>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■ニュース

BMWがX6 M、X7用Mパフォーマンス製オプションパーツ発表。「光るキドニーグリル」他カーボン製パーツも盛りだくさん

更新日:

| 最近のBMWはオプションパーツの充実に注力している |

BMWが発表されたばかりのX5 M、X6 M用、さらにはX7用の後付けオプション「Mパフォーマンスパーツ」を発表。
外装パーツのみにとどまらず内装、ホイール、ブレーキといったところまでカバーしており、仕上げもヴィジブルカーボン、ハイグロスブラックなど実に様々。
ここでどういったパーツが発表されたのかを見てみたいと思いますが、やはり目を引くのは「光るフロントグリル(の内側)」。

これは新型X6のオプションとして登場したものですが、キドニーグリル内部にLEDを仕込み、これを発光させるというもの。
BMWはX6以降に発表された新型車にはこれをメーカーオプション設定し、そのほか5シリーズなど「発売済み」のクルマに対しても順次「レトロフィット」として後付オプションを拡大しています。

BMWは、オプション装着車両の公式フォトには必ず「ホワイト」のボディカラーを選択している

こちらは「フルオプション」状態のX6 M。
ホワイトにブラック/カーボンパーツのコントラストが効いていますね。

2020-bmw-x6-with-m-performance-parts

グロスブラック仕上げのホイールは21〜22インチまでが揃います。
ハイパフォーマンスブレーキキットには、より大きなブレーキキャリパー、直径が拡大されたベンチレーテッドブレーキローターが含まれます。

2020-bmw-x6-with-m-performance-parts (6)

ボディサイドにはマットブラックのラッピング。
「M PERFORMANCE」の文字入りですね。
サイドステップ下部にはカーボン製のパネルが装着されています。

2020-bmw-x6-with-m-performance-parts (3)

おなじみカーボン製のドアミラーカバー。

2020-bmw-x6-with-m-performance-parts (5)

テールゲートスポイラーもカーボンファイバー製。
中央が凹んだ形状は、最近のBMWが好んで用いるデザインでもあります。

2020-bmw-x6-with-m-performance-parts (4)

ちょっと面白いのが「リアエッジスポイラー」。
リアゲート脇左右に取り付けられるパーツですが、これまで見られなかったパーツでもあり、なかなかに魅力的です(これはカーボン製ではなさそうなので、さほど高くはないのかも)。

2020-bmw-x6-with-m-performance-parts (2)

ルーフスポイラーはアグレッシブな形状。
こちらも「M PERFORMANCE」のロゴ入りですね。

2020-bmw-x5-m-with-m-performance-parts

キドニーグリルフレームもグロスブラックに加えてカーボン製が登場。

2020-bmw-x5-m-and-x6-m-with-m-performance-parts

インテリアだとカーボン製パーツに加え、Mパフォーマンス・ステアリングがラインナップ。
グリップが太くなり、サイドにはアルカンターラ、かつセンターマークとMカラーのステッチ入り。
スポーク部のカバーはカーボン製ですね。

2020-bmw-x5-m-and-x6-m-with-m-performance-parts (1)

M PERFORMANCEロゴ入りマット、そしてイルミネーション内蔵のキックプレートといった「定番オプション」も。

2020-bmw-x7-with-m-performance-parts

VIA:BMW

あわせて読みたい、Mパフォーマンスパーツ関連投稿

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->BMW(ビー・エム・ダブリュー), ■ニュース
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5