>その他の国の車

「ボール紙で出来ている」と言われた旧東独のクルマ、トラバント!内装スペシャリストが内外装をカスタムし現代風に

投稿日:2019/05/03 更新日:

| おそらく車体以上の費用がカスタムにはかかっている |

非常に珍しい、「トラバント」のレストア+カスタム=レストモッドが登場。
トラバントは共産体制下にあった東ドイツのVEBザクセンリンクが1958年〜1991年まで製造していたクルマ。

全長3550ミリ、全幅1505ミリ、車体重量は650キロ前後というコンパクトなクルマです。

そしてボディがベコベコなところから「ダンボールで製造されている」と言われたものの、実際は紙ではなく強化樹脂の「フェノプラスト」製。
東ドイツでは唯一国民が所有することが出来たクルマであり、総生産台数は370万台ほどという「国民車」です。

トラバントは一周回って「人気者」に

東西ドイツ合併後は西側諸国のクルマが大量に旧東ドイツになだれこむこととなったため、このトラバント(通称トラビ)の多くは廃車にされたと言われるものの、その後に物珍しさや維持費の安さから再度注目されることになり、「一周回って」人気車種に。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

そこで今回の車両についてですが、これはブルガリアの内装チューナー「Vilner」がカスタムしたもの。
ヴィルナーはメルセデス・ベンツ、BMW、アウディ、リマック、ランボルギーニなどを手がけることが多く、しかし一方でこういった「旧車」を手がけることもあるようですね。

そして内装スペシャリスト「カーレックス」もフィアット126Pをカスタムしたりしていて、にわかにヴィンテージカーが注目されている模様。

レストモッドにあたってはヘッドライトがLED化されるなど現代風要素が取り入れられ、ボディサイドはじめ各部に「21」のナンバリング(これはトラバントのオーナーによるリクエスト)。

画像に含まれている可能性があるもの:車、靴、屋外

そしてルーフやボディサイドには「ヴィンテージ調チェッカー」のグラフィック。

画像に含まれている可能性があるもの:車

ホイールのリム部分はボディカラー同色、センターはルーフやインテリアと同じくチェッカー。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

ドアハンドルやドアミラー、前後バンパーはネイビーへ。

画像に含まれている可能性があるもの:車、家、屋外

そしてインテリアはフル張り替え。
ボディ同様にベージュ、そしてブルー基調のチェックが用いられています。

画像に含まれている可能性があるもの:座ってる(複数の人)

そしてダッシュボードやシフトレバーにはヴィンテージレザー。

写真の説明はありません。

リアシートはもちろん、内張りやピラーまでも張替え。

写真の説明はありません。

ドアインナーパネルにはベージュそしてブルーのチェック、そしてネイビーレザー、ドアインナーハンドルやウインドウ昇降レバーもカスタムされているようですね。
ステッチにもブルーやベージュが使用されて オシャレな雰囲気に。

写真の説明はありません。

そしてヴィルナーは内装カスタム時にそれぞれのクルマのデザインに応じたバッグやグローブなどを一緒に作ってくれますが、これはありがたいサービスだと言えますね。

写真の説明はありません。


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->その他の国の車
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5