>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■近況について ■ニュース

その価格1669万円!メルセデス・ベンツのSUV最高峰、「GLS580」を見てきた

投稿日:

| さぞや乗り心地が良さそうだ |

さて、メルセデスミー大阪にて展示中の新型メルセデス・ベンツGLS 580 4MATIC Sport。

GLSはマイバッハのベースにもなっている(SUVラインアップの)フラッグシップモデルですが、このGLS580はGLSにおけるトップグレードであり、1669万円というプライスタグを掲げています。

これぞ贅の極み!新型メルセデス・ベンツGLS400d(1263万円)/GLS580(1669万円)が発売開始。ゴルフバッグは余裕で4つを「縦に」収納可

この記事のもくじ1 | メルセデス・ベンツの「フラッグシップSUV」が満を持して登場 |1.1 新型メルセデス・ベンツGLSはこんなクルマ1.1.1 エクステリアは「優雅な曲面」1.1.2 インテリア ...

続きを見る

今回発表された新型メルセデス・ベンツGLSは、先代に比べて77ミリ長く、22ミリ広くなっており、全長5,207ミリ、全幅1,956ミリ、全高1,822ミリ、そしてホイールベースは60ミリ拡大して3,137ミリへ。

ホイールベース拡大分は2列めと3列めシートのレッグスペースに充てられていますが、3列それぞれに独立調整が可能なエアコンが与えられるなど、7人乗りとしては最も高級な部類に属していると言えそうです(欧州仕様は3列目もシート角度など電動調整が可能)。

メルセデス・ベンツGLSは今回の新型で3代目

メルセデス・ベンツ「GLS」は2006年発売の「GL」にルーツを持つモデルで、その後2012年にモデルチェンジを行い、2016年のフェイスリフトにあわせ、当時採用された新しい命名法則に倣って「GLS」へと改名。

そして「S」という最高峰の名称が与えられることでもわかるとおり、「SUVにおけるSクラス」ともいうべきクルマに仕上がっています。

L1230115

今回のフルモデルチェンジ版となるGLS580 4MATIC Sportに搭載されるエンジンは4リッターV8ツインターボ(M176)、そしてこれをアシストするのはスターターと発電機を兼用するモーターを持つハイブリッドシステム「ISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)」、そしてトランスミッションは9速AT(9Gトロニック)、駆動方式はもちろん4WD。

L1230111

GLSは最近のメルセデス・ベンツの例に漏れずフロントグリルは巨大化。

AMGモデルではないので「ウイング」グリルを採用しており、中央のメルセデス・ベンツエンブレムもかなり巨大なサイズを持っています。

L1230108

ヘッドライトはおなじみマルチビームLED。

L1230096

フロントバンパーは「スポーツ」グレードに採用される、AMGライクな左右独立インテークを持つスタイル。

L1230102

フロントグリルはけっこう前に突き出ていて、フロントバンパーとほぼツライチ。

新型Sクラスも同様に「前に押し出されたグリル」を持つことになると思われ、最近のメルセデス・ベンツ、とくに上位モデルにおける一つの特徴だと言えそうですね。

これによってボンネットが長くなりますが、ロングノーズ的な印象を与えることができるようになるため、車体に余裕があるように見え、かつ相対的にキャビンが小さく感じられるように。

そしてこの効果はもちろん「スポーティーに見える」ということになりそうです。

L1230113

ホイールサイズは21インチ、タイヤはフロントが275/45、リアが315/40(フェラーリF8トリブートよりも広い!)。

ホイールはリム部が平たくなった「エアロ」タイプで、これはここ最近になって採用された新デザイン。

その分重量が重くなりそうですが、それでもわざわざ採用するということは、なんらかの「効果」が見込めるということなのでしょうね(ほかにこういったデザインを採用する自動車メーカーは非常に少ない)。

L1230086

リアフェンダーはかなり出っ張っています。

L1230120

フロントアンダーやリアアンダー、ドアハンドル、サイドウインドウモールディング等にはメタル調の加飾が与えられています。

L1230070

テールランプの中にはヘッドライト同様に「縦線(ただしリアは3本、フロントは2本)」。

発光グラフィックはこのところメルセデス・ベンツが好んで採用する「カドの取れた四角」。

L1230065

ヘッドライトとフロントフェンダー、フロントバンパーとの「段差」はなく、非常に滑らかな面をもって連続しています。

L1230088

テールランプも同様で、完全にボディラインに一体化。

これはメルセデス・ベンツの採用するデザイン言語「Sensual Purity=官能的純粋」に沿ったもので、可能な限り線や段差をなくす、というものですね。

一方で最近のポルシェ、そしてBMWはテールランプ表面に段差を用いており、このあたりは各メーカーによって大きく路線が異なるところです。

L1230071

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->AMG/メルセデス(Mercedes-Benz), ■近況について, ■ニュース
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5