>フェラーリ(Ferrari) >ランボルギーニ・ウラカン関連

フェラーリのカスタムで有名なミーシャ・デザイン・今回はランボルギーニ・ウラカンを派手にカスタムしてみた

投稿日:

現段階ではレンダリングにとどまる

ミーシャ・デザインがランボルギーニ・ウラカンのチューニング・プログラムを公開。
現段階ではレンダリングにとどまりますが、その内容はほぼボディ全般にわたり、手が入っていないのはルーフとドアくらい。

ちなみにランボルギーニ・ウラカンは設計時からワンメイクレース「スーパートロフェオ」への参戦、そしてGT3クラスやGTEクラスへの参戦を想定し、そのために必要な改造、そしてレース参戦後のアップデートやクラッシュ時の補修を想定し、「各パネルが簡単に(いうほど簡単じゃないと思うけど)取り外しできる」ように設計されています。※通常の車であれば、Cピラーと繋がっていて簡単には取り外せないリアフェンダーであってもボルトオン

ランボルギーニ・ウラカン by ミーシャ・デザインのボディパネルはほぼ全交換

今回公開された画像を見ると、フロントだとバンパー交換にはじまり、それに付随するカーボンパーツ付与、そしてルーバー付きのフロントフェンダー、スーパートロフェオ”EVO”のようなデザインを持つフロントフード。

サイドにはやはりカーボン製のサイドステップが装着されますが、これはムルシエラゴLP670-4のようなデザインですね。

画像に含まれている可能性があるもの:車

そしてリアフェンダーも左右と後方への張り出しが大きなものへと交換され、リアバンパーとリアディフューザーもオリジナル形状へ。
もちろんリアウイングも装着されています。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

リアバンパーサイドのエアロパーツはなかなかに形状が面白く、ヘキサゴン(六角形)形状を持つテールパイプもまた独特の雰囲気を醸し出していますね。

ミーシャ・デザインはこれまでにも過激なパーツを沢山送り出している

なお、ミーシャ・デザインはカリフォルニアベースのカスタムパーツメーカー。
走行性能の向上というよりは外観のカスタムを中心に手がけ、その意味ではリバティーウォークと近い性格を持つのかもしれません。

ミーシャ・デザインはこれまでにもフェラーリ488GTBをベースにした多数のカスタムを公開しており、488GTBをFXX K Evo風にしてしまうカスタムや、

ラ・フェラーリ風にカスタムしてしまうものも。
その多くはかなり過激なイメージを持つものばかりですが、この「ラ・フェラーリ風」はけっこうすっきりしていていい感じですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->フェラーリ(Ferrari), >ランボルギーニ・ウラカン関連

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5