning-2

こちらはブルー。

b572c490-2018-overfinch-range-rover-tuning-1

インテリアはこんな感じ。

e3c5b315-2018-overfinch-range-rover-tuning-28

レンジローバーは「砂上のロールスロイス」と言われてきたが

レンジローバーというと、「砂上のロールスロイス」「オフロード上のロールスロイス」と言われてきたことが有名で、つまりはそれほど「乗り心地がいい」ということ。

ただし今は実際にロールスロイスが「カリナン」を発売してしまい、本家本元のロールスロイスがオフローダーを持つに至っています。

しかしぼくが思うのは、「それでもレンジローバーのほうが乗り心地がいいかもしれない」ということ。
というのも、現在は各社がオフローダーを発売しており、ジャガーF-PACE/E-PACE、BMW Xシリーズ、アウディQシリーズ、ポルシェ・カイエン/マカン、ベントレー・ベンテイガなど。

中にはレンジローバーを超える価格を持つものや、より高級であることをアピールするSUVもありますが、それらの殆どを実際に運転してみた結論から言うと、「レンジローバーを超える乗り心地を持つクルマは無い」。

いかにポルシェがオンロードでの安定性を強調しようともレンジローバーのそれには敵わず、やはりレンジローバーは世にも珍しい「4WD専業」メーカーだけはある、と考えています。

どこがどう違うのかということですが、簡単にいえば操縦安定性で、レンジローバー以外はロールやピッチが大きく、ダブルレーンチェンジなどではちょっと不安を感じることも。

「安心して乗れる」となるとやはりレンジローバーということになりますが、その意味でも「次にまたSUVを購入することがあれば」それはやはりレンジローバーになるだろうな、とも考えています(リセールに劣るのが玉に瑕ですが)。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5