■自動車各社業績/ランキング等 >BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■ニュース

BMW「我々のM部門はAMGなどライバルを抑え、50年の歴史ではじめてセグメントでトップに立った」。2019年は13.6万台を販売、2020年はM3とM4を発売

投稿日:2020/01/17 更新日:

| BMWはやはりメルセデス・ベンツをどうしても抜きたかったようだ |

BMWのハイパフォーマンスカー部門「M」が、2019年にはメルセデスAMGを抑えて135,829台を販売し、前年比で32.2%成長した、と発表。
加えて「BMW”M”はハイパフォーマンスカーセグメントでは、もっとも世界で成功したブランドである」ともコメントしています。
ただ、何をもって「ハイパフォーマンスカーセグメント」とするかはメーカーによって捉え方が異なり、たとえば”ハイパフォーマンスカーメーカー”のポルシェは、2019年にBMW Mの倍以上となる280,800台を販売済みなので、BMW Mよりもずっと多くのクルマを販売しています。
ただし、「言ったもの勝ち」なのがこの世界でもありますね。

なお、BMWは全世界的に”メルセデス・ベンツを抜け”という至上命令を出しているとされますが、ハイパフォーマンスカー部門「M」においても打倒AMGを掲げていたであろうことがわかります。

BMWジャパン衝撃の事実。ディーラーへの過剰なノルマ、販売の4割は自社登録、そして正規販売店契約の一方的な解除が明るみに

BMWは「Mを設定するモデルとそうでないモデル」との間に一線を引いている

それはさておき、BMW M部門のボス、マーカス・フラッシュ氏は「BMW M部門の50年における歴史で、ハイパフォーマンスカー部門でトップを獲得したのははじめて」。

そしてM部門にとってもっとも大きな市場は米国であったことも明かし、その販売台数は444,442台(およそ1/3)。
その次はドイツの26,110台、3位は英国の17,688台。

BMW”M”の市販モデルは1978年のM1に端を発することになりますが、その後1980年代なかばからM3、M5、M6へとラインアップを拡大。
現在ではM2、M3、M4、M5、M8、X3 M、X4 M、X5 M、X6 Mというラインアップを持ちますが、「1」や「7」にMモデルは存在せず。
その理由としては、「1シリーズのMモデルは高すぎて誰も買わない」「7シリーズのMモデルはその正確にマッチしない」ということで、Z4にMモデルが存在しないのは「そもそも需要がないから」。※発表されたプレスリリースを見ると、「M340i」「M550d」「M850i」など”M+数字3ケタ”モデルもMモデルにカウントされている

BMWはMモデルを拡大し、同じシリーズの中でも「コンペティション」「CS」といった具合にバリエーションを拡大していますが、現行ラインナップを見る限りでは、メルセデスAMGのように、「すべてのモデルに設定する」というわけではないようです(メルセデスAMGでも、CLSにはAMGが設定されないなど、例外はある)。

2020年は「M」にとっても飛躍の年

そしてBMWは「2020年には新世代のX5 MやX6 M、M8グランクーペ、M2CSのデリバリーが本格化すること」「新型M3、M4の発売があること」からさらなる成長が見込めるとコメント。

新型M3については3つのグレードで展開すると言われますが、MT+FRのシンプルなモデル、AT+4WDのテクノロジー満載モデルが用意されるとも言われ、これまで以上に幅広いユーザーを獲得することになりそうですね。

BMWが新型M3について公式に語る。「出力は480PS、”コンペティション”で510PS。4WDも用意している」。AMG C63に対抗か

VIA:BMW

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5