>アストンマーティン(Astonmartin) ■服や小物、時計、雑貨など

アストンマーティン「DBSスーパーレッジェーラ タグ・ホイヤー エディション」の詳細と腕時計が公開!腕時計のホイヤー02はまんま「アストン仕様」に

投稿日:

思ったよりもカスタムの範囲が大きかった

アストンマーティンは先日「DBSスーパーレッジェーラ」の限定モデル、「タグホイヤー・エディション(TAG HEUER Edition)」を発表していますが、今回はその詳細画像、付属する腕時計の画像、そして車両価格が邦貨換算で4200万円であることを発表。※標準仕様のDBSスーパーレッジェーラは3400万円くらいなので、かなり高価な特別仕様車ということになる

DBSスーパーレッジェーラ・タグホイヤー・エディションは限定50台

アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ・タグホイヤー・エディションは50のみの限定モデルですが、クルマの仕様と同じ腕時計「DBSエディション・カレラ・ホイヤー02(DBS Edition Carrera Heuer 02)」が付属するのが一つの特徴。

文字盤はもとのホイヤー02同様「スケルトン」構造を採用するものの、DBSスーパーレッジェーラのグリル同様、「ヘキサゴン」状にカットされていることがわかりますね。

写真の説明はありません。

そのほかベルト(ストラップ)はDBSスーパーレッジェーラをイメージしたエンボス加工が施され、ケースもDBSスーパーレッジェーラに使用されるフォージドカーボンを、そして全体的なカラーリングにも「ブラックとレッド」を採用し、車両を強く意識したデザインが与えられています。

ちなみにベースとなる「タグ・ホイヤー・カレラ・キャリバー・ホイヤー02」はこういったデザイン(トゥールビヨンを除くと、70万円くらい~112万円くらいの価格帯)。

写真の説明はありません。

DBSスーパーレッジェーラ・タグホイヤー・エディションはこういった仕様を持っている

車両としてのDBSスーパーレッジェーラ・タグ・ホイヤー・エディションも当然ながら「ブラック×レッド」の仕様を持っており、ボディカラーは「モナコブラック」。

画像に含まれている可能性があるもの:屋外

一方でルーフ、ミラー、エアベント、ルーバー、スプリッター、スポイラーはマット仕上げのカーボン地となっています。

写真の説明はありません。

そしてホイールもブラック、ブレーキキャリパーはレッド、タイヤレターもレッド(タイヤはピレリ・カラーエディション)。

「Superreggera」「DBS」バッジは鍛造カーボン製ですね。

写真の説明はありません。

インテリアもブラック×レッド

そしてDBSスーパーレッジェーラ・タグホイヤー・エディションのインテリアも当然ブラック×レッドですが、ブラックレザーにブラックアルカンターラ、レッドステッチ、そしてセンターコンソールやドアインナーパネルのトリムには鍛造カーボンという組み合わせ。

ボディ同様、同じ「ブラック」でも光沢によってコントラストが設けられており、なんとも豪華な印象を与えます。

写真の説明はありません。

なお、DBSスーパーレッジェーラ・タグホイヤー・エディションの各50台は、アストンマーティンCEO、アンディ・パーマー氏によって一台一台検品されてから出荷される、とのこと。

写真の説明はありません。

今回のコラボレーションが実現したのはアストンマーティンとタグホイヤーとのパートナーシップ契約締結によるもので、他に腕時計メーカーと自動車メーカーとのコラボレーションだと、「フェラーリとウブロ」「ランボルギーニとロジェ・デュブイ」「シェルビーとボーム&メルシエ」「レンジローバーとゼニス」「アルピーヌとTISSOT」「ルノー・スポールとベル&ロス」「マセラティとブルガリ」「ベントレーとブライトリング」「メルセデスAMGとIWC」「ブガッティとパルミジャーニ・フルリエ」といったところが有名です。

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->アストンマーティン(Astonmartin), ■服や小物、時計、雑貨など
-, , , , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5