>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■ニュース

職人が新型ホンダ・フィット”Type R”のCGを作成!フィットe-HEVは98PSのエンジン、109PSのモーターを内蔵し、同時開放すればタイプRも夢じゃない?

更新日:

| 新型FIT e-HEVはなかなかに優れたハイブリッドシステムだと言えそうだ |

ニューモデルが登場すると出てくるのが様々な「もしも」系レンダリングで、スポーツカーであればそれを「SUV風」「ワゴン」にしてみたり、逆にSUVであれば「クーペ風」へと手直ししてみたり。
そしてホンダ車において特有といえる現象が「タイプR」化。
ホンダにとって「タイプR」とはもはや一つのブランドであり、多くの人がタイプR=究極のパフォーマンスを持つということを理解しているわけですね。

出るとは思ったがあまりに仕事が速かった

そして今回、いつも最速のタイミングで「もしも」系レンダリングを発表するX-Tomiデザインによる作品が「ホンダFIT Type R」。
つまり発売されたばかりの新型フィットを早速タイプR化した、ということになります。

画像を見るに、現行シビック・タイプRに採用されるレシピを再現していて、レッドのアクセントを持つエアロパーツそしてホイールが装着され、車高ダウンに大きなリアウイング、ホワイトのボディカラーに「赤バッジ」という定番仕様。

なお、新型ホンダ・フィットには「BASIC」「HOME」「CROSSTAR」「LUXE」というグレードが存在し、両方にガソリンエンジンとハイブリッド、そしてFFと4WDという選択肢が存在。
これはおそらく、トヨタのクルマにおいては「4WDを選ぼうと思ったら特定のパワートレーンしか無い」といった状況よりも優位に立とうとするための戦略だと思われますが、そのぶん製造が煩雑になりコストがかかるのもまた事実。

トヨタは大きな会社であるにもかかわらず「割り切り」ができていて、しかしホンダは「すべての要望を拾おうとするため」にどうしても車種構成が複雑になり、ここが「儲からない」理由の一つだとも言われていますね。※おそらく、今後新型フィットにおいては”売れ筋”に集約され選択肢が減るとは思われる

なんでこんなことに・・・。ホンダ社長「車種、グレード、オプションを減らす」。営業利益率はトヨタの1/4へと転落し、”儲からない会社”へと没落

それはともかく、新型FITのウリは新しいハイブリッドシステム「e-HEV」ですが、これは98PSのガソリンエンジンと109PSとのモーターとを組み合わせていて、ホンダのサイトによれば、その走行モードは3つ。

ひとつはEVドライブモードで、モーターのみで走行するもの。
もうひとつはハイブリッドドライブモードで、これはエンジンを駆動力として使用せずに「発電用」として使用し、そこで得た電力をもってモーターを駆動し走行するもので、これは日産ノート「e-power」とよく似たシステムでもありますね。
そして最後は「エンジンドライブモード」で、ガソリンエンジンだけで走行するモード。
なお、ガソリンエンジンは同じ98PSながらも「ガソリンモデル」が1.3リッター、「e-HEV」が1.5リッター(アトキンソンサイクル)。

a

つまり新型ホンダ・フィットのハイブリッドシステムは「ガソリンエンジンとモーター両方を同時に駆動力として使用することはない」という特徴を持ち、モーターも「発電用と走行用」の2つを保有。
けっこう複雑なシステムを持っていると言えますが、よくこの価格(BASICであれば1,997,600円)で実現できたな、とも思います。

そこでぼくが思うのは、新型フィット「e-HEV」は98PS、109PSという合計217PSという強力なパワーユニットを持ちながらも、それを同時に開放することはなく、しかし「両方を同時に駆動力に使用できれば」じゅうぶんに”タイプR”と呼んでいいくらいのパワーが得られるんじゃないか、ということ。

現在ホンダはタイプRについて「ガソリンエンジン、MT」にこだわっていて、「ハイブリッド、DCT」のNSXについてはタイプRの設定ナシ。
ですが、これから時代は否応なくエレクトリック化に向かうこととなり、であればタイプRの定義も時代に合わせて変化させるべきなのかもしれません。

なお、ホンダは初のエレクトリックカー「ホンダe」についてタイプRの可能性を示唆しており、もしかすると今後のタイプRは「ハイブリッド、もしくはエレクトリック」となるかもしれませんね。

ホンダが"ホンダe タイプR"の可能性を認める!実現すれば「後輪駆動のエレクトリックホットハッチ」が誕生することに

VIA: X-Tomi Design

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA), ■ニュース
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5