>アウディ(Audi)

アウディでもっともハイパワーなのはR8じゃなかった!705馬力の限定モデル「RS6ノガロ・エディション」を735馬力にチューン

更新日:

| ABT自身がチューンしたクルマをさらにABTが再チューン |

アウディは2018年初めにABTとのコラボレーションによって「アウディRS6アバント・パフォーマンスノガロ・エディション(RS6 Avant Performance Nogaro Edition)」を150台限定にて発表しています。

アウディとABTが公式にコラボして市販車を発売するというのも驚きですが、その出力が「705」馬力で、R8の出力(610馬力)を大きく超えていることもまた驚きですね。

そして今回はその「アウディ史上もっともハイパワーな」アウディRS6アバント・パフォーマンスノガロ・エディションを、そのチューンを担当したABTがさらにチューンしたというわけのわからないクルマが登場することに。

アウディがRS2へのオマージュ「RS6アバント・ノガロ・エディション」発表。なんとABTとのコラボで705馬力

735馬力、0-100キロ加速は3.1秒

このチューンされた「アウディRS6アバント・パフォーマンスノガロ・エディション」は出力が705馬力から735馬力へと向上しているのが最大の特徴ですが、外観についてもさらにアグレッシブなイメージへとバージョンアップ。

まずこちらは”通常の”アウディRS6アバント・パフォーマンスノガロ・エディション。

Hochleistungssportler in limitierter Sonderserie: Audi RS 6 Avan

こちらが今回ABTがさらにチューンしたアウディRS6アバント・パフォーマンスノガロ・エディション。

フロントフェンダーが拡大されてエアアウトレットが装着され、サイドステップとリアバンパー下部にもエアロパーツが装着。

そのほかアウディのフォーリングス・エンブレムがブラックになり、エキゾーストシステムも変更されているようですね。

audi-rs6-avant-performance-nogaro-edition-in-kempten (2)

こちらは前から見た、通常のアウディRS6アバント・パフォーマンスノガロ・エディション。

こちらがチューンされたアウディRS6アバント・パフォーマンスノガロ・エディション。
やはりアウディのフォーリングスがブラックになり、フロントグリルの「quattro」文字は「RS6+」へ。

フロントスポイラーは大きく張り出したものへと変更され、ダクトにはカーボン製のエアガイドも追加。
ホイールはもともと外周に切削加工が施されていた部分がボディカラーに合わせて「ブルー」に。

audi-rs6-avant-performance-nogaro-edition-in-kempten (1)

ちなみにこの「ブルー」はアウディ初の「RSモデル」であるRS2へのオマージュで、アウディRS6アバント・パフォーマンスノガロ・エディションは限定台数の150台がすべてこの「ノガロ・ブルー」とのこと。

それでは動画を見てみよう

こちらがその”ABTがチューンしたRS6をまたABTがチューンしたRS6”を世界初公開にて紹介する動画、「WORLD PREMIERE! 2018 735HP AUDI RS6+ NOGARO EDITION by ABT SPORTSLINE」。

VIA:Auditography

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->アウディ(Audi)
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5