■新型車情報/スパイフォト/噂など >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)

VWが新型”ゴルフ8”のティーザー画像公開!フラッシュサーフェス化が進み「ゴルフ8ほど人目を惹くクルマはないだろう」

投稿日:

| そのシルエットは”紛れもないゴルフ” |

フォルクスワーゲンが新型ゴルフのティーザー画像をついに公開。
全身をカモフラージュ用のシートに覆われているものの、構造的な偽装はなく、おおよそ新型ゴルフ(ゴルフ8)のシルエットがわかるものとなっています。

カモフラージュ用シートは専用に誂えられたもののようで、サイドにはよく見ると「GOLF」の文字がありますね。

今回のティーザー画像公開にあたり、フォルクスワーゲンは新型ゴルフについて「パワフル・プロポーション」「まごうかたなきゴルフのビジュアルDNA」を掲げており、さらに「我々はゴルフのプロポーションを隠すことはしないが、そのエレガントなシルエットがわかることだろう。新型ゴルフは人目を強く引きつけるクルマとなる」とも語っています。

自動車のフロント部デザインは二極化

ちなみに今回のゴルフのティーザー画像を見てふと思ったのは、自動車のフロント部のデザインが二極化しているな、ということ。

たとえば今回の新型ゴルフは、バンパー下部に大きなグリル(実際には貫通していない部分もある)を持ち、横方向にルーバーを設けることで幅広を強調しています。

これはフォルクスワーゲングループに属するポルシェも好んで用いる方法ですが、マイナーチェンジ版となる新型SUBARUインプレッサも同様の手法。

img102

反面、このバンパー内グリルを極小化し、逆にフロントグリルを巨大化するというデザイン手法も一つの勢力であり、この代表格はマツダ。

そしてBMWも同様ですが、このデザインのメリットは「エアの取り入れを一元化することで、エアフローをコントロールしやすくなり、エアロダイナミクスが向上する」。※マツダはほぼすべての車種でこの方向に動いているが、BMWの場合は一部に留まる

新型フォルクスワーゲン・ゴルフのデザインは「より滑らか」に?

それはさておき新型ゴルフですが、今回の「シートの柄」のせいもあるかとは思うものの、かなり「流麗な」プロポーションを持っているようにも思います。
全体的には「ゴルフ以外のなにものでもない」ものの、一つ一つのパーツ、そしてそれらの接合がより滑らかになり、段差もなくなっているのでしょうね。

そしてやはりカモフラージュの柄のせいか、最近公開されたフォルクスワーゲンのEVシリーズ、「ID」ハッチバックとの共通性も感じられます。

現時点では新型ゴルフのスペックについて明かされておらず、しかしMQB Evoプラットフォームを使用して重量が45kgほど軽量化されること、3気筒エンジンやディーゼル、ガス(CNG)、マイルドハイブリッド、プラグインハイブリッド、ゆくゆくはエレクトリックモデルなど多彩なパワートレインが用意される、とも言われていますね。

あわせて読みたい、新型VWゴルフ関連投稿

https://intensive911.com/?p=174235
https://intensive911.com/?p=175150

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

-■新型車情報/スパイフォト/噂など, >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5