>その他ポルシェ関連/ニュース ■ニュース

マッハGoGoGo? リンカーンのデザイナーが考えた、ポルシェ初の”ロングテール”レーシングカー「907」の現代版

更新日:

| タイヤの「厚さ」がなんともレトロ |

アメリカの高級車ブランド、リンカーンにてデザイナーを務めるChacko Abraham氏の考えた「907スパイダー・コンセプト」のレンダリングが公開に。

もちろんポルシェ非公式ではあるものの、(かつてポルシェの発表したレーシングカーである)907が現代に復活したら、きっとこうなるだろうということを容易に想像させますね。

なお、ポルシェ907はポルシェ一族であるフェルディナント・ピエヒ氏が設計を行ったレーシングカーで、ポルシェにとって初の「ロングテール」を採用した車両として知られます(ショートテールもある)。

ポルシェ907は空力に特化した設計を持つレーシングカーだった

ポルシェ907のデビューは1967年、搭載されるエンジンは1,991cc(6気筒)と2,195cc(8気筒)。

全長は4,839ミリ(ショートテールは4,020ミリ)、全幅1,720ミリ、全高940ミリ、車体重量はわずか590kg。

今回の「907スパイダー・コンセプト」においてもその低く長いスタイルを再現していますが、実際の907と異なるのは「オープンボディ」を持つことです(ポルシェ907はクローズドボディ)。

Porsche-907-Spyder-Concept-by-Chacko-Abraham-5

こういったレンダリングでは往々にして「扁平率の低いタイヤ」が装着されるものですが、この作品においては「当時風」の分厚いタイヤが特徴的。

リアフェンダーはオリジナルの908風の「段差付き」。

Porsche-907-Spyder-Concept-by-Chacko-Abraham-6

リアセクションはある意味では917的でもありますね。

Porsche-907-Spyder-Concept-by-Chacko-Abraham-4

リアセクションはかなり特徴的。

画像を見る限りでは「ピュアエレクトリック」であるように見えますね。

Porsche-907-Spyder-Concept-by-Chacko-Abraham-7

コクピットは非常にシンプルですが、右ハンドルを採用していることが確認でき、これはオリジナルのポルシェ908が「右回りのサーキットに対応するため」右ハンドルレイアウトを持っていたことへのオマージュ。

Porsche-907-Spyder-Concept-by-Chacko-Abraham-1

こちらはポルシェ907。

こちらはショートボディ版なので、ロングボディ版はこれよりも「リヤだけで」80センチ以上も延長されている、ということになりますね(もちろんロングテール化は高速安定性を目的としたものであり、907の開発における主な課題自体が”空力”だった)。

Porsche-907-front-3-4-low-900x600

ちなみにこちらはポルシェ907の後継モデルであるポルシェ908を現代風に仕立て直したレンダリング。

こちらは直接のオマージュ元が記されていないものの、やはりポルシェのレーシングカーであることがひと目でわかりますね。

VIA:Chacko Abraham

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->その他ポルシェ関連/ニュース, ■ニュース
-, , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5