>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

トヨタGRスープラ絶賛値引中!アメリカにて値引き幅が二倍に拡大している現象について考える

更新日:

| アメリカでは「売れないものの価格が下がってゆく」のは普通のこと |

L1140930

さて、先日トヨタGRスープラの値引き拡大中というニュースをお伝えしましたが、今回は「さらに」値引きが大きくなっているという報道。

前回は10,000ドルつまり11万円くらいの値引きがなされていたものの、直近だとその倍の20,000ドル(邦貨換算で22万円くらい)の値引きが出ているようですね。

これについては、GRスープラがいまひとつ売れていないという状況のほか、やはりコロナウイルスの影響が大きいと思われますが、この(販売が苦しいという)状況がしばらく続くのならば、さらに値引きが拡大するのかもしれません。

GRスープラは世界的に売れてない?北米全ディーラーで一斉値引きとの報道。なおアウディR8も大幅値引きを開始しスポーツカーは冬の時代

アメリカの販売手法は日本と大きく異る

なお、アメリカにおける製品の販売と日本のそれとは大きく異なり、その最たる例は「価格柔軟性がある」ということ。

アメリカはいわゆる「マーケティングの4P」=プロダクト(製品)、プライス(価格)、プロモーション(宣伝)、プレイス(場所)を非常に重視しているという印象がありますが、その中でも「プライス」には重きを置いています。

たとえば、高く売れるものはより高く売る傾向があり、よって日本では考えられないような「正規ディーラーなのに、プレミア価格で限定車を売る」という現象が普通に見られるわけですね。

なお、アメリカのレクササスディーラーがすでに販売終了したはずのLFAを十数台保管しており、毎年数台づつ(おそらくプレミア価格で)販売しているのは有名な話。

2018年に続き2019年もレクサスは「LFAの新車」を3台販売!残る新車のLFAはあと4台、気になる人は北米レクサスへ問い合わせるべし

さらにGRスープラ発売時にも初回限定モデルを正規ディーラーがプレミア価格で販売したり、やはり完売済みのランサーエボリューションを三菱の正規ディーラーがプレミアを乗せ販売したことも。

L1140931

米にてスープラ初回限定モデルが「倍」のプレミア価格で販売される。しかも売っているのは正規ディーラー

アメリカの三菱正規ディーラーがランエボⅧ(デッドストック)にプレミアを乗せて販売。1100万円ナリ

そのほかの例だと、マクドナルドでの販売価格も全米各地では異なりますが、日本では一部の例外を除いて「基本的に全国どこでも一緒」。

日本は一物一価的なところがあり、「高く売れるところで、高く売れるものを、高い価格で販売する」と大騒ぎになったりしますが、アメリカではそういった例は極めて普通。

L1140929

逆に、モノが売れないときにはすぐに値下げに踏み切るのもアメリカの特徴で、iphoneも売れなければすぐに価格が下がったりするわけですね。

もちろんクルマも一緒であり、かねてより報道されるように「売れなければメーカーがすぐにインセンティブを出して販売を促進させる」のも普通ですし、今回のスープラのように販売価格を下げてゆくのも「当たり前」。

つまり、アメリカではモノも「株式と同様」に価格が上がったり下がったりするわけで、ここは日本人にとってちょっと馴染みづらいところなのかもしれません。

VIA: CarsDirect

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), ■ニュース
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5