■新型車情報/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■ニュース

BMW M4のフルヌードがリーク!どうやら巨大キドニーには機能的な理由があったようだ。バカにしてごめんよBMW・・・。

投稿日:

| 巨大キドニーグリル(バーティカルキドニー)は実に合理的な機能を持つようだ |

さて、先日新型4シリーズを発表したばかりのBMWですが、今回は新型M4のフルヌード状態がリーク。

おおよそ予想していた範疇に収まるものの、冷静に見て相当なインパクトでもありますね。

おそらく巨大キドニーグリル(バーチカルキドニー)のサイズは4シリーズと同じだと思われ、しかしその下と両脇のダクト形状が専用となっており、フロントバンパー両脇には大きなダクトがなく、スリット程度にとどまるのが「新しい」と思います。

あれ?なんだか格好いいぞ?BMWが新型4シリーズを発表。デカいのはグリルだけではなく、ライトやダクトも「大作り」

この記事のもくじ1 | 中国人はできるかぎり大きなフロントグリルを好む |1.1 新型BMW 4シリーズのエクステリアはこうなっている1.2 新型BMW 4シリーズのインテリアはこうなっている1.3 ...

続きを見る

バーチカルキドニーには本当に意味があった

BMWは巨大キドニーグリル採用の理由の一つとして「エアロダイナミクス」を挙げており、キドニーグリルに吸気を集中させることでフロントバンパーの「その他の部分」を有効に活用でき、これによって空力性能を向上させることができる、と主張。

実際にこの画像を見るに、おそらくバンパー内部のラジエターやインタークーラーは「中央」に集中しているとも考えられ、ロールセンターの適正化とともに、サイドのスリットからエアを抜くことで前面投影面積を”理論上”小さくできているのかもしれません。

そう考えると、このバーチカルキドニーには「中国人の好みに合わせた」というビジュアル上の理由だけではなく、スポーツカーとしての機能上の理由がちゃんとあったということになり、「今まで巨大キドニーグリルをバカにしてごめんよ・・・」と反省しています。

なお、新型4シリーズにおいては、このバーチカルキドニーや新しいホフマイスターキンク(リアクォーターウインドウのデザイン)など新しいデザイン言語が採用されているものの、M440iのリアバンパーサイドのスリット、新型M4のフロントバンパーだと「<_>」という形のアンダー形状など、現行BMWからの意匠もいくつか残されており、BMWは急激な変更ではなく、ゆるやかなデザイン的変化を望んでいる、ということになるのかもしれません。

BMW-M4-2-768x436

そしてこちらは新型M4のフロントバンパーのみの画像ですが、バーチカルキドニーの中央部分はナンバープレート装着を前提として「全閉」となっているようですね(そのほかの部分はグリルシャッターが用いられると思われる)。

そしてグリル内はM440iのような3Dメッシュではなく、おそらくBMWとしては初の「横」ルーバーが与えられているのもひとつのトピックですね。

今回、車体後部の画像はないものの、おそらくはリーク済みのM3同様、ボディカラー同色の大型リアディフューザーが与えられるものと思われます。

新型BMW M3の画像がリーク!ワイドフェンダーにボディ同色大型ディフューザー装備の過激マシン

| グレードや駆動方式の選択肢も拡大し、メルセデスAMG、ポルシェを追撃 | これまでに何度かBMW M3のスパイフォトが目撃されていますが、今回はなんと「偽装なしの」BMW M3が捉えられています。 ...

続きを見る

現在のところ新型M4のスペックについては公式発表はなく、しかしX3 MやX4 Mと同じS58エンジン(3リッター直6ツインターボ)を採用するものの、M4(コンペティション?)版では500馬力に達するだろう、ということもチラリと語られています。

BMWが新型”M4 GT3”のティーザー画像を公開。加えて公式にM4に対し「500馬力」S58エンジン搭載がアナウンスされ、さらには鮮明なスパイフォトも

この記事のもくじ1 | 新型M3 / M4は相当に高い戦闘力を持つマシンになりそうだ |1.1 新型BMW M4 GT3のデビューは2020年1.2 新型M4も再度目撃1.3 この記事を読んだ人は、他 ...

続きを見る

そしておそらくはM3と同じく4WDが用意され、駆動方式やグレードによって「マニュアル・トランスミッション」「8速AT」が使い分けられることになりそうです。

なお、今回のスパイフォト上のボディカラーは「グレー」に見えますが、これは現在欧州で流行中。

もとはというとアウディの「ナルドグレー」が流行のきっかけだと考えており、これは様々なショップが自社のカスタムカーやチューニングカーにも取り入れていますね。

そしてこのナルドグレーはハイパフォーマンスカーだけではなくシトロエンやアバルト、ミニといったコンパクトカーにまで波及しており、つい最近メルセデス・ベンツも「新色」として発表したばかり。

流行開始から3-4年ほど経過するものの、ますます拡大を見せているのがこの「グレー」でもあり、「ホワイトメタリック」とともに当面のメインストリームとなるのかもしれません。

14

VIA:BIMMER POST

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

-■新型車情報/スパイフォト/噂など, >BMW(ビー・エム・ダブリュー), ■ニュース
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5