>ダイハツ(DAIHATSU)

ダイハツが「消費者の声に応えて」コペン”クーペ”発売。過去にも「買う買う詐欺」に遭ったのをお忘れか?

投稿日:2018/12/21 更新日:

通好みのシックな仕様とカラー、200台のみの限定販売

ダイハツが2019年に開催されるオートサロンの出展概要を公開。
今回の目玉はなんといっても「コペンクーペ」。
これは東京オートサロン2016年に出展されたコンセプトカーの市販化ということになりますが、ダイハツいわく「皆様からの声に応え」たもの。

ちなみにダイハツはコンセプトカー等の反響を真に受けることが多く、これまでも「YRV」「ミゼットⅡ」について「コンセプトカーの反響が良かった」ことから発売に踏み切ったと記憶していますが、どちらも実際に発売すると「不発」。

要は「買う買う詐欺」のようなものですが、”欲しい”と”買いたい”とは全く別な要素であるということは理解する必要があるかもしれません。

copen
▲こんな感じで発売を熱望する声があったが・・・

ただ、今回の「コペンクーペ」については通常モデルではなく限定販売。
台数は200第に抑えられているので完売は難しくないとは思うものの、標準モデルの「コペン・ローブ」の1,852,200円に比較してコペン・クーペは一台あたりのコストが高くなってしまい、その価格は2,484,000円~という設定です。

なお、現在のコペンの販売状況はこんな感じ。

コペン・クーペは価格に見合うだけのことはある?

コペン・クーペは文字通りコペンをクーペ化したもので、カーボン製ハードルーフを持つことが特徴。

copen2

ボディカラーはブリティッシュグリーンマイカとパールホワイトⅢのみの設定で、インテリアカラーは前者向けに「ベージュ」、後者は「ブラック」というコンビネーション。

copen5

ボディ形状のほか、特別装備としては「特製シリアルナンバープレート」「COPEN Coupe専用エンブレム」があり、標準装備だとBBS製16インチホイール、MOMO製ステアリングホイールなど。

ボディカラーやインテリアカラー、そしてBBSやMOMOといったセレクトを見るに、「シニア(ツウなナイスミドル)向け」といった印象も受けますね。

copen3

価格はボディカラーやトランスミッションによって異なり、ブリティッシュグリーンマイカの7速CVT車で2,484,000円、5MT車が2,505,600円(やはりMTは生産が少ないので高い?)。

パールホワイトⅢのほうはちょっと高めで、7速CVT車が2,505,600円、5MT車が2,527,200円だとアナウンスされています。

ちなみに購入方法は「商談権申し込み(2019/1/11~2/11)」→「抽選(2019/2中旬)」→「当選発表、そうでなければキャンセル待ち」→「商談」→「契約・納車」という流れ。※ダイハツによるコペンクーペのスペシャルサイトはこちら

ほかにも魅力的なコンセプトカーを多数展示

なお、ダイハツはこのコペンクーペのほかにもオートサロン向けに多数のコンセプトカーを展示する、と発表。

コペン セロ スポーツプレミアムVer.ほほか、ミラ・トコットには「スポルザVer.」「アクティヴVer.」「エレガントVer.」、

mira

トール・カスタム・プレミアムVer.(このほうが実際にはコペン・クーペよりも売れそう)、

thor

ムーヴ・キャンバス 初音ミク・リミテッドパッケージ ビーチクルージンVer.、

miku

ハイゼット・トラック・ジャンボ・カリフォルニア工務店Ver.、ハイゼット・トラック・マルシェVer.などが出展されるようですね。

hijet

VIA:DAIHATSU

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5