>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

次期シビック・タイプRは2022年発表、HV+4WD化というウワサ。ただしボクが「それは無い」と考えるその理由

投稿日:2020/06/17 更新日:

| タイプRは常に軽量であるべきで、ハイブリッドとは相性が良くはない |

さて、先日プロトタイプが目撃されたフルモデルチェンジ版となる次世代シビック・タイプR。

これまでのウワサだと、「現行タイプRと同じ2リッターターボエンジンを採用し、さらにはエレクトリックモーターを追加して後輪を駆動する4WDとなるだろう」と言われていたわけですね。

この方式はトヨタが先日発表したRAV4 PHVにも採用される「e-Four」と同じものですが、RAV4 PHVはこれによって「0-100km/h加速5.8秒」という優れた加速性能を獲得しており、かつ4輪トルクベクタリングによる高い安定性と旋回性能を持つに至っています。

早くもFMC版ホンダ・シビック・タイプR試作車が目撃!現行同様4ドア、しかし生産工場を失い、かつハイブリッド化など大きな変更がある?

この記事のもくじ1 | 現時点ではすべてが推測の域を出ない |1.1 ”タイプR”はモデルライフが短い1.2 10代目シビックから「事情が変わった」1.3 11代目シビックはどうなる?1.4 新型シビ ...

続きを見る

プロトタイプ走行中なるも「パワートレーンは未定」?

そして今回、ホンダ欧州のトップ、トム・ガーデナー氏がメディアに語ったところによると、「次期シビック・タイプRのパワートレーンについては何も決断がなされていない」。

この発言について、次期シビック・タイプRの登場が2022年だと言われていることを考えるといささか奇妙で、現時点で「決まっていないの」のであればおそらくは2022年の発表はムリ。

そして逆に、2022年の発表で間違いないのであれば、すでにパワートレーンは決定されているはずで、となるとトム・ガーデナー氏が三味線を弾いているか、もしくは「知らされていないか」。

ちなみに、先代そして現行シビック・タイプRは英国で開発され英国で生産されていますが、ホンダは今年中で英国スゥインドン工場を閉鎖すると発表しているため、次期シビック・タイプRは英国生産ではないということに。

現在、カナダや北米においてシビック・タイプRが大きな人気を獲得しているということを鑑みるに、シビック・タイプRの開発と生産拠点が米国に移され、モータースポーツへの参戦によって、さらにタイプR人気を盛り上げる可能性もありそう(アメリカホンダはNSXの開発も行ったので、その可能性は十分にある)で、もし現実的に「すでに米国に開発が移管されているのであれば」欧州ホンダのトップが「何も聞いていない」というのも納得でいる話ではありますね。

カナダではシビック・タイプRリミテッドエディションが発売開始後わずか4分で売り切れる!日本は200台のみの限定販売、今のところ情報待ち

| シビック・タイプRリミテッド・エディションが相当な希少モデルとなるのは間違いない | ホンダは「もっともピュアなシビック・タイプR」、”Type R Limited Edition”を春先に先行公 ...

続きを見る

おそらく次期シビック・タイプRのハイブリッド化はない

そしてぼくが思うのは、「次期シビック・タイプRにハイブリッド化はない」。

その理由はいくつかありますが、まずホンダはそのノウハウを持っていないこと。

経験のないものを今から開発してシビック・タイプRに搭載するというのはちょっと考えにくい話であり、かつNSXをハイブリッド化することによって「重く、高く」なってしまい、しかもそれが評価されなかったことを考慮すると、シビック・タイプRで同じ轍を踏むことはしないだろうと考えています。

なお、フォルクスワーゲングループは「エレクトリック化重視」ではあるものの、ゴルフGTIについてはエレクトリック化を見送っており、それは「重くなるだけで一向に速くならないから」。

SUVのような、もともと重いクルマであればハイブリッド化による恩恵を受けることができるものの、軽量なFFハッチバックをハイブリッド化しても運動性能をスポイルするだけに終わる、ということですね(BMWも同じ見解を示している)。

さらにホンダはタイプRについて「サーキットでの走行性能を追求したクルマであるべき」としてタイプRの乱発を行わず、「ドライバーがクルマを操る」ことを重視してマニュアル・トランスミッションのみという設定です。

ホンダ・シビック・タイプRがバサースト・サーキットでもFF最速ラップを記録。これで記録は「7つのサーキット」に

| ニュルブルクリンクを皮切りに欧州の5大サーキット、そしてバサースト | ホンダ・オーストラリアが現地バサーストにあるマウント・パノラマ・サーキット(通称バサースト・サーキット)にてFF車市販最速と ...

続きを見る

これだけ「タイプRに対して頑固な」姿勢を持つホンダなので、(サーキット走行のための)メリットのないままにハイブリッド化すると考えるのは非常に困難。

加えて、ハイブリッド化されたシビック・タイプRが出場できるレースは無く、ハイブリッド化については「考えれば考えるほど無い」、というのがぼくの思うところです。

参照:Auto Express

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f